ハイブリッドクラウド環境での理想的なDR方式と製品選定ポイント理想的なクラウド基盤を構築する方法【第4回】(1/3 ページ)

ハイブリッドクラウドを実現する際に考えておきたいのがDR(事業継続)だ。DRを構成する4つの技術要素とともに、可用性を高める仕組み、バックアップ/DRソリューション選定のポイントを解説する。

2015年10月26日 08時00分 公開
[木島 亮伊藤忠テクノソリューションズ]

 今回は、ハイブリッドクラウド環境のDR(事業継続)を検討する。実現方式と製品選定のポイントを下記の流れで解説する。

1 DRの技術要素を理解する
2 プラベート/パブリッククラウド、それぞれの可用性を高める
 2−1 バックアップしデータを保護する
 2−2 クラスタ化し、サービスの可用性を高める
3 DRを考える
 3−1 バックアップデータをパブリッククラウドにレプケーションする
 3−2 プライマリデータをプラベート/パブリッククラウド間でレプリケーションする
 3−3 プライベート/パブリッククラウドでグローバルクラスタを構成する
4 見えてきた、次世代ハイブリッドクラウドDRソリューション

1.DRの技術要素を理解する

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。