TechTargetジャパン

著名なストレージベンダーの見解も解説
SSDにはファイバーチャネル ベンダー11社調査で分かったフラッシュストレージの実態
ストレージベンダーに対する調査でオールフラッシュストレージとハイブリッドストレージ(HDDとSSD)において、ファイバーチャネルが主流ストレージネットワークテクノロジーになっていることが明らかになった。(2017/12/11)

ネットワークに関する調査レポート
読者調査で分かったギガビットイーサネットやSD-WANへの高い関心
TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員を対象に、「企業のネットワーク環境に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2017/11/1)

特選プレミアムコンテンツガイド
「NVMe」など新技術で加速、「ストレージネットワーク高速化技術」のこれまでと今後
フラッシュメモリを搭載した高速に読み書きできるストレージの人気が高まり、各種ストレージネットワークも高速化している。各種ストレージネットワーク技術のこれまでの道のりと今後の開発予定について解説する。(2017/9/15)

NVMe対応ストレージアレイも次々登場
「NVMe over Fabrics」でストレージ環境が一変する――注目の技術革新を解説
Non-Volatile Memory Express(NVMe)はSSDストレージの接続規格としてSCSIやSASプロトコルに取って代わり、NVMe over Fabricsはハイエンドネットワーク環境のデータ転送用に採用されていく可能性がある。(2017/9/15)

超高速ネットワークの挫折と復活【第2回】
25G/40GBASE-Tの普及を阻む「大きすぎる消費電力」
期待は大きいのに普及が遅れている“10Gbps級”ネットワークの問題克服への挑戦を記したこの物語。ようやく問題解決の道筋が見えてくる……はずだったが。(2017/8/23)

Dell EMCやHPE、IBMなどの主要製品をピックアップ
主要8社の「オールフラッシュアレイ」製品を一挙紹介 ニーズに合うのはどれ?
大手ベンダー8社の主要なオールフラッシュアレイ製品を取り上げ、機能や性能を詳しく紹介する。どの構成が自社のニーズに最も合うだろうか。(2017/8/18)

サーバの形態が大きく変わる
SSDは「NVMe対応M.2 SSD」が次の標準 サーバ搭載で起きる大変革とは?
「M.2」規格に対応したSSDがウルトラブックやタブレット端末で急速に普及しつつある。10TB以上の大容量やNVMe対応が進めば、サーバへの搭載も加速するかもしれない。(2017/8/2)

超高速ネットワークの挫折と復活【第1回】
10Gbps通信の普及を阻んだ「高過ぎるエラー率」問題
ITシステムが扱うデータが爆発的に増大している今、超高速ネットワークへの期待は大きい。しかし“10Gbps級”ネットワークの普及は遅れている。これは、その原因と克服への挑戦を記した物語だ。(2017/7/6)

孤立無援なIT担当者でもできる無線LAN導入ガイド【第3回】
中小規模オフィスに適した802.11ac Wave 2準拠アクセスポイントを選ぶ
オフィスに無線LANを導入するこの連載。採用する無線LANの規格も決まった。購入する無線LANアクセスポイントのチェックポイントも分かった。では、具体的に購入するモデルを選んでみよう。(2017/6/9)

「この勝負は見ものだ」
「NVMe SSD」が高速ストレージの主流に、注目ベンダーはどう動く?
Tier 0は「高速」で「プロプライエタリ」だったが、「NVMe」(Nonvolatile Memory Express)が今後の主流となり、この2つ目の形容詞を変えようとしている。NVMeはPCIe SSDの標準プログラミングインタフェースだ。(2017/5/12)

HDDと比べたSSDの速さとは
徹底解説:オールフラッシュアレイ 超高性能をたたき出す技術とのその用途
オールフラッシュアレイの購入に向けて投資対効果検討書を作成するには、まずアプリケーションで必要なIOPS、遅延、スループットについて把握する必要がある。(2017/5/1)

PoEをサポート
既設配線でLAN性能を向上できる「NBASE-Tイーサネット」とは
NBASE-Tイーサネットは既存の銅ケーブルで最大5GbpsのLAN伝送速度を実現し、ネットワークを再定義する。(2017/4/26)

スケールアウト型に注目
拡大続くNAS市場、新システム導入の“3大用途”とは?
構造化されていないデータがストレージの成長を支え続ける中で、企業は現在と今後の需要に対応するため、スケールアウトNASに目を向けている。(2017/4/21)

クラウドファースト時代にあえての決断
メルカリ、はてなは「物理サーバ」も使う、巨大サービスを支えるインフラ事情
クラウドファースト時代にあえて物理サーバを選択する企業がある。さくらインターネットの専有物理サーバを利用するメルカリ、はてなが、その理由や使い勝手を語った。(2017/4/12)

データ転送ボトルネックの解消が急務
NVMe over Ethernetがこじ開けるネットワーク対応ストレージ主役への扉
2014年にリリースされているにもかかわらず、ネットワーク対応ストレージのパフォーマンスに不安を覚えるユーザーは多い。「NVMe over Fabrics」のイーサネット版が、この状況を変えるかもしれない。(2017/3/22)

熱戦の場は「WBC」だけではない
“つながる野球場”は金になる? 米球団が「無線LAN」強化に躍起な理由
次世代のスポーツ会場では、チームの本拠地スタジアムのネットワークが戦略的リソースの役割を果たし、ファンの関わりを促して収益を押し上げる。(2017/3/21)

平凡だが極めて重要な問題を解決
クラウド移行前に注目したい「SD-WAN」、飛躍的な技術強化の影響は
企業でデータセンターのクラウド移行に対する関心が高まっている。しかし、移行を急ぐ前に注目したい、より直接的な影響のある技術が登場した。注目の「SD-WAN」とは?(2017/2/14)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 ハイパーコンバージド編
ズバリ、ハイパーコンバージドを導入する3つのメリット
ITインフラのキーテクノロジーとして注目を集めているハイパーコンバージドの概要と、導入で得られるメリットについて紹介する。(2017/2/14)

ストレージテクノロジーの2017年話題のトレンド【後編】
NVMe対応で復活するファイバーチャネル、SDSはハードの「価格下落」が追い風に
本稿では、データストレージテクノロジーのトレンドの中から、2017年に盛り上がりそうなものを取り上げる。後編ではNVMe、SDS、超高速ファイバーチャネルがテーマだ。(2017/1/23)

優れたSDS製品とは
物理構成に縛られない自由なストレージ運用をかなえる、SDS製品への期待
ソフトウェア定義のデータセンターは、IT部門が避けて通れない未来だ。ソフトウェア定義のストレージ(SDS)の革新はまだ初期段階にあるが、あらゆる企業にとってSDS製品が重要な戦略になる可能性は高い。(2016/12/26)

Facebookが超高速ネットワークでも標準規格を策定
Facebookが新しいスイッチ仕様を公表、100Gbpsデータセンターが現実に
Facebookは技術コミュニティーに100Gbpsのデータセンターポッドに関する仕様書を提供した。この仕様書では、仮想化とシステム管理、そして、ストレージとネットワークの機能に言及している。(2016/12/26)

高速化する無線LAN規格にも対応
既存配線のままで有線LANを最大5倍高速に、新規格「IEEE 802.3bz」とは?
ギガビットイーサネット(GbE)の新規格の登場で、企業は配線を入れ替えなくても無線通信性能を向上できるようになった。だがシステム管理者が考慮しなければならないこともある。(2016/12/22)

“Surface Pro 5”の単なる前座ではない
「Surface Studio」を先取りレビュー、“無重力ヒンジ”と「Surface Dial」に絵師が歓喜?
Microsoftが2016年10月に発表したディスプレイ一体型PC「Surface Studio」。“無重力ヒンジ”をはじめとする本体の機能もさることながら、周辺機器にもきらりと光るものがある。(2016/11/12)

2017年の標準化を目指す
超高速400ギガビットイーサネットがやってくる 未体験の速さがもたらす5つのメリット
400ギガビットイーサネットは最新のデータセンターにどのような利用場面とメリットをもたらすのだろうか。(2016/9/29)

ハイパーコンバージドで見過ごしがちな「リソース税」とは
VDIに最適なのは? 実は違う「ハイパーコンバージド」と「コンバージド」を比較
コンバージドインフラとハイパーコンバージドインフラは、IT部門がVDI展開のパフォーマンスや管理を効率化するのに役立つ。名前は似ているが、アーキテクチャはそれぞれ全く異なる。(2016/7/25)

データセンターのトラブルシューティング5選
速すぎるSSDにシステムが追い付かない? サーバ管理者が取るべき解決策とは
かつてCPUが急速に進化したとき、システム性能のボトルネックとなっていたのはストレージだった。しかし、SSDの登場と進化によって、今やCPUとその接続するバスがボトルネックとなりつつある。(2016/7/19)

光ファイバーは適材適所で
ケーブルを制する者は「10ギガ」ネットワークを制す
ネットワーク技術がどんなに進歩しても、基本となるのは有線ネットワークの知識だ。高速ネットワークを支えるギガビットイーサネット規格の「1000BASE」に加えて、多種多様のバリエーションをそろえる“10G”BASEイーサーネットについても解説する。(2016/7/11)

ハイパーコンバージドインフラが主流になるか
SSDだけではない、2020年までに劇的変化を遂げる“サーバ”未来予想図
サーバアーキテクチャは10年間の集大成として大きな変化が起こっている。サーバパフォーマンスが増強されれば、データセンターがストレージとネットワークにアプローチする方法も変わっていくだろう。(2015/12/28)

物理デスクトップとの比較も今やナンセンス
Adobe、Googleが成功事例 “オンプレミスPC”が不要になる日
仮想デスクトップは、物理的なデスクトップと同等のパフォーマンスを実現しなければ、ユーザーの負担になる。現在では、多くの企業が十分なバックエンドリソースで高速VDI接続を活用している。(2015/11/9)

9つの重要機能をチェック
落とし穴ばかりのNAS購入、SSD対応で後悔しないためには?
NAS製品を確認する場合、購入前に評価すべき重要な機能が多数ある。(2015/10/18)

スケーラビリティはどれも十分
ハイパーコンバージドの主要3製品比較: Nutanix vs. VMware vs. SimpliVity
米SimpliVityや米Nutanix、米VMwareのハイパーコンバージドインフラ製品は、購入前にリソース構成やスケーラビリティを理解する必要がある。(2015/9/10)

NYSE、WSJのシステム停止はなぜ起きた?
今日もまたコンピュータが動かない――その理由と対策
仮想化と自動化のソフトウェアのおかげでシステム障害への対応は迅速に行われるようになったものの、有名企業はいまだにシステム停止の憂き目に遭っている。(2015/8/11)

新人IT担当者のためのネットワーク機器入門・機器選定編【第1回】
より速く、より密に、よりシンプルに 「スイッチ」の進化に3つの潮流
ネットワーク機器の基礎的な技術と機能について説明してきた「新人IT担当者のためのネットワーク機器入門」。今回からは最近の製品トレンドをおさえつつ、機器選定のポイントを説明していきます。(2015/7/30)

新しい購入オプションも追加
知ってるつもりの「EVO:RAIL」、素朴な疑問を解消する
米VMwareは、「VMworld 2014」で発表した「ハイパーコンバージドインフラ」関連製品に早くも調整を加えている。(2015/7/13)

専任チームの設置が理想だが……
セキュリティ業務に週10時間――消耗するネットワーク担当者の実態は
ネットワーク担当者の大半は、1週間に10時間以上をセキュリティ業務に費やしている――このような実態が調査で浮かび上がった。(2015/4/16)

読者調査の結果を識者と読み解く
ネットワーク運用、「次世代」を見据えつつ現在の課題をどう解決するか
企業のネットワークを運用する担当者はこれからどのような課題に向き合っていくことになるのか。TechTargetジャパンの読者調査結果を踏まえつつ、ITRのアナリスト 甲元宏明氏と読み解く。(2015/3/3)

ネットワーク製品導入に関する調査リポート
SDNや無線LANに高い関心、読者調査から読むネットワーク担当者の課題
TechTargetジャパン会員を対象に、「ネットワーク製品の導入に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/2/16)

サーバ仮想化のネットワーク課題はこれで解決
バンダイナムコがネットワーク仮想化を導入「管理工数が3分の1以下に」
サーバ仮想化によってネットワークスイッチには高い耐障害性と拡張性が求められるようになった。だが、高性能なシャーシ型10GbE/40GbEスイッチは高価で導入をためらう。そんな企業に現実的な「解」を紹介する。(2014/12/26)

初めてのサーバ購入【前編】
サーバが高価になるのはそれなりの理由がある
サーバの価格はプロセッサやメモリ、ストレージなどさまざまな構成要素で決まる。用途に合った適切な構成のサーバを適切な価格で購入するには何に気を付ければいいのか。(2014/7/28)

SSDなどの実装で追随へ
比較で分かったRackspaceとAWSの性能差 ギャップは埋まるか?
米RackspaceのIaaSユーザーたちは、同社のデータセンターが増強されたことで、クラウドコンピューティングのパフォーマンスが向上し、AWSとの性能差が埋まると期待している。(2013/12/11)

ベンチャーは主導権を守れるか?
ハイブリッドフラッシュアレイ市場で後れを取った大手ベンダーの逆襲
ここ2、3年に起きたフラッシュストレージの大革命は、ベンチャー企業が中心を担っていた。しかし、この流れが変わり始めたかもしれない。(2013/11/19)

NEWS
企業向けNASシリーズの新モデルを販売開始、フォースメディア
フォースメディアがSAS HDを搭載可能なラックマウント型のNAS製品群「QNAP TurboNASシリーズ」の3機種を販売開始。同時に製品の導入前評価や性能測定などに活用できる検証センターも開設した。(2013/10/31)

業界初のオープンスイッチイニシアチブ「Generation of Open Ethernet」
イーサネットスイッチソフトがオープンソースに、SDNへの影響は?
Mellanoxは業界初のオープンスイッチイニシアチブを発表。同社がOpen Ethernetのフレームワークを提唱することで、SNDを新たな高みへと引き上げ、データセンターの柔軟なコントロールを促進できるのか。(2013/5/22)

40GbEの本格普及には何が必要か(後編)
データセンターの40GbE導入をけん引する、2つの動向
企業での本格導入が進まない40ギガビットイーサネット(GbE)だが、特にネットワークの高速化が求められるデータセンターではその導入を後押しする動きがある。(2013/2/28)

40GbEの本格普及には何が必要か(前編)
Disneyが失敗したネットワークの高速化、その原因とは?
40GbE規格に対応したハードウェアが登場しているものの、企業導入は進んでいない。この規格が広く普及するには、何が必要なのか。ネットワーク高速化に取り組んだDisneyの元技術担当役員はこう分析する。(2013/2/19)

ホワイトペーパーランキング
2012年、データセンター関連で最も読まれたホワイトペーパーはこれだ
10GbEへの移行やNAS、仮想環境やバックアップ環境の改善――。2012年に多く読まれたデータセンター関連のホワイトペーパー上位10本を紹介する。(2013/1/15)

「ストレージI/Oの仮想化」用語集(後)
多ストレージプロトコル間の接続が容易な「仮想I/Oゲートウェイ」
ストレージI/Oの仮想化手法の1つである「仮想I/Oゲートウェイ」は、複数のサーバ間で単一のインタフェースカードを共有でき、接続性やリソースの最適化、将来的なアップグレードの影響を受けないなどのメリットがある。(2012/11/22)

ホワイトペーパーレビュー
手軽で早いネットワーク検査術が分かる3つのホワイトペーパー
ネットワーク機器や接続状態などの検査を効率化する「ネットワークテスト」製品。本稿は、ネットワークテスト製品の効果や製品動向を示した3つのホワイトペーパーを紹介する。(2012/7/26)

処理能力に加え、電力や移行の容易さに注目
失敗しない100ギガビットイーサネットの選び方
製品化が進む40ギガビット/100ギガビットイーサネット。登場したばかりの40ギガビット/100ギガビットイーサネット製品をどう選ぶべきか、その指針を示す。(2012/7/20)

登場から10年、衰えないiSCSI SANのパフォーマンス(後)
1GbEでも十分なスループットを提供するiSCSI SANの先進機能
ファイバーチャネルや10GbEを用意しなくても、iSCSI SANのストレージ連携機能はパフォーマンス、運用コストの両面で顧客ニーズを満たすことが可能だ。採用企業の声を紹介する。(2012/7/2)