TechTargetジャパン

技術文書
統計処理時間を8分の1に短縮するデータ分析基盤の作り方
 「日々蓄積される膨大なデータをいかに有効活用するか」に注目が集まる中で、多くの企業が統計解析処理時間に悩まされている。複数の統計解析を実行する場合には処理に一晩かかるケースも少なくない。厄介なことに、統計解析処理に時間がかかる要因はさまざまであり、1...(2015/10/14 提供:日本情報通信株式会社)

技術文書
地域の特性を調査・分析して確度の高いマーケティング戦略を立案
 地域ごとの独自性に合わせた出店計画や商品の差別化、地域限定のターゲティングなどを行う際に利用される「エリアマーケティング」。その戦略の立案には、市場細分化(マーケットセグメンテーション)による、ターゲットの絞り込みが求められる。 市場細分化は、これま...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

事例
失敗に学ぶ、チェーン企業におけるGISを用いたエリアマーケティング
 GIS(地図情報システム)を用いた売り上げ予測を新規出店などのエリアマーケティングに活用する動きが広がっている。自社が保有する店舗や顧客データ(実績)を基に、デジタル地図と人口統計などのデータベース(需要)と、競合店舗データ(供給)から地域・商圏ごとに...(2015/5/11 提供:技研商事インターナショナル株式会社)

製品資料
進化する「データ活用プロセス」、自動化・最適化を組織全体で実践する方法
 データは適切に活用してこそ、成果につながる。ビジネスにおいてはデータに基づく洞察の大切さはもちろん、成果を得るには迅速な行動が不可欠だ。できることなら、業務遂行上のさまざまな意思決定を自動化させていくことが望ましい。 自動化は判断の遅れを避け、意思決...(2017/3/10 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
EV用バッテリー開発にビッグデータを活かせ 〜HondaとIBMは何を分析したのか〜
 1980年代後半から電気自動車(EV)の技術開発に取り組む本田技研工業(以下、Honda)。 2012年7月には米国・カリフォルニア州とオレゴン州で、また、日本では同年8月より「フィットEV」のリース販売を開始した。それと同時に、オーナーの同意のもと、バッテリーの性能...(2015/6/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
「光ファイバー認証試験」実践ガイド:基礎から分かる高速回線の高確度測定と診断
 モバイル機器の普及やビデオ情報の高精細化などが進んだことにより、光ネットワークの伝送レートも10Gbpsから40Gbps、100Gbpsへと高速化を続けている。それに伴い、光ファイバー認証試験への要求もかつてないほど厳しいものとなりその重要性も増している。 特に光ファ...(2016/12/15 提供:株式会社 TFF)

講演資料
ストリームコンピューティングが示す新しいデータ分析の世界
 今日、情報ソースの多様化により、断続的に流入するデータの量は増加の一途をたどっている。従来のデータ分析は、大量のデータをストレージに全て保存して分析するのが主流だった。静的な過去のデータを分析し、過去の事実を発見するのが目的だ。これに対し、流入するデ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
事例で見るクラウドサービス活用――開発・検証から新規システム展開まで
 さまざまな分野で活用されるクラウドサービスだが、具体的な導入効果が見えづらいことから、自社のニーズにマッチするか危惧するユーザーも少なくない。そこで、さまざまな企業の導入事例から、開発・検証の効率化や新規システムの展開などに与える効果を検討する。 こ...(2016/11/21 提供:日本オラクル株式会社)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2016/11/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
事例:ExcelやAccessに代わる業務管理ツールを活用した5社の成功事例、その実態とは
 Microsoft ExcelやMicrosoft Accessで個々の担当者が業務に関する情報を入力し、それらを管理者がまとめて帳票化するという作業は、日常的に実施されている。数名の規模であれば、こうした方法でもさして問題は起きず、手入力によるミスなどもすぐに修正・共有できるが...(2016/11/1 提供:株式会社ジャストシステム)

技術文書
IoT機器開発の低消費電力化に不可欠! 2つの「電流変動測定」ツール
 IoTデバイス普及の鍵は「消費電力の低減」である。消費電力を抑えることができれば、小型化や低コスト化といった要件もクリアしやすくなる。  その鍵を握るキーワードが、「電流変動測定」だ。現状の解析ソリューションでは、ダイナミックレンジの制限や大きな測定ノイ...(2016/10/24 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

講演資料
「“データ分析専用”はだてじゃない」 Netezza+SPSSで何ができるか?
 ビッグデータ時代の到来により、企業が新しい価値を生み出し、競争力を高める上でデータ分析力の有無が問われるようになった。そのためには、大量のデータを蓄積し、活用するためのシステム基盤および統計分析やデータマイニングの技術が重要になる。 本資料は、Netezz...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
社会とともにIBM、ストリームコンピューティングとともにIoT
 デバイスやセンサーだけでなく家電やクルマなどさまざまなモノがつながるIoT(Internet of Things)が急速な展開を見せる中、これらの大量のトラフィックを効率的・効果的に扱うMQTTプロトコルが注目を集めている。本コンテンツでは、IoTやM2M(Machine-to-Machine)に...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
グラフデータベース製品導入戦略ガイド
 グラフデータベースは、パナマの法律事務所Mossack Fonsecaから2.6TBの情報が流出したことが発覚したことで有名になった。本稿では異なるデータセット間の関係性を表現する技術について紹介し、それがデータ分析にどんな革新をもたらすかを解説する。 本PDFは以下の3つ...(2016/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
セルフサービス型BI活用の鍵、「ビジュアルなダッシュボード」の効果
 セルフサービス型BI活用の鍵となるのが、データ探索時間の短縮だ。一般のビジネスユーザーはデータ分析だけに業務時間を割くわけにはいかない。より短時間で優れた洞察を得るためにも、できるだけ手間をかけずに必要なデータを探し出せる機能が欠かせない。 データ探索...(2016/10/11 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
データ分析の基礎知識――全ては分析用データ管理から始まる
 ビジネスの成功には優れた分析モデルが欠かせない。「そこそこ優れたモデル」なのか、「抜群に優れたモデル」なのかで、得られる結果には大きな差が生まれる。高いレベルの分析モデルを構築するには“汚染されていないデータ”を迅速に準備できる体制を整える必要がある...(2016/10/11 提供:SAS Institute Japan株式会社)

講演資料
ものづくりの現場で生かすアナリティクス、4つの事例からひも解く
 製造業のビッグデータ活用を取り巻く背景には、送電網、交通、都市管制、天然資源、工場設備、交通機関、自動車、建機、船舶などのインテリジェント化がある。これらの機器から発信される膨大なデータを、センサーやメーターを介して取り込み、解析し、その結果を可視化...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
IoTから価値を導くための分析プラットフォームと、支える技術
 IoTでは、分析以前にデータの準備が肝心だ。例えば、銀行の顧客分析の場合、職業・年齢など個人の属性だけでなく、世帯構成員の収入・資産や相続関係も含めて立体的に分析できる情報が重要となる。こうしたデータ準備(Data Preparation)の段階では、その関係性や意味...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
オープンソースの利用が広がる中、なぜSASを使い続けるのか?
「市販のアナリティクス・ソフトウェアとオープンソースを併用すべきか、それともいずれか一方を選ぶべきか」。誰もが一度は迷ったことがあるだろう。もしくはずっと迷い続けているかもしれない。 どちらがより良い方法かを企業が迷う中、ニュークリアス・リサーチ社が最...(2016/9/12 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

事例
大手製薬会社が1800万円のコスト削減に成功したeラーニングシステムとは?
 全国に拠点を持つ企業において、集合型のトレーニングによる従業員教育は、移動し実施することに多くの労力とコストを費やしてしまう難点がある。また参加できなかった従業員へのフォローも課題の1つだ。医療用医薬品の研究開発、製造販売を手掛ける大手製薬会社では...(2015/1/19 提供:株式会社テンダ)

事例
現場で生きるデータ分析の進め方──分析業務で押さえるべき「3つのポイント」
 データ分析の結果を業務に生かし、成果につなげたいと考える企業は多い。しかし、データ分析を効果的に進めるには、「分析データ加工」「分析モデル作成」「分析レポート作成」という3つの押さえるべきポイントがある。 例えば、「分析データ加工」においては、“デー...(2016/3/8 提供:日本電気株式会社)

製品資料
「データへの興味が最大のカギ」1人1人の「分析力」を上げることが、企業全体の競争力アップに
 企業にコンピュータが導入される以前から「情報分析」は会社の発展に欠かせないものであった。専門的な分析能力の高い人材がいて多様なノウハウを蓄積し、業務に応用することで、企業競争力が維持され、時代の変化にも対応してきた。そして現在、企業のシステム化が進み...(2016/2/10 提供:ウイングアーク1st株式会社)

技術文書
完全にセキュアなシステムを実現する真性乱数生成器(TRNG)
本稿では、まず現実世界に存在する各種エントロピー源を利用した従来の真性乱数生成器(TRNG)と、それに対する物理的、統計的、電子的な攻撃手法についてご説明します。次に、より脆弱性の少ない(つまり、より真性乱数に近い)乱数を生成する新しい方法、そしてこれを標...(2016/3/7 提供:日本シノプシス合同会社)

Webキャスト
特別な分析知識がない担当者が専門的で高度な分析を日常業務で実行できる――SAS Visual Analytics早分かり解説 #2
 近年はデータ分析としてビジネスインテリジェンス機能を導入する企業が増えているが、多次元分析や高度な統計解析を利用するにはデータベースの構造を整え、ディメンションやキューブの構造を組み立てるといった綿密な準備と、専門的な分析知識が必要だ。そのため、企業...(2014/8/4 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
専門家が語るサッカーとデータ分析(1):サッカーはデータ分析に向くスポーツか
 サッカーの世界では、これまでもデータを生かす取り組みが進められてきた。例えばデータスタジアムという企業は、プロ野球、ラグビートップリーグとともに、Jリーグに関する各種データを取得・分析し、これを主にサッカー関係者へ提供することをビジネスとしている。さ...(2015/9/28 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
日本の製造業は「アナリティクス」の活用ができていない?ビッグデータ活用のいま
 いま製造業では、センサー技術の発展にともない、工場内の生産機器や測定機器、製造ラインのロボットなど、多岐に渡る測定ポイントから日々生み出されるメンテナンスログ、パフォーマンスログ、モニタリング・データなどが大量に収集されている。 しかし、これらのビッ...(2015/6/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ものづくりの現場で、ビッグデータを高速分析&見える化するには
 「歩留まりを上げたい」「品質や耐久性を改善したい」「ボトルネックを解消したい」「売れる新製品を開発したい」と、現場の望みは様々だが、かつてのように、工程や設備の調整に明け暮れ、試作や実験を悠長に続けることは許されない。 ものづくりのスピードや効率性が...(2014/12/12 提供:日本ティブコソフトウェア株式会社)

Loading