TechTargetジャパン

技術文書
統計処理時間を8分の1に短縮するデータ分析基盤の作り方
 「日々蓄積される膨大なデータをいかに有効活用するか」に注目が集まる中で、多くの企業が統計解析処理時間に悩まされている。複数の統計解析を実行する場合には処理に一晩かかるケースも少なくない。厄介なことに、統計解析処理に時間がかかる要因はさまざまであり、1...(2015/10/14 提供:日本情報通信株式会社)

事例
IaaS活用事例15選:タカラトミーが基幹システムの運用管理コストを20%削減
 IaaS(クラウド基盤サービス)やデータセンターを活用し、自社のIT基盤そのものをクラウド化することで、一体どのような効果を得られるだろうか? 例えば、グローバル事業の強化を経営目標に抱えているタカラトミーでは、従来基幹システムを設置していたオンプレミス環...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

技術文書
地域の特性を調査・分析して確度の高いマーケティング戦略を立案
 地域ごとの独自性に合わせた出店計画や商品の差別化、地域限定のターゲティングなどを行う際に利用される「エリアマーケティング」。その戦略の立案には、市場細分化(マーケットセグメンテーション)による、ターゲットの絞り込みが求められる。 市場細分化は、これま...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

レポート
「ヒトの思考のシミュレート」を可能にするビッグデータ分析の概要と条件
 かつては過剰な期待をかけたり、その効果に懐疑的であったりしたビッグデータの分析とその活用は、医療、小売業、製造業、金融業など、あらゆる分野で必須となった。しかし、ビッグデータの分析とは、具体的にどのように行われるものだろうか。 現在ではビッグデータの...(2017/10/30 提供:インテル株式会社)

技術文書
【安定化電源:使いこなし術】 DC電源について知っておくべき10の基本事項
リード線の電圧降下補正や、電源からDUTへの雑音を抑える方法など、正確にDUT出力を測定するための基本事項を紹介。測定ツールの動作を正しく理解すると、評価手法の知見が得られ試験方法の改善につながる。 ・定電圧モードまたは定電流モードで動作するよう、電源をプロ...(2017/10/26 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

レポート
データ肥大化を解決する「3つのA」とデータレイクに必須の「4フェーズ」とは
 SNSやIoTの普及で企業の扱うデータが肥大化している。戦略決定にデータ活用は重要だが、その管理運用コストは増え続けているのに投資に見合った効果が得られていないと考えている経営者も増えている。 現実問題として、ストレージの容量は不足し運用負荷が重い状況にあ...(2017/10/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
単なるIoT導入では効果が薄い――今後、製造業で本当に必要なものとは?
 さまざまな業界の中でも、特に製造業のIoTへの注目度は高い。工場には多くの設備があり、そこに取り付けたセンサーから、業務改善につながるさまざまな知見が自動的に得られるからだ。しかし、近年、製造業で深刻化している労働力不足などに対応するためには、さらなる...(2017/9/5 提供:株式会社ABEJA)

レポート
中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解
 これまで大企業向けというイメージの強かったERPだが、そのハードルは大きく下がり、近年は中堅・中小企業での導入も進んでいる。そのサービスは多様化し、さまざまな形態で提供されているが、それらはコスト、スピード、セキュリティ、グローバル展開の4つの面から評価...(2017/8/21 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
顧客からのアクションを引き出すデータストーリーテリングの「7つの秘訣」
 ビジネスの成果はアクションとして現れる。それは、役員会議でのコンセンサスの形成、新たな業務プログラムの導入、商品の購入、あるいは動画の最後に表示されるリンクをクリックするなどだ。では、そのアクションを生むために必要なものは何だろうか。 人間の行動は脳...(2017/8/1 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
API活用で医療統計データを提供、公開と運用を一元管理する仕組みとは?
 日本医療データセンターは、健康保険組合や病院、薬局などに蓄積された健康診断データやレセプトデータを活用した医療統計データサービスを提供している。中でも同社が力を入れようとしているサービスが「予測モデルサービス」だ。 膨大な医療データの価値をさらに高め...(2017/7/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
光ファイバー認証試験を徹底解説――損失許容値の算出と試験・トラブル防止まで
 データセンターの中核というべき光ファイバーネットワークに対する要求レベルは年々高まってきた。伝送レートが10Gbpsから40Gbps、100Gbpsへと高速化するとともに、高密度化を求めてMPO/MTP配線システムが普及。こうした変化の中で、ダウンタイムの発生やパフォーマン...(2017/6/30 提供:株式会社 TFF)

事例
失敗に学ぶ、チェーン企業におけるGISを用いたエリアマーケティング
 GIS(地図情報システム)を用いた売り上げ予測を新規出店などのエリアマーケティングに活用する動きが広がっている。自社が保有する店舗や顧客データ(実績)を基に、デジタル地図と人口統計などのデータベース(需要)と、競合店舗データ(供給)から地域・商圏ごとに...(2015/5/11 提供:技研商事インターナショナル株式会社)

事例
教育機関のICT活用事例:「Surface」が学生の高い支持を集める理由とは?
 2009年の創設時からアクティブラーニングやラーニングコモンズへの取り組みを続けている甲南大学マネジメント創造学部。同学部では、少人数グループで行う「プロジェクト型学習」を軸とした教育で、グローバル社会で活躍できる人材の育成を目指している。 その実践に向...(2017/4/18 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
進化する「データ活用プロセス」、自動化・最適化を組織全体で実践する方法
 データは適切に活用してこそ、成果につながる。ビジネスにおいてはデータに基づく洞察の大切さはもちろん、成果を得るには迅速な行動が不可欠だ。できることなら、業務遂行上のさまざまな意思決定を自動化させていくことが望ましい。 自動化は判断の遅れを避け、意思決...(2017/3/10 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
EV用バッテリー開発にビッグデータを活かせ 〜HondaとIBMは何を分析したのか〜
 1980年代後半から電気自動車(EV)の技術開発に取り組む本田技研工業(以下、Honda)。 2012年7月には米国・カリフォルニア州とオレゴン州で、また、日本では同年8月より「フィットEV」のリース販売を開始した。それと同時に、オーナーの同意のもと、バッテリーの性能...(2015/6/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2016/12/21 提供:株式会社ジャストシステム)

技術文書
「光ファイバー認証試験」実践ガイド:基礎から分かる高速回線の高確度測定と診断
 モバイル機器の普及やビデオ情報の高精細化などが進んだことにより、光ネットワークの伝送レートも10Gbpsから40Gbps、100Gbpsへと高速化を続けている。それに伴い、光ファイバー認証試験への要求もかつてないほど厳しいものとなりその重要性も増している。 特に光ファ...(2016/12/15 提供:株式会社 TFF)

事例
現場で生きるデータ分析の進め方──分析業務で押さえるべき「3つのポイント」
 データ分析の結果を業務に生かし、成果につなげたいと考える企業は多い。しかし、データ分析を効果的に進めるには、「分析データ加工」「分析モデル作成」「分析レポート作成」という3つの押さえるべきポイントがある。 例えば、「分析データ加工」においては、“デー...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

技術文書
データ分析の基礎知識――全ては分析用データ管理から始まる
 ビジネスの成功には優れた分析モデルが欠かせない。「そこそこ優れたモデル」なのか、「抜群に優れたモデル」なのかで、得られる結果には大きな差が生まれる。高いレベルの分析モデルを構築するには“汚染されていないデータ”を迅速に準備できる体制を整える必要がある...(2016/11/30 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
セルフサービス型BI活用の鍵、「ビジュアルなダッシュボード」の効果
 セルフサービス型BI活用の鍵となるのが、データ探索時間の短縮だ。一般のビジネスユーザーはデータ分析だけに業務時間を割くわけにはいかない。より短時間で優れた洞察を得るためにも、できるだけ手間をかけずに必要なデータを探し出せる機能が欠かせない。 データ探索...(2016/11/30 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
事例で見るクラウドサービス活用――開発・検証から新規システム展開まで
 さまざまな分野で活用されるクラウドサービスだが、具体的な導入効果が見えづらいことから、自社のニーズにマッチするか危惧するユーザーも少なくない。そこで、さまざまな企業の導入事例から、開発・検証の効率化や新規システムの展開などに与える効果を検討する。 こ...(2016/11/21 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
IoT機器開発の低消費電力化に不可欠! 2つの「電流変動測定」ツール
 IoTデバイス普及の鍵は「消費電力の低減」である。消費電力を抑えることができれば、小型化や低コスト化といった要件もクリアしやすくなる。  その鍵を握るキーワードが、「電流変動測定」だ。現状の解析ソリューションでは、ダイナミックレンジの制限や大きな測定ノイ...(2016/10/24 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

講演資料
社会とともにIBM、ストリームコンピューティングとともにIoT
 デバイスやセンサーだけでなく家電やクルマなどさまざまなモノがつながるIoT(Internet of Things)が急速な展開を見せる中、これらの大量のトラフィックを効率的・効果的に扱うMQTTプロトコルが注目を集めている。本コンテンツでは、IoTやM2M(Machine-to-Machine)に...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
グラフデータベース製品導入戦略ガイド
 グラフデータベースは、パナマの法律事務所Mossack Fonsecaから2.6TBの情報が流出したことが発覚したことで有名になった。本稿では異なるデータセット間の関係性を表現する技術について紹介し、それがデータ分析にどんな革新をもたらすかを解説する。 本PDFは以下の3つ...(2016/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
オープンソースの利用が広がる中、なぜSASを使い続けるのか?
「市販のアナリティクス・ソフトウェアとオープンソースを併用すべきか、それともいずれか一方を選ぶべきか」。誰もが一度は迷ったことがあるだろう。もしくはずっと迷い続けているかもしれない。 どちらがより良い方法かを企業が迷う中、ニュークリアス・リサーチ社が最...(2016/9/12 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

事例
大手製薬会社が1800万円のコスト削減に成功したeラーニングシステムとは?
 全国に拠点を持つ企業において、集合型のトレーニングによる従業員教育は、移動し実施することに多くの労力とコストを費やしてしまう難点がある。また参加できなかった従業員へのフォローも課題の1つだ。医療用医薬品の研究開発、製造販売を手掛ける大手製薬会社では...(2015/1/19 提供:株式会社テンダ)

製品資料
「データへの興味が最大のカギ」1人1人の「分析力」を上げることが、企業全体の競争力アップに
 企業にコンピュータが導入される以前から「情報分析」は会社の発展に欠かせないものであった。専門的な分析能力の高い人材がいて多様なノウハウを蓄積し、業務に応用することで、企業競争力が維持され、時代の変化にも対応してきた。そして現在、企業のシステム化が進み...(2016/2/10 提供:ウイングアーク1st株式会社)

Loading