2014年01月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第2回】宣伝通りの効果が出ない? 次世代ファイアウォールやWAFの期待と現実

期待通りの効果を発揮してくれない――。次世代ファイアウォールやWAFといったネットワークセキュリティ製品に、こうした思いを抱くユーザー企業は多い。期待と現実の間に潜むギャップを探る。

[森本昌夫,ジュニパーネットワークス]

 第1回「次世代ファイアウォールやWAFが“期待外れ”な6つの理由」では、ネットワークセキュリティ技術の有効性に関する調査結果(調査概要は第1回記事を参照)から、ユーザー企業が最新のネットワークセキュリティ製品に満足できていない理由を紹介しました。第2回では、調査結果をさらに掘り下げ、

  • 新しいネットワークセキュリティ技術に対するユーザー企業の認識
  • ユーザー企業のネットワークセキュリティへの取り組みに対する評価
  • 技術のセキュリティリスクに対する有効性

のそれぞれについて、ユーザー企業の考えを見ていきます。

連載:「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには


ネットワークセキュリティの取り組みに満足できていないユーザー企業

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

大日本印刷の山口圭介氏が次世代のマーケターに伝えたい「生き方」と「働き方」
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news096.jpg

HubSpotが無料のCRMを強化、メール配信と広告管理機能を提供
無料で使える「HubSpot CRM」に、メールマーケティング機能と広告機能が加わった。

news045.jpg

フリーランス活用職種トップ3は「デザイナー」「エンジニア」「動画制作」――ランサーズ調査
ランサーズが企業を対象に実施した「外部人材(フリーランス)活用実態調査」によると9割...