2009年06月02日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS“シャーシ型より7割お得”な高密度10Gスイッチ「Apresia」、基幹向けに発売

企業データセンター向けに、10Gイーサネットを24ポート装備した高密度ボックス型スイッチを8月に発売する。シャーシ型よりも導入コストを大幅に抑えたのが特徴。

[TechTargetジャパン]

 日立電線は6月1日、10Gbpsイーサネット(10GbE)対応レイヤー2コアスイッチ「Apresia 13000-X24-PSR」「Apresia 13100-48X-PSR」を発表した。8月末より販売を開始する。ボックス型ながら10GbEインタフェースのポート密度を高めることで、企業データセンターでの需要を掘り起こす。

 今回発表されたのは10GbE×24ポート装備のモデル(X24-PSR)と10GbE×4/1GbE×44ポート装備のモデル(48X-PSR)。同社によると、ボックス型で10GbEの高密度ポートを備えたのは国産製品としては初だという。

画像 Apresia 13000-X24-PSR。データセンターにおけるサーバ集約化に伴うトラフィック増、サーバ・NASUTM(統合脅威管理)などの機器における高速イーサネットインタフェースの実装といった10GbEへのニーズに応える

 いずれもXENPAK(着脱可能な10GbE用接続モジュールインタフェース)よりも小型で電力使用効率の良いSFP+ポートを採用。コネクタ形状が従来のSFPと同様のため、部分的に10GbEに移行するといった1GbEとの混在ネットワークの構築が容易である。また、信号変換を行う光トランシーバ一体型の専用銅ケーブルを使うことにより、トランシーバを別途必要とする10GBASE-CX4よりも低コストかつ手軽にラック間/ラック内の接続が可能。本体の空冷機構は前面吸気・背面排気とし、サーバラックでの利用に最適化した。基幹向けにもボックス型を複数配置する運用を前提としているが、機器の統合管理機能などは備えていない。

 基本構成での価格は、X24-PSRが260万円、48X-PSRが160万円から(いずれも税別)。ソフトウェアキーライセンス(30万円)を購入すればそのままでレイヤー3機能が利用可能になる。同じポート密度のシャーシ型スイッチと比較して、「70%程度のコスト削減効果がある」(ネットワークエンジニアリングセンタ副センタ長の末永正彦氏)。「10GbEは導入コストが高い」との企業ユーザーの意見が多かったため、シンプルなボックス型の仕様で低価格化を図ったという。

関連ホワイトペーパー

ギガビットイーサネット | データセンター | UTM | NAS


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...