2015年02月05日 12時00分 UPDATE
特集/連載

導入前に押さえておくべきポイントを整理今からでも知りたい「次世代ファイアウォール」の基本、なぜ必要か?

既に多様なセキュリティ製品を稼働させている企業が、豊富な機能を備える「次世代ファイアウォール」を導入すべき理由とは何か。どのように導入、運用するのが効果的なのか。こうした疑問を解消する。

[Mike Chapple,TechTarget]
tt_tt_NGFW_01.jpg

 次世代ファイアウォール(NGFW)が情報セキュリティコミュニティーで注目を集めている。ベンダーは、「コンテキストアウェア型のネットワークセキュリティを実現する」との触れ込みで新製品を売り込み、企業市場で足場を築こうと躍起になっている。

 NGFWの新規導入プロジェクトを検討しているネットワーク担当者は、事前に幾つかの重要な問題をクリアしておかなければならない。それは導入目的の明確化、導入効果が最も大きい場所の特定、自社の環境に適した機能の選択だ。

「機能特化型製品」から「NGFW」へ移行すべき理由

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

60歳以上の趣味、最多は「パソコン・インターネット」で6割超
ビジネスパーソンのスマートフォン利用事情から女性のInstagram活用状況、運動会のお弁当...

news107.jpg

コムニコ、SNS投稿とアカウントを分析するクラウドツール「POST365」の提供を開始
コムニコは、国内主要1000ブランドのSNS投稿、アカウントを分析するためのクラウドツール...

news101.jpg

日本の消費者の94%が広告ブロックソフトの利用を検討、動画広告のアンルーリーが調査
動画SSPを提供するアンルーリーは、「動画広告の将来に関する調査」を実施。日本の消費者...