2009年02月20日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS製造業向けGLOVIA smart新製品は、「ありそうでなかった物」

富士通が中堅製造業向け成果物(図面・各種文書)活用ソリューションを発表。

[中澤 勇,TechTargetジャパン]
photo GLOVIA smartビジネス推進部 担当部長 大澤 尚氏

 「『GLOVIA smart製造 ECM』は、これまで“ありそうでなかった物”。基幹システムではなく、基幹システムを補完するツール」

 富士通 中堅ソリューション事業本部 GLOVIA smartビジネス推進部 担当部長の大澤 尚氏は、新製品をこう表現した。

 富士通が2009年2月19日に発表した「GLOVIA smart製造 ECM(Engineering Content Management)」(以下、ECM)は、同社の製造業向けERPソリューション群「GLOVIA smart製造」の1つとして位置付けられる。

photo GLOVIA smartの商品体系

 既存のERPパッケージ製品が構造化されたデータを扱うのに対し、ECMはそれ以外の非構造化データを一元的に管理する。具体的には、企業内に点在する図面(CADデータや紙)や注文書・見積書、Officeアプリケーション文書などの成果物を取り込み、それらを部品表にひも付けて親子関係で管理し、すべての部門から参照できるようにする。つまり、製造業が従来行ってきた「図面目録」を実現するものだという。これにより、部門間で個別に行っていたやりとりをECMに統合でき、必要なときに必要な情報が得られるようになる。

photo 構造化データにできなかった部門間の個別のやりとりを、ECMで一元化

 また、ECMは同社の中堅製造業向け生産管理ソリューション「GLOVIA smart製造 PRONES」(以下、PRONES)との連携が可能。ECMで管理していたデータをPRONESに渡したり、PRONESで行った変更をECMで確認できる。

photo ECM活用例。図面をTIFF画像化して登録し、各部門から参照できるように《クリックで拡大》
photo ECM活用例。ECMで管理している部品リストを生産管理システムに反映。調達部門から製造部門までの情報の流れを一元化できる

 ECMの動作環境は、サーバがWindows Server 2003+Oracle Database 10gで、クライアントがWindows 2000 Professional/XP/Vista+Internet Explorer 6以上。ターゲットは、年商30億〜300億円のアセンブリ(組み立て)製造業で、パッケージ価格は140万円(税別、基本+10クライアントライセンス付き)。

関連ホワイトペーパー

製造業 | 富士通 | ERP | Windows Server | CAD | 生産管理 | 在庫管理 | PLM


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...