2014年01月06日 08時00分 公開
特集/連載

宣伝通りの効果が出ない? 次世代ファイアウォールやWAFの期待と現実「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第2回】

期待通りの効果を発揮してくれない――。次世代ファイアウォールやWAFといったネットワークセキュリティ製品に、こうした思いを抱くユーザー企業は多い。期待と現実の間に潜むギャップを探る。

[森本昌夫,ジュニパーネットワークス]

 第1回「次世代ファイアウォールやWAFが“期待外れ”な6つの理由」では、ネットワークセキュリティ技術の有効性に関する調査結果(調査概要は第1回記事を参照)から、ユーザー企業が最新のネットワークセキュリティ製品に満足できていない理由を紹介しました。第2回では、調査結果をさらに掘り下げ、

  • 新しいネットワークセキュリティ技術に対するユーザー企業の認識
  • ユーザー企業のネットワークセキュリティへの取り組みに対する評価
  • 技術のセキュリティリスクに対する有効性

のそれぞれについて、ユーザー企業の考えを見ていきます。

連載:「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには


ネットワークセキュリティの取り組みに満足できていないユーザー企業

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

ライフネット生命が13年間で培ったオンライン専業ならではの「顔が見える接客」とは?
既存のビジネスがデジタルを起点としたものに生まれ変わる上では、カスタマージャーニー...

news147.jpg

「Salesforce Customer 360」を強化するMuleSoftの役割とは?
MuleSoftが日本市場での事業拡大ため、組織体制の強化、Salesforceとのシナジー最大化、...

news034.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10
オンラインショッピングの顧客体験と売り上げを向上させる「パーソナライゼーションエン...