2010年12月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

まる分かりIT基礎解説「ファイアウォール」読めば分かる! 次世代ファイアウォール

2010年は、次世代ファイアウォール元年といえるほど各社から新製品がリリースされた。今後求められるファイアウォール機能を整理しながら、現時点における各社ファイアウォールの特徴を紹介する。

[澁谷寿夫,ソニックウォール]

次世代ファイアウォールに求められる機能

 「何が違う? ファイアウォールと次世代ファイアウォール」では、従来のファイアウォールが持つ機能を復習しながら、近年各社からリリースが相次ぐ「次世代ファイアウォール」と呼ばれる製品の特徴をまとめた。

 そこでも説明した通り、現在のインターネットの利用スタイルは、既存のファイアウォールで制御することは難しい。ここでは、あらためて次世代ファイアウォールに求められる機能について考えてみたい。

 なお本稿の後半では、ベンダー各社から提供されている次世代ファイアウォールの特徴を順番に紹介する。

Webアプリケーションの制御

 すべてのベンダーに共通していえるのが、アプリケーションの制御を行うのが目的ということである。これらは何が違う? ファイアウォールと次世代ファイアウォールで説明した通り、Webアプリケーションを個別に制御できる必要がある。製品の中には、単純にWebアプリケーションの許可/拒否だけではなく、帯域制御ができる機能を持っているものもある。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。...

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...