2008年10月16日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本セーフネット、レイヤー2暗号化装置の10Gbps対応モデルを発売

セキュリティとパフォーマンスを両立するインターネットVPN構築用アプライアンスに新モデルが追加。10Gイーサネットでも高速な暗号化通信が可能になった。

[TechTargetジャパン]

 日本セーフネットは10月15日、イーサネット暗号化アプライアンス「SafeNet Ethernet Encryptor」(以下、SEE)に10Gbps対応モデルを追加したと発表した。

画像 SEE 10Gbps対応モデル

 SEEは、レイヤー2でイーサネットフレームを暗号化する装置で、プロトコルに依存せずにセキュアなインターネットVPNを構築できる。VPN構築にIPsecを用いないため、音声(VoIP)などによるショートパケット送信時の遅延が発生しないという特徴がある。メトロイーサネットやDWDM(高密度波長分割多重)/ダークファイバー、SONETなどに対応し、高速なデータ転送を要求されるディザスタリカバリ網のセキュリティ強化にも適用できる。

 従来10Mbps/100Mbps/1Gbps対応モデルが用意されていたが、今回新たに10Gbpsの高速ネットワーク対応モデルが追加され、10Gイーサネットでも利用できるようになった。インタフェースはXFP(ファイバー)または銅線。暗号化にはAES、SHA-256を使用する。

 価格はオープン。本体のポリシー管理には専用のWebベース管理サーバ「Security Management Center」が必要となる。

関連ホワイトペーパー

暗号化 | VPN | アプライアンス | ディザスタリカバリ


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...