PoEをサポート
既設配線でLAN性能を向上できる「NBASE-Tイーサネット」とは
NBASE-Tイーサネットは既存の銅ケーブルで最大5GbpsのLAN伝送速度を実現し、ネットワークを再定義する。(2017/4/26)

導入済みなら効果は期待できる
「フラッシュ有効活用」の視点でファイバーチャネルとイーサネットを比較する
Gen 6ファイバーチャネルはデータ転送速度のボトルネックを解消する可能性がある。だが、企業は急速に進化するイーサネットを選ぶ傾向があるという。ファイバーチャネルを取り巻く環境からその理由を探る。(2017/11/28)

2017年の標準化を目指す
超高速400ギガビットイーサネットがやってくる 未体験の速さがもたらす5つのメリット
400ギガビットイーサネットは最新のデータセンターにどのような利用場面とメリットをもたらすのだろうか。(2016/9/29)

2015年にはテラビット規格も視野に?
【技術動向】100Gbps超えも目前、超高速化が進む「イーサネット」
100Gbpsまで高速化が進んだイーサネット。近い将来、1Tbpsの「テラビットイーサネット」も登場しそうだ。本稿は、イーサネット高速化の現状と今後の方向性を解説する。(2012/5/31)

データ転送ボトルネックの解消が急務
NVMe over Ethernetがこじ開けるネットワーク対応ストレージ主役への扉
2014年にリリースされているにもかかわらず、ネットワーク対応ストレージのパフォーマンスに不安を覚えるユーザーは多い。「NVMe over Fabrics」のイーサネット版が、この状況を変えるかもしれない。(2017/3/22)

新人IT担当者のためのネットワーク機器入門【第2回】
まず、「イーサネット」から理解しよう
ネットワークと関連機器に関する「今さら聞けない」基礎知識をこっそりおさらいしようというこの連載。今回はレイヤー1とレイヤー2の主要技術であるイーサネットについて解説します。(2014/12/12)

処理能力に加え、電力や移行の容易さに注目
失敗しない100ギガビットイーサネットの選び方
製品化が進む40ギガビット/100ギガビットイーサネット。登場したばかりの40ギガビット/100ギガビットイーサネット製品をどう選ぶべきか、その指針を示す。(2012/7/20)

ストレージネットワーキング技術の最新事情(前)
帯域幅のアップグレードに温度差があるファイバーチャネルとイーサネット
新しく仮想データセンターインフラを選択するITアーキテクトの多くが、ファイバーチャネルとイーサネットのどちらを採用するかで悩むようになった。拡張性を考慮すると、果たしてどちらを選ぶべきなのだろうか?(2012/6/12)

徹底解説! クラウド時代のVPN使い分け術
クラウドに最適なVPNはどっち? 「IP-VPN」「広域イーサ」を徹底比較
「IP-VPN」と「広域イーサネット」の違いを正確に理解しているだろうか。クラウド時代のネットワーク構築を進める上で知っておきたい、IP-VPNと広域イーサネットの仕組みやメリットを解説する。(2012/8/6)

業界初のオープンスイッチイニシアチブ「Generation of Open Ethernet」
イーサネットスイッチソフトがオープンソースに、SDNへの影響は?
Mellanoxは業界初のオープンスイッチイニシアチブを発表。同社がOpen Ethernetのフレームワークを提唱することで、SNDを新たな高みへと引き上げ、データセンターの柔軟なコントロールを促進できるのか。(2013/5/22)

データストレージマネジャーのためのATA over Ethernetプロトコル入門(前)
イーサネットリンクを最大限に活用するAoEプロトコル
ストレージをイーサネットに融合するという手法はFCoEだけではない。シンプルさとLAN上でのパフォーマンスを追求したATA over Ethernet(AoE)の概要を紹介する。(2011/3/25)

仮想化データセンター/クラウド基盤のための10GbE対応ファブリックスイッチ
クラウド時代に求められるネットワークの新しい形“イーサネットファブリック”とは?
仮想化の普及、加速するクラウドへの流れを受け、今データセンターネットワークは大きな転換の局面を迎えている。従来のネットワークではなぜ駄目なのか? また、注目されるイーサネットファブリックの定義とは?(2011/3/28)

3層のネットワークトポロジーの限界を克服
仮想化/クラウド時代のネットワーク「ファブリック」
仮想化とクラウドの企業導入が進み、従来の3層構造のイーサネットではトラフィックなどの面で不都合が生じてきた。これを打開するために提唱されえいるのが、「ファブリック」というアプローチだ。(2013/8/1)

「第5世代Wi-Fi」製品がもたらす価値
企業がギガビット無線LAN「IEEE 802.11ac」に移行すべき4つの理由
標準化が進められている「IEEE 802.11ac」規格は、煩わしいイーサネット接続が不要な無線LANの通信速度を大幅に向上させる見通しだ。企業規模にかかわらず、802.11acに移行したいと思わせる4つの理由を紹介する。(2013/1/7)

混乱や誤解を乗り越えろ
SDNのための新技術、どう使い分ける?
このところ、OpenFlowやネットワーク仮想化、イーサネットファブリックなど、ネットワーク関連で新技術が続々登場している。ここでは、事業者や企業がこれらを検討し、選択するための指針を探る。(2012/11/26)

プロバイダーは1Tbps、ベンダーは400Gbps推し
「テラビットイーサ」は次世代規格で本当に実現するか
次世代イーサネット規格のデータ伝送速度は1Tbpsになるのか。それとも400Gbpsにとどまるのか。関係各所の思惑が渦巻く中、標準化団体の米IEEEが結論を出すべく動き出した。(2012/9/14)

NEWS
ファウンドリー、PBBに対応する広域イーサネット向けスイッチを年内リリース
広域イーサネットを拡張するPBB(Provider Backbone Bridge)技術を採用したコンパクトスイッチを2008年第4四半期中にリリースする。(2008/9/9)

ファイバーチャネル対イーサネット
ファイバーチャネルをお勧めできない4つの理由
近年、ストレージネットワーク分野では、帯域幅を拡大し各種プロトコルにも対応するイーサネットが優勢だ。これまでファイバーチャネルに対して投資をしてきた企業にぜひ聞いてほしいことがある。(2011/12/21)

NEWS
エクストリーム、10GbEを256ポート収容可能な高密度スタッカブルスイッチ
単体で最大32ポート、スタッキングにより最大256ポートの10Gbpsイーサネットを収容する、高密度イーサネットスイッチ「Summit X650」シリーズを発表。異機種とのスタッキングにも対応する。(2008/6/13)

NEWS
マクニカネットワークス、10Gビットイーサネット対応のIP-SANストレージを発売
マクニカネットワークスが、米イントランザ社製10Gビットイーサネット対応IP-SANストレージ「Intransa PCU100」の販売を開始した。(2007/5/11)

NEWS
“シャーシ型より7割お得”な高密度10Gスイッチ「Apresia」、基幹向けに発売
企業データセンター向けに、10Gイーサネットを24ポート装備した高密度ボックス型スイッチを8月に発売する。シャーシ型よりも導入コストを大幅に抑えたのが特徴。(2009/6/2)

小さな節約で大きな省エネ
IEEEの“グリーン”な新イーサネット仕様
IEEEの新しい省エネプロジェクト「P802.3az Energy Efficient Ethernet」は、ネットワークアイドル時のエネルギー浪費が大きいことに目を付けた。(2008/5/13)

NEWS
日本セーフネット、レイヤー2暗号化装置の10Gbps対応モデルを発売
セキュリティとパフォーマンスを両立するインターネットVPN構築用アプライアンスに新モデルが追加。10Gイーサネットでも高速な暗号化通信が可能になった。(2008/10/16)

NEWS
フォーティネット、10GbE対応のハイエンドUTMなど新製品群
フォーティネットジャパンは、シャーシ型ハイエンドUTMを10Gイーサネットに対応させるブレード3モデルおよびリモートオフィス向け高性能アプライアンスをリリース。製品の適用範囲を広げる。(2008/10/21)

NEWS
ネットワン、通信サービスのSLA違反を自動是正する構成管理ソフトを発売
広域イーサネットやIP-VPNといったキャリアの通信サービスがSLAに違反している場合、自動的に経路変更などを行い、サービス品質を一定基準に保つ管理ソフトを2009年より発売する。(2008/10/28)

米国TechTarget会員の皆さま、TechTargetジャパンへようこそ
会員サービスのご案内(通信ネットワーク)
TechTargetジャパンは、企業情報システム担当者のための無料の会員制サイトです。「通信ネットワーク」では、VPN(IP、IPsec、SSL)や専用線、広域イーサネットなどのインフラからルータやスイッチ、ロードバランサなどのネットワーク機器、RFIDなど、ネットワークに関する情報を提供します。ぜひこの機会にメンバーシップにご登録ください。(2008/7/14)