2015年10月13日 08時00分 公開
特集/連載

ハイブリッドクラウドのためのストレージ/データ保護製品を一挙に比較理想的なクラウド基盤を構築する方法【第3回】(1/3 ページ)

プライベートクラウド基盤を構築するためのデータ保護製品の選び方、データ保護方式、代表的な製品を比較表とともに紹介する。

[國分 学,伊藤忠テクノソリューションズ]

 今回は、プライベートクラウドの基盤となるストレージという観点で、理想的なクラウド環境を実現するために検討すべき内容と判断基準を下記の流れで紹介する。便宜上、ストレージという表現を用いてはいるが、本連載ではより広い視野でクラウドにおけるデータ保護方式と捉えて考察を進める。

  1. プライベートクラウドの要件とハイブリッドクラウドへの備え
  2. 実装方式の紹介と解説
  3. 実装方式の比較と選定指針

 まず、プライベートクラウドで実現しておくべきことを再確認し、ハイブリッドクラウドを見越した際の備えについてポイントをまとめる。さらに、現在実現可能な実装例を示し、それぞれの特徴から構成時の選定方法を考察する。

1.プライベートクラウドの要件とハイブリッドクラウドへの備え

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。