2016年10月12日 15時00分 UPDATE
特集/連載

データ保護に対する新しい考え方医療データを確実にサイバー攻撃から守る、3つの階層型アプローチとは?

医療機関は、従来の保護機能と高度な保護機能を組み合わせた3層アプローチにより、患者データをサイバー攻撃から保護することが可能だ。その3つの要素とは。

[Tayla Holman,TechTarget]

 データ侵害の増加に加え、電子医療記録が激増している現状を考えると、患者情報の保護は最重要事項である。Ponemon Instituteが最近実施した調査では、調査対象となった「医療保険の携行性と責任に関する法律」(HIPAA)の適用を受ける91の事業体と84人の事業提携者のうち、89%がデータ侵害の被害に遭っていることが明らかになった。こうした侵害の約半数は、違法なサイバー攻撃によって引き起こされたものだった。

 盗難やサービス拒否攻撃といった従来のサイバー攻撃に加え、脅迫攻撃など新たな脅威も出現している。2016年6月だけで、約1000万件もの患者記録が、違法な商品やサービスを取引するネット犯罪者向けの「闇市場」で30〜375ビットコイン(1万9000〜24万ドル。日本円で約190万〜2400万円)の価格帯で売り出されていた。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...