TechTargetジャパン

レポート
徹底コスト比較 ECMにおけるオープンソースのコストメリット
 エンタープライズコンテンツ管理(ECM)はライセンス費用が高価であり、横展開や規模拡大には非常にコストが掛かると考えられている。さらにその構成には高価なハードウェア、ソフトウェアを含むことも珍しくない。 また、ECMの価格モデルは複雑であり、顧客は数千もの...(2009/2/17 提供:株式会社イージフ)

製品資料
コンテンツ管理の4大課題をまとめて解決する、ECMの理想形とは?
 企業内で作成、取得した大量のデータを統合的に管理するためのフレームワーク、いわゆる「ECM(エンタープライズコンテンツ管理)」の重要性はこれまで何度も叫ばれてきた。しかし、これまでのコンテンツ管理には大きく4つの課題があった。それは「コンプライアンス準拠...(2013/5/28 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
ECMの効用と限界を説く ―企業競争力の源泉となる、マルチメディアデータを捨てていないか?―
 端末の多様化とマルチユース化の時代に突入した現在。 企業内で扱う動画や静止画、音声データなどのマルチメディアコンテンツは非構造化情報と言われ、近年爆発的に増加している。この非構造化情報の活用が企業競争力の鍵となる。 企業内の効率的なコンテンツ管理を目...(2011/10/17 提供:パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

事例
NASAラングレー研究所の20万件を超える文書のスムーズな移行を可能にしたECMとは
 NASA最古の研究機関であるNASAラングレー研究所は、米国防総省や企業から年間数百件に及ぶ依頼を受け、航空、航空音響などの試験研究を行っている。これらの研究は、エンジニア、研究者、技術者、マネージャー、クライアントで構成されたチームで行い、共同で試験結果の...(2014/3/6 提供:アルフレスコ・ジャパン株式会社)

レポート
なぜ従来のCRMでは「顧客に期待以上の特別な経験」を提供できないのか?
 従来のCRMシステムは、顧客に情報を伝達する手段やチャネル、その情報を管理するための組織やプロセス、技術について部門間で連携を取っていないために、一貫性のない体験を顧客に提供していた。「店舗で商品を見る」「Webサイトで情報を閲覧する」「コンタクトセンター...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
アクセス集中による応答時間の遅延を解消、拡張性と運用コスト削減を両立するサーバ選び
 香港を拠点に展開するSLLIN Consultantsが提供する音楽ストリーミングアプリ「Hands in the Air(HITA)」は、x86サーバ上のLinux環境で運用されていた。しかし、同時接続ユーザーが300を超えるとシステムが対応できなくなり、許容できないレベルまで応答時間が長くなる...(2016/3/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
完全にセキュアなシステムを実現する真性乱数生成器(TRNG)
本稿では、まず現実世界に存在する各種エントロピー源を利用した従来の真性乱数生成器(TRNG)と、それに対する物理的、統計的、電子的な攻撃手法についてご説明します。次に、より脆弱性の少ない(つまり、より真性乱数に近い)乱数を生成する新しい方法、そしてこれを標...(2016/3/7 提供:日本シノプシス合同会社)

講演資料
IoTから価値を導くための分析プラットフォームと、支える技術
 IoTでは、分析以前にデータの準備が肝心だ。例えば、銀行の顧客分析の場合、職業・年齢など個人の属性だけでなく、世帯構成員の収入・資産や相続関係も含めて立体的に分析できる情報が重要となる。こうしたデータ準備(Data Preparation)の段階では、その関係性や意味...(2015/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウド時代のエンタープライズサーチ・文書管理・ECMに足りないものとは?
昨今注目を集めるエンタープライズサーチやECM(エンタープライズコンテンツマネジメント)、そして多数の企業で導入されている文書管理システム。しかしこうしたシステムを導入するだけでは、情報共有は進まない。また情報共有を進めることは、情報漏えいなどのセキュリ...(2009/12/1 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

技術文書
個別受注生産型の企業がリードタイムを短縮する4つのポイント
 日本の製造業はグローバルな競争にさらされている。そのなかで受注生産品の商談の場合、発注から納入までのリードタイムが、発注先選定のポイントになる場合が多い。 たとえばヨーロッパの顧客の商談で、日本の製造業が国内で製造するケースと、ヨーロッパのローカルベ...(2015/11/4 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「CeBIT 2016」はスタートアップ企業に特典多数、世界最大の商談展示会でチャンスをつかむ
 ITビジネスに特化した世界最大のB2B専門展示会「CeBIT」は毎年開催されており、前回の「CeBIT 2015」では70カ国から約3300社が参加した。同イベントはドイツ首相も会場を訪問する重要な展示会で、来場者数は約100カ国から22万1000人、そのうち90%が業界関係者であり、3...(2015/10/20 提供:一般社団法人日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部)

レポート
誰でも分かる「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威は、かつてないほど急速な広がりを見せている。次第にその標的が「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及びはじめ、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護でき...(2015/10/15 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

技術文書
x86サーバからPower Systemsへ、 Linuxアプリケーションやワークロードの高速化が実現
 OSを任意に組み合わせて稼働する「IBM Power Systems」は、仮想化ソリューション「IBM PowerVM」も統合して、優れた拡張性、柔軟性、堅牢性を実現している。Power Systemsは全てのモデルでLinuxが稼働するが、2012年に発表されたLinux専用サーバは、ビッグデータアナリ...(2015/7/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
理想の文書管理はファイルサーバの徹底活用から
 日々増え続ける文書情報の活用に文書管理システムを導入する企業も多いが、課題も残る。1つは文書管理システム活用が軌道に乗らない、もしくは貯蔵庫になっている点。もう1つは、ファイルサーバが整理されずに存在する点だ。 この2つの課題の共通点は、ファイルサーバ...(2013/12/16 提供:古河インフォメーション・テクノロジー株式会社)

製品資料
ビッグデータ分析の本当のメリットを引き出すアプローチとは?
 ビッグデータの本当のメリットは、従来のトランザクションデータと新しいカテゴリーのデータを統合することで得られる。従来のトランザクションデータはもともと構造化されており、分析が容易なデータだといえる。しかし、Webサイトの訪問記録、ATMやキオスク端末の利用...(2015/6/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
BPMの教科書──基本からソーシャル機能を取り込んだ最新手法まで
 BPM(ビジネスプロセスマネジメント)は、古くて新しい経営改善の手法だ。以前から企業は業務プロセス、つまり仕事の手順の改善に取り組んできた。しかし組織が巨大化し、ビジネスの多様化が進み、財務会計のルールが複雑化するにつれ、業務プロセスの改善はプロジェク...(2015/4/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ビジネス利用のファイル管理ツールに欠かせない10のポイント
 現在、世界で最も人気のあるファイル管理システムはGoogle DocsやDropboxなどの共有ドライブだろう。これらのサービスは文書の共有を簡単にはしたが、あくまでファイルを保存する1つの方法にすぎない。企業のビジネスユースに適したファイル管理システムは、文書だけで...(2014/6/25 提供:アルフレスコ・ジャパン株式会社)

レポート
「モノのインターネット」のセキュリティ、どう確保する?
 昨今、ITセキュリティの新たな課題となっているのが「モノのインターネット」に関するセキュリティリスクだ。インターネットに接続した「モノ」は2013年の99億から2020年には300億に増加するという予測がある。セキュアな開発が行われていない黎明期のデバイスは、PCや...(2015/2/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
【DevOpsガイドブック】DevOpsにまつわる、ありがちな「10の誤解」
 「DevOps(Development and Operations: 開発と運用)」が、トレンドキーワードであることは間違いない。だが、他の新しいアプローチ同様、誰もが口にするけれど、全員が理解しているわけではないのが現状だ。本資料は米WileyによるDevOpsをビジネス中心のアプローチで...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
効果的なアプリケーションライフサイクル管理(ALM)のための5大原則
 今日のシステムとアプリケーションは相互に接続されており、ビルド、検証、管理に手間が掛かる。特にソフトウェア開発の場合は、開発チームが世界中に分散し、プラットフォームが統一されていないことが多く、問題はさらに複雑だ。 ソフトウェアデリバリーを迅速化する...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
中小企業が直面するデータ損失の危機回避策
 急速なデータ増によりデータ保護の課題に直面しているのは、大企業ばかりではない。顧客も法規制も、企業規模の大小に関わらず、データは安全な状態で管理されていることを期待している。だが、予算やスタッフが限られる中小企業では、IT専門家の不足や、手動で行うバッ...(2014/11/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
BRMS/CEP統合製品を機能からコストまで徹底比較
 テクノロジーやビジネス環境の変化が速い今日、ビジネスソリューションの構築と保守の役割が技術部門からビジネス部門に移行しつつある。このような状況で導入が増えているのがビジネスルール管理システム(BRMS)と複合イベント処理(CEP)だ。ビジネス部門はBRMSを使...(2014/8/22 提供:レッドハット株式会社)

比較資料
ミドルウェア統合ソリューションに不可欠な統合バス(ESB)を選ぶポイントとは
 企業全体のシステムを統合し、データを共有するのがデータセンターに求められる一般的なニーズだ。このような統合ソリューションの要件はそれぞれ大きく異なり、使用されるテクノロジーもさまざまだ。ミドルウェア統合ソリューションの中には、大規模なサービス指向アー...(2014/8/22 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
コンテンツ管理の要素を理解しよう──ECMの低コスト開発
 文書とコンテンツに関する情報(非構造化情報)をビジネスプロセスと統合して管理するエンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソリューション。ECMソリューションは、契約書、設計図書、仕様書などのコンテンツを作成から利用・保管にわたり、ミッションクリティカルな業...(2009/2/25 提供:EMCジャパン株式会社)

講演資料
今すぐスタート! モバイルデバイス管理が変化するワークスタイルを強力にサポート
 モバイルデバイスの普及により、ワークスタイルの変革が迫られている。業務アプリケーションのモバイル対応が加速し、デバイス上の機密データの利用と保護に求められる要求はますます厳しくなっている。また、BYOD(私物端末の業務利用)を検討するケースも増加し、個人...(2014/5/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ビジネス・リーダーが示す“これからのクラウド戦略”とは
 クラウドのメリットはコスト削減と効率アップだけではない。ビジネス・リーダーは、クラウドのメリットは成長を加速させることにあるとすでに認識している。本資料は、802人のクラウドの意思決定者とユーザーを対象にクラウドの使用状況について行った調査をまとめたも...(2014/4/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
DCモータ・ドライバの基本と選び方って?
DCモータをこれから勉強したいエンジニアや、おさらいしたい方必見のコンテンツ。知っておきたいDCモータ・ドライバの長所や短所、用途に合ったモータの選び方をわかりやすく解説する。(2014/4/1 提供:オン・セミコンダクター)

製品資料
基幹システムの遅延対策 “応急手段”で終わらせない最適解とは
 基幹アプリケーションの動作確保は、業績拡大か縮小かの分け目となる大きなポイントとなる。そしてレスポンス時間の短縮と高速化は、あらゆるクリティカルなアプリケーションにおいて共通のニーズであり、ビジネスの存続に関わる重要なポイントだ。 システム遅延時間に...(2014/1/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ストレージ容量が30分の1に? ビッグデータを賢く保護する「バックアップ統合」の実力とは
 大量かつ多様なデータであるビッグデータ。活用だけでなく、その保存・保護も複雑化し、課題となっている。データ量の増大ももちろんだが、メールサーバから仮想マシンまで、データソースの多様化に対処できるデータ保護のインフラが必要になる。限られたインフラを効率...(2013/9/17 提供:EMCジャパン株式会社)

事例
グローバルかつ金融機関でも耐え得るオープンソースの文書管理とは?
 オープンソースを活用すると言う事は、当たり前の時代がやってきた。本当に必要な事は、機能、要件、価格がマッチするのか?サポートはどうなのか?事例はあるのか?である。その回答を、本ホワイトペーパーでご提供したい。 ALFRESCOは、構造化されていない情報を管理...(2013/7/31 提供:アルフレスコ・ジャパン株式会社)

Loading