2015年08月07日 12時00分 公開
特集/連載

「いざ、ハイブリッドクラウド構築」、買ってはいけないハードウェアとは?x64か、それ以外か(1/2 ページ)

ハイブリッドクラウドの成否を握るのはデータの管理と移動だ。これは、クラウドサーバ選びにおいても重要なポイントである。

[Jim O'Reilly,TechTarget]

関連キーワード

SSD | SAN | ARM | UNIX | x86 | x86サーバ


クラウドに適したワークロードは?(参照:ハイブリッドクラウドってどんな技術? 実態をひも解く)《クリックで拡大》

 ハイブリッドクラウドには、重要な決定を下す前に検討すべき要素が数多くある。自社のハイブリッドクラウドに最適なクラウドサーバを決めることは、必要な判断事項の1つにすぎない。

 ハイブリッドクラウドは、市販の製品をベースにする必要がある。具体的には、x64アーキテクチャを使用するのがよいだろう。ARM64を候補に含めることはできるが、リリースされてから日が浅い。そのため、ハイパーバイザー環境での動作についてはまだ検証が必要だ。他のアプローチについて言えば、UNIXシステムを使用すると作業が複雑になる。また、メインフレームベースのハイブリッドクラウドは大きな矛盾をはらんでいる。

 とは言うものの、これらの代わりとなる多様な選択肢があることは間違いない。ネットワークとストレージは、ハイブリッドクラウドの動作に大きく影響する。そのため、さまざまな点で、ネットワークとストレージの要件に基づいて、市販のサーバを選択することになる可能性が高いだろう。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...