TechTargetジャパン

特選プレミアムコンテンツガイド
新種の「次世代ファイアウォール」「社内ファイアウォール」は何が新しいのか
今や代表的なセキュリティ対策の1つとなったファイアウォール。その進化や多様化は現在も続く。主要な“新顔”である「次世代ファイアウォール」「社内ファイアウォール」は、何が新しいのだろうか。(2016/1/8)

導入時に確認する4つのポイント
もう間違わない、「次世代ファイアウォール」と「UTM」の違い
次世代ファイアウォール(NGFW)と統合脅威管理(UTM)システムの境界線は、ますます曖昧になっている。どちらを導入するのが適切かを判断できるようNGFW とUTMの違いについて紹介する。(2015/6/16)

導入前に押さえておくべきポイントを整理
今からでも知りたい「次世代ファイアウォール」の基本、なぜ必要か?
既に多様なセキュリティ製品を稼働させている企業が、豊富な機能を備える「次世代ファイアウォール」を導入すべき理由とは何か。どのように導入、運用するのが効果的なのか。こうした疑問を解消する。(2015/2/5)

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第5回】
アプリ識別だけじゃない、次世代ファイアウォールの主要機能とは?
次世代ファイアウォールの機能はアプリケーション識別だけではない。本稿は、その他の主要機能を紹介する。(2014/4/14)

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第4回】
次世代ファイアウォールの花形機能、「アプリ識別」とは?
アプリケーション単位でトラフィックを認識して制御する「アプリケーション識別機能」は、次世代ファイアウォールのウリの1つだ。具体的にどう役立つのか? 詳細に説明する。(2014/3/10)

「次世代ファイアウォール」の次を読む【後編】
セキュリティ企業の“誇大広告”に惑わされない「ファイアウォール」の選び方
ファイアウォール単体の機能で脅威に対処できる時代は終わった。現在の企業に求められるファイアウォールの在り方とは何か。次世代ファイアウォールの選び方を含め、製品選定時に考慮すべきポイントとは。(2016/2/23)

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第2回】
宣伝通りの効果が出ない? 次世代ファイアウォールやWAFの期待と現実
期待通りの効果を発揮してくれない――。次世代ファイアウォールやWAFといったネットワークセキュリティ製品に、こうした思いを抱くユーザー企業は多い。期待と現実の間に潜むギャップを探る。(2014/1/6)

他の機能との連係が新たな課題に
「次世代ファイアウォール」を選ぶための4つの条件
セキュリティ分野では、次世代ファイアウォールを検討するユーザー組織が増えてきた。だが、この製品ジャンルの定義は曖昧だ。何を選択基準にすればいいのだろうか。(2013/8/19)

従来の統合セキュリティアプライアンスは限界
「次世代ファイアウォールの次」をどうする?
企業のセキュリティ担当者の悩みの種は、運用コストとセキュリティレベルのバランスだ。大掛かりなセキュリティシステムを導入しても、その効果への疑念が拭えない。どのように解決したらいいのか。(2015/1/15)

ファイアウォールの概念を変える「次世代ファイアウォール」
ファイアウォールにアプリケーションベースのトラフィック制御機能を加え、マルウェア対策など複数のセキュリティ機能も兼ね備えた「次世代ファイアウォール」製品。従来型ファイアウォールとの違いや製品比較のポイントを見ていこう。(2012/5/2)

パフォーマンスの追求が再びファイアウォール選択の鍵に
読者が選んだ「最高の次世代ファイアウォール」、その実力とは?
米TechTargetが実施した読者投票で、「最高の製品」と評価された次世代ファイアウォールがある。果たして何が最高なのか。評価の理由を探っていこう。(2013/2/1)

ベンチマークテストでうまくいくネットワーク機器選び【第6回】
高機能なほどパフォーマンスが下がる? セキュリティゲートウェイのベンチマークはこう見る
今回はファイアウォール、次世代ファイアウォールに代表されるセキュリティゲートウェイについて、ベンチマークリポートを見ながら解説していく。(2015/4/16)

ファイアウォールの概念が変わる
普及期突入で浮かび上がる「次世代ファイアウォール」導入の課題
アプリケーションベースのトラフィック制御が可能な「次世代ファイアウォール」は本格的な普及期に入ったとアナリストは断言する。一方で、導入の課題も明確になってきた。(2012/2/20)

ボットネット検知や攻撃可視化の強化が進む
標的型攻撃の脅威に挑む「次世代ファイアウォール」の進化
標的型攻撃にソーシャルメディア、スマートフォン……。社内システムを取り巻く環境の急速な変化が、次世代ファイアウォールに変化を促す。(2012/2/3)

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第1回】
次世代ファイアウォールやWAFが“期待外れ”な6つの理由
サイバー攻撃の高度化に対処すべく、進化を続けるネットワークセキュリティ製品。だがユーザー企業は、現状のネットワークセキュリティ製品に必ずしも満足していないことが調査から明らかになった。その理由とは?(2013/12/2)

“Baiduショック”で見直す「アプリ管理」【最終回】
“Baiduショック”の再来を防ぐ「アプリ識別」の仕組みとは
正規なアプリケーションが突如脅威に変わる事件が相次ぐ今、重要性が高まりつつあるのが次世代ファイアウォールの「アプリケーション識別機能」だ。その仕組みを解説する。(2014/7/22)

求められる発想の転換
諦めるのはまだ早い 高度な標的型攻撃に対抗できるシステムづくりのポイントは?
アンチウイルスや次世代ファイアウォールでマルウェアの侵入を完全に食い止めるのは難しい。企業の情報セキュリティ対策の世界では、抜本的な発想の転換が始まっている。「新たなセキュリティモデル」を紹介する。(2014/4/9)

NEWS
常時20Gbpsの通信速度を実現したデータセンター向け次世代ファイアウォール
パロアルトネットワークスはデータセンターや大規模企業向けの次世代ファイアウォールを発表。同製品を含むノートPC向けセキュリティ対策製品なども提供開始した。(2011/3/2)

従業員のアプリケーション利用を制御
徹底比較! 主要7社の次世代ファイアウォール製品
2010年にリリースが相次いだ次世代ファイアウォール。TechTargetはファイアウォールの主要ベンダーに取材を行い、各社の製品比較を行った。(2011/4/25)

まる分かりIT基礎解説「ファイアウォール」
読めば分かる! 次世代ファイアウォール
2010年は、次世代ファイアウォール元年といえるほど各社から新製品がリリースされた。今後求められるファイアウォール機能を整理しながら、現時点における各社ファイアウォールの特徴を紹介する。(2010/12/2)

Interop Tokyo 2011リポート【前編】
Interopで見た、次世代ファイアウォールの可能性
Best of Show Awardの受賞製品を中心に、Interop Tokyo 2011に展示されていたネットワークセキュリティ製品を紹介する。(2011/6/13)

パロアルトネットワークス「PAシリーズ」導入事例
イオン九州の事例が証明した次世代ファイアウォールの導入効果
「Web経由の脅威への対応」「従業員のWeb利用の把握・可視化」を課題としていたイオン九州が選択した高コストパフォーマンスのセキュリティ製品とは?(2011/2/3)

まる分かりIT基礎解説「ファイアウォール」
何が違う? ファイアウォールと次世代ファイアウォール
Webアプリケーションの普及により、企業ネットワークは従来と異なるトラフィック制御が求められる。本稿では、従来のファイアウォールが持つ機能を復習しながら、今求められるファイアウォールの機能を紹介する。(2010/10/22)