2014年04月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第5回】アプリ識別だけじゃない、次世代ファイアウォールの主要機能とは?

次世代ファイアウォールの機能はアプリケーション識別だけではない。本稿は、その他の主要機能を紹介する。

[内藤正規,ジュニパーネットワークス]

 前回の「次世代ファイアウォールの花形機能、『アプリ識別』とは?」では、次世代ファイアウォール製品の特徴的な機能だといえる「アプリケーション識別機能」について詳細に解説しました。今回は、次世代ファイアウォール製品の多くが備えるその他の機能、「リポーティング機能」と「UTM機能」について解説します。なお「ユーザー識別機能」については、キャンパスネットワークの認証とも関連することから、別の回にあらためて説明します。

「リポーティング機能」とは

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

電通デジタルとトライベック、オムニチャネルを視野に入れた「ECサイト診断」サービスを提供開始
電通デジタルとトライベック・ストラテジーは、両社が共同開発した「ECサイト診断」サー...

news032.png

「WEBCAS e-mail」、複数メールの横断分析やトランザクションデータの差し込みができる新バージョンを発売
エイジアはメール配信システム「WEBCAS e-mail」の新バージョンを発売すると発表した。新...

news010.jpg

最後はやはり「人間」だから――B2Bマーケティングにおけるエモーショナルなアプローチの意義
米国のB2Bマーケティングは、日本に比べて圧倒的に進んでいるといわれています。今回は、...