TechTargetジャパン

超薄型の太陽電池が誕生するかも
発電する“スマート衣料”でモノのインターネット(IoT)が当たり前になる日
超薄型の炭素原子シート「グラフェン」が、「モノのインターネット」(IoT)などのスマートテクノロジーの可能性を最大限に発揮するためのセンサー用素材として注目を集めている。(2016/3/28)

広がるIoTの可能性
前のめりに取り組みたい「モノのインターネット(Internet of Things)」
航空機エンジンは1回のフライトで1Tバイトのデータを出力する――このような機械データのソースとインターネットとを接続する「モノのインターネット」。実現するには幾つかの課題がある。(2013/9/20)

GE、Pivotal、Amazonが提携を発表
今から注目したい「モノのインターネット(Internet of Things)」のリアル事例
計測機器やセンサーをインターネットに接続する「Internet of Things」を活用する事例が増えている。各社はどう利用し、何を課題に思っているのか。(2013/7/25)

増えてきた活用事例
もはやバズワードではない、「モノのインターネット(Internet of Things)」とは?
各種計測機器やセンサーをインターネットに接続する「Internet of Things」。インターネットを介してあらゆる場所で情報伝達が可能になる未来は近づいているが、物事はそう簡単にはいかないようだ。(2013/6/25)

2020年にはネット接続端末が300億台を超える
GoogleのNest買収は「モノのインターネット(IoT)」への賭け
GoogleによるNest Labs買収の背景には、「モノのインターネット:Internet of Things」に対する大きな期待がある。この動きにより、IoT市場はますます勢いづくことになるだろう。(2014/1/16)

Webブラウザでビル設備を管理
モノのインターネット(IoT)が実現する“スマートビルディング”とは
IT企業は、統合型ビルディングオートメーションシステムの導入や、設備管理の分野におけるモノのインターネット(IoT:Internet of Things)の採用が進めば、ビジネスチャンスが拡大すると期待しているようだ。(2014/2/27)

IoT特性を見据えたリアルタイム処理基盤がポイント
「Internet of Things」実現のためのキーテクノロジーとは?
インターネットに接続された無数のデバイスからのデータを分析し、ビジネスに生かす――Internet of Things(モノのインターネット)が注目されている。どのように実現するか。そのキーテクノロジーを紹介する。(2014/1/22)

ニッチな技術とはもういわせない
AWSが本気を出した「AWS IoT」の実力とは
企業は「モノのインターネット(IoT)」の氷山の一角を見ているにすぎない。米Amazon Web Services(Amazon)は、「Amazon Web Services Internet of Things(AWS IoT)」という新しいクラウドサービスでIoTの潜在能力を引き出すことを計画している。(2015/11/4)

Gartnerが公表
消えゆくデータセンター、「ITトレンド10選」が示す“明と暗”
コンテナやIoT(モノのインターネット)、エッジコンピューティングなどは、今後も大きな存在感を示すトレンドだ。これらの技術がITプロフェッショナルの役割やスキルセットを導いていくだろう。(2017/6/6)

特選プレミアムコンテンツガイド
セキュリティ専門家が震え上がったIoTマルウェア「Mirai」の正体
モノのインターネット(IoT)の取り組みが加速する中、攻撃者はIoTを新たな攻撃の舞台だと捉え、活動を活発化させている。新たな脅威の実態と対策を探る。(2017/3/10)

監視するだけがIoTではない
期待のIoT(モノのインターネット)が思ったほど急速に普及しない理由
センサーやインターネット接続デバイスは一部の業界では、何年も前から活用されている。今まで、IoTはどのような活用され、今後どのように広がるのだろうか。(2016/1/20)

ストレージベンダーの取り組みを見る
「モノのインターネット(IoT)」攻略の鍵は“ビッグブラザー”が握る?
「モノのインターネット」が生み出す膨大なデータが、企業のストレージを圧迫している。ストレージを監視してデータ量を抑制しようというストレージベンダー各社の取り組みはIT部門にとって朗報といえそうだ。(2014/7/22)

クラウドが支える新たなる潮流
「モノのインターネット(IoT)」でも予想されるAmazonとGoogleの衝突
クラウドと「モノのインターネット」のアプリケーション。両者の成長が密接に関係する理由を語ろう。(2014/7/18)

「iPhone」より速く普及の可能性
大胆に未来予測、「モノのインターネット」で過ごす優雅な1日
「モノのインターネット」は一時的な流行ではなく、企業のビジネスを大きく変える可能性を持つ。IoTが普及した社会ではどのような生活を送ることができ、何が課題になるのだろうか。(2014/7/9)

スマートホーム分野で大ヒット
「Amazon Echo」の成功を裏付けたIoT UXデザイン、3つの特徴
IoT(モノのインターネット)デバイスの成功には、優れたユーザーエクスペリエンス(UX)が不可欠だ。プロダクトデザイナーは「Amazon Echo」から3つの重要な教訓を学べる。(2017/2/24)

乱立するIoTプラットフォームの今後は
2017年、IoTはきっとこうなる――5つの大胆予測
2016年は大企業、中小企業共にモノのインターネット(IoT)に対して多くの投資を行った。IoTは今後どうなっていくのだろうか。2017年で起きるであろう5つの事象を予測する。(2017/1/15)

2050年には500億個のモノがネットへ接続
「モノのインターネット」に目の色を変え始めた経営者たち
あらゆるモノをネットにつなげる「モノのインターネット(IoT)」。業務の効率化といったメリットを期待し、IoTに目を付け始めた経営者も少なくない。一方で、普及に当たって越えるべき壁もある。(2014/6/18)

過剰な警告にかえって危機感がマヒ
「またパスワード変更?」、IoTでも“セキュリティ疲れ”が深刻化する理由
モノのインターネット(IoT)が浸透する中、セキュリティ強化を叫ぶ声はますます大きくなっている。しかし、やるべきことが多過ぎてユーザーはかえってセキュリティアップデートに無頓着になっている。(2017/1/30)

特選プレミアムコンテンツガイド
病院経営はIoTと自動化で変わる――先行事例に見る「未来の医療業務」
医療業界でのIoT(モノのインターネット)や自動化技術は、在庫管理や人材の適正配置といった業務効率化だけでなく、院内の位置情報把握や生体情報の遠隔モニタリングといった患者満足度向上においても活躍している。米国の先行事例を紹介する。(2017/1/6)

政府による安易な開発資金援助に懸念
セキュリティ軽視のモノのインターネットを専門家が警告
英国政府が開発資金援助を発表するなど、IT業界から熱い注目が集まるIoT(モノのインターネット)。キャメロン英国首相はIoTのメリットだけを強調するが、リスクを見落としてはならない。(2014/5/8)

対話型で次の段階に行くスマートセキュリティ
Apple、Googleも開発本格化、IoTで家を守る「スマートセキュリティ」とは
IoT(モノのインターネット)の登場により、ホームセキュリティの形が変わりつつある。どのように変わってきているのか紹介する。(2016/12/8)

半導体の需要拡大を見込んだ業界再編
IoT時代到来で半導体業界はどう変わる? 5件の大型買収を振り返る
モノのインターネット(IoT)用のデバイスには、新しいタイプの半導体チップが必要になると予想されることから、半導体業界には企業買収の波が押し寄せている。半導体業界の動向を振り返る。(2016/12/1)

IoTが実現する新しい働き方とは
「新時代のITの模範はApple、Netflix」、CitrixのCEOが語る
米Citrix SystemsのCEOが語る、これからの「モノのインターネット」(Internet of Things、以下”IoT”)と、米Octobluと米Virtual Computerの2社の買収意図とは。(2015/4/27)

IT担当者の働き方すら変える
2020年のITを決定的に変える“もう無視できない10大トレンド”
データセンターとクラウド市場の急速な進化には、ハイブリッドインフラ、モノのインターネット(IoT)、スマート管理など、各種のITトレンドが関係している。こうしたトレンドはIT部門に新たな役割を追加している。(2016/11/1)

電波よりタフなワイヤレス接続
可視光通信がIoTの普及に貢献できる理由
可視光通信(VLC)技術は、「IoT」(モノのインターネット)を製造現場、オフィスビル、学校の教室で利用できるように後押しする。古くからある手法が最新のIoTに貢献できる仕組みを解説する。(2016/11/8)

コネクテッドカーだけではない、その恩恵
5Gが普及をするとあの業界がIoTで得をする仕組み
第5世代移動通信システム(5G)は、転送速度、堅牢なセキュリティ、幅広い帯域幅といった面で、IoT(モノのインターネット)の普及に大きく貢献する……と、彼らが力説する“業界的”な理由があった。(2016/11/1)

Computer Weekly製品導入ガイド
モノのインターネットがもたらす想定外のセキュリティリスク
モノのインターネットで収集されたデータがプライバシー上のリスクになるかもしれない。こうしたデータを守るためのセキュリティ対策を怠れば、深刻な事態を招く恐れがある。(2014/2/20)

IoTで生まれる新たな対応
機械が人間に、人間が機械に? IoTで突きつけられる4つの問い
「モノのインターネット」(IoT)により、生活は便利になり、ビジネスにさまざまな良い効果が生まれている。だが、IoTによって新しく考えなければいけない課題がある。(2016/7/12)

5GHz帯がメリットばかりとは限らない
IoT時代に輝きを取り戻す「2.4GHz無線帯」、世界中で使えて安価
2020年までにIoT(モノのインターネット)市場は爆発的に拡大するだろう。このIoT時代のWi-Fiにふさわしい周波数帯は、実は2.4GHz帯だ。そう結論付ける幾つかの理由がある。(2016/8/1)

攻撃は容易。被害は深刻
専門家が口をそろえる「IoTのセキュリティは難しい」、強化のための3ステップ
モノのインターネット(IoT)のセキュリティを強化するのはとても難しい。しかし、ここに示す「3つのステップ」を実行すればIoT接続機器を守ることができる。(2016/7/21)

輸液ポンプのアラームにイライラすることもなくなる
IoTは患者満足度を高め、治療への主体的な参加を促す――経験者が語るこれだけの理由
医療業界でのIoT(モノのインターネット)は、在庫管理用テクノロジーとしての地位を確立しているが、今や患者満足度の向上でも活躍している。院内の位置情報把握や、生体情報の遠隔モニタリングなどだ。(2016/7/26)

堅牢なインフラを設計するために
フラッシュメモリでIoT分析がやっぱり正解な理由
IoT(モノのインターネット)に寄せられる高い期待に応えるため、クラウドベースの各種サービスが成熟化しつつある。だが、新たな課題も生まれている。(2016/6/9)

さらなるスマートデバイス小型化へ向けて
IoTを新しいステップに導く超薄型素材「グラフェン」の可能性
2004年に発見された超薄型素材「グラフェン」。この素材がITや「IoT」(モノのインターネット)を次の段階に導く可能性がある。(2016/4/4)

最も注意すべきはデータプライバシー
あなたの情報を集める“スマート家電”、ベンダーが陥る罠とは?
IoT(モノのインターネット)に接続する機器を視聴に投入したい企業は目先のビジネスチャンスに目がくらんで、簡単なトラップにあっさりとかかったりする。そんなみじめなことにならない3つのポイントを確認する。(2016/3/18)

特選プレミアムコンテンツガイド
徹底解説:あらゆるモノのつながりが生む「IoT」の新世界
あらゆるモノがインターネットでつながる「モノのインターネット(Internet of Things:IoT)」の世界がすぐそこまで迫っている。新たなビジネスとなる可能性を秘めたIoT の技術、事例、価値を徹底解説する。(2014/6/10)

セキュリティ対策は1回で完結するようなものではない
「ベンチャー気分のIoTは“炎上”する」 専門家が警告するIoTの落とし穴
「IoT(モノのインターネット)のデバイスには早い段階でセキュリティを組み込むべきである。さもないと大変なことになる」――これが「RSA Conference 2016」からのメッセージだ。(2016/3/17)

「相互接続性」「データ活用」が発展の肝に
火災報知器とパジャマが連係――「モノのインターネット」進化の条件
身の回りのあらゆる機器がネットワークへつながる「モノのインターネット」。市場規模は14兆ドル以上に達するとの見方もあるが、現状は発展途上だ。成長の鍵とは何か?(2013/8/20)

ネットワーク、ストレージ、そしてセキュリティ
「IoTの世界へようこそ」なんて言っていられない現実的な課題とは
モノのインターネット(IoT)はユーザーの仕事を効率化すると期待されているが、管理者たちはユーザーが必要とするリソースに、IoTデバイスがどのように影響するか熟考する必要がある。(2015/10/14)

キーワードはIoTやセキュリティだけじゃない
2016年市場予測、スマートフォンは「コンパニオン」になる?
5人の業界専門家は予想する。モノのインターネット(IoT)、モバイルアプリのセキュリティ、そして、そこそこ便利で快適な「黒子のようなコンピューティング」が2016年のコンピュータ業界のキーワードになる、と。(2015/11/27)

21世紀の問題を20世紀の手法で解決しようとしている
「IoT」でスマートシティに再び脚光 立ちふさがる障害と課題とは
「モノのインターネット(IoT)」を利用することで、都市は交通渋滞や資源不足などの問題に容易に対処できるようになる可能性がある。だが構造的な障害と消費者の側に課題が残っている。(2015/7/14)

業界の停滞を専門家が懸念
IoT規格争いで「VHS vs. ベータ」の二の舞? 標準化は可能か
多くのIoT業界関係者は、今もなお「モノのインターネット(IoT)」規格の相互運用性を確保しようと働きかけている。だが、IoT市場は断片化したままであるのが実情だ。(2015/7/13)

IoTに必要なOSの条件
新OS「Windows 10 IoT Core」の謎に迫る どのデバイスで動いて何ができる?
昨今、「IoT」(モノのインターネット)が話題になり、注目されている。IoTを開発するときに必要となる条件とは。また、Windows 10への期待とは。(2015/6/12)

モバイル管理アプリベンダーCTOが語る
企業がウェアラブルデバイスを安心して使える日はいつ来る?
ウェアラブル端末やIoT(モノのインターネット)など、ネットワークにアクセスする新しいモバイル技術が次々と出現する中、企業はどのように対処すべきだろうか。EMMベンダーの幹部に市場のこれからを聞いた。(2015/4/27)

新規参入相次ぐ
次の注目市場「IoT PaaS」とは? ウオッチすべき4社の名前
「モノのインターネット」(IoT)がその潜在能力を発揮するには、クラウドプラットフォームの構成要素が整っていることが条件となる。IoT PaaS市場に最近参入したベンダー4社から、IoTの活性化に役立つ選択肢を探る。(2015/4/19)

マイクロサーバ向けではIntelが優位との意見も
スマホ、タブレットの次はIoTが主戦場、IntelとARMの終わりなき戦い
IoT(モノのインターネット)市場の急成長が見込まれる中、IntelとARMは、ネットワークエッジ用のインフラ機器に搭載されるIoT向けSoC製品で競合する準備を進めている。(2015/4/2)

カギとなるのはIT担当者の「鑑識眼」
「IoT+ウェアラブル」をカッコイイだけで終わらせないビジネス活用のポイント
IoT(モノのインターネット)デバイスは、企業が実用的なデータを生成することに注力しなければ、単なる目新しい試みで終わる可能性がある。(2015/1/19)

モノのインターネットに関する疑問に答える
5分で分かる「IoT」、単なる流行ではないビジネス利用の将来性
「IoT」(モノのインターネット)の出現により、企業のIT担当者はその可能性と対策に関心を寄せていることだろう。本稿では、IoTに関する基本的な疑問に答える。(2014/9/19)

「IoTは大きな将来性を秘めている」
ARMチップ共同設計者ファーバー氏、チップ業界のイノベーションを語る
ARMチップの共同設計者、スティーヴン・ファーバー氏がComputer Weeklyのインタビューに応じた。彼が見るモノのインターネットの展望とチップ業界の現状とは?(2014/3/3)

徹底入門:モノのインターネット(IoT)で変わるICTの世界観【第3回】
IoTを支える技術と業界構造を整理する
センサー技術や通信技術、情報処理システムなど、モノのインターネット(IoT)を支える技術は多岐にわたる。今回はIoTに関連する技術や業界がどのような構造になっているかを考察する。(2014/3/31)

徹底入門:モノのインターネット(IoT)で変わるICTの世界観【第2回】
データの海に溺れない IoT時代に求められるビッグデータ活用の在り方
「モノのインターネット」(IoT)が浸透することで、ビッグデータの本格的な活用が始まる。IoT時代には、どういったデータ分析やアナリティクスが求められるのか。また、増大するリスクを考慮する必要がある。(2014/2/27)

Loading