日本オラクル、保守部品の在庫削減を支援する製造業向け新アプリケーションNEWS

買収したDemantraの需要予測エンジンを活用した「Oracle Service Parts Planning」を販売。需要予測と補充計画で保守部品の在庫削減を実現し、製造業における保守サービス業務を支援する。

2008年07月29日 16時39分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本オラクルは7月29日、保守部品の計画を支援する新アプリケーション「Oracle Service Parts Planning」の提供を開始した。

 Oracle Service Parts Planningは、製品・設備の保守サポートに必要となる部品の需要予測、補充や分配を計画するための製造業向けアプリケーション。米Oracleが2006年に買収したDemantraの需要予測エンジンを活用している。サービス部品の需要予測機能はもちろん、全社レベルでの部品在庫情報を可視化するサービス部品補充計画機能や、サービス計画担当者向けの専用ダッシュボードといったサービスプランナーワークベンチ機能を搭載する。特に製造業の保守サービス業務を支援するツールとして、最適な需要予測に基づく保守部品補充計画を立案することにより、部品の在庫削減を可能にする。

 さらに「Oracle E-business Suite」と連携活用することで、サービス部品に関する販売、購買や在庫業務の標準化や迅速化が可能になるとしている。

関連ホワイトペーパー

Oracle(オラクル) | 製造業 | SCM | 業務プロセス


ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。