2010年10月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

まる分かりIT基礎解説「ファイアウォール」何が違う? ファイアウォールと次世代ファイアウォール

Webアプリケーションの普及により、企業ネットワークは従来と異なるトラフィック制御が求められる。本稿では、従来のファイアウォールが持つ機能を復習しながら、今求められるファイアウォールの機能を紹介する。

[澁谷寿夫,ソニックウォール]

ネットワークの状況を理解するファイアウォール

 現在では、仕事をする上でインターネットを利用したさまざまなWebアプリケーションが必要不可欠となっている。インターネットが一般に普及し始めたころは、電子メールやWebアクセスといった通信がほとんどだったと思う。これらの通信は、例えば電子メール(SMTP)であれば25番ポート、Webであれば80番ポートといった具合に、通信によってポートを把握することで、大体の動向をつかむことができた。

 だが、近年ではさまざまなWebアプリケーションが普及したため、ひとくくりにWebトラフィック(ここでは、80番、443番のHTTP/HTTPS通信を指す)とまとめて扱うだけでは足りなくなりつつある。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news107.jpg

コムニコ、SNS投稿とアカウントを分析するクラウドツール「POST365」の提供を開始
コムニコは、国内主要1000ブランドのSNS投稿、アカウントを分析するためのクラウドツール...

news101.jpg

日本の消費者の94%が広告ブロックソフトの利用を検討、動画広告のアンルーリーが調査
動画SSPを提供するアンルーリーは、「動画広告の将来に関する調査」を実施。日本の消費者...

news007.jpg

アナログなマーケティングをグレードアップ、無料でどこまでできるか
マーケティングオートメーション(MA)とは名ばかりの不完全なツールも少なくない背景に...