2015年11月09日 08時00分 公開
特集/連載

理想的なクラウド基盤を構築する方法【第5回】「ハイブリッドクラウド」に行きたくても行けないネットワーク的理由 (1/3)

ハイブリッドクラウドの根幹である「プライベートクラウドとパブリッククラウドをどのように接続するか」をテーマに、SDNを用いたネットワーク構成、主要なパブリッククラウドの接続方式について解説する。

[高橋繁義,伊藤忠テクノソリューションズ]

 前回(ハイブリッドクラウド環境での理想的なDR方式と製品選定ポイント)、前々回(ハイブリッドクラウドのためのストレージ/データ保護製品を一挙に比較)とハイブリッドクラウドにおけるデータ保護を中心に扱ってきたが、今回は一転してハイブリッドクラウドを構成するために必要となるネットワークについて検討していく。

 これまでの回では、ハイブリッドクラウドを実現するためのプライベートクラウド側の要件や構成を中心に解説してきた。ネットワークに関しては、パブリック/プライベートクラウドごとに環境が完全に分離しているため、ネットワークアドレスを重複させないなど細かな要件を考慮する必要があるものの、最も重要なことはプライベートクラウドとパブリッククラウドをどのように接続していくかである。そのため、今回は下記の流れで、理想的なハイブリッドクラウドを構成するためにネットワークはどのようにあるべきかを見ていく。

  1. クラウド間の接続方式
  2. SDNを用いたネットワーク構成
  3. 主要なパブリッククラウドの接続方式

1.クラウド間の接続方式

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...