富士通、設計作業を効率化するCADデータ管理PDMソフトウェアの新製品を発売NEWS

「PLEMIA」の新製品として、「AutoCAD」との連携を強化した「PLEMIA/EDM 図面管理オプション」およびAutoCADの類似図面の形状検索が可能な「PLEMIA/EDM VisualSearchオプション」を開発、販売を開始

2007年12月07日 19時47分 公開
[TechTarget]

 富士通は12月7日、CADデータを管理するPDM(Product Data Management:製品情報管理)ソフトウェア「PLEMIA」のオプション製品として、2D CADソフトウェア「AutoCAD」との連携を強化した「PLEMIA/EDM 図面管理オプション」(以下、図面管理オプション)およびAutoCADの類似図面の形状検索が可能な「PLEMIA/EDM VisualSearchオプション」(以下、VisualSearchオプション)の販売を開始した。

 図面管理オプションは、PLEMIAの図面表題欄またはAutoCADの図面のいずれかに図面の番号や名称、作成者、部品番号・名称などの情報を入力すると、自動的に相互に反映させるオプション製品。一度の入力でCADデータ管理システムと図面とのデータの整合性が取れるため、データ入力作業を軽減できるとともに、入力ミスを防止できるとしている。

 VisualSearchオプションは、検索したい図形のイメージを入力するだけで、PLEMIAに登録しているAutoCADの図面から類似した2次元図面を直接検索できる。

 価格は、図面管理オプションが60万円から、VisualSearchオプションが25万円から(ともに10ネットワークライセンス)。

関連ホワイトペーパー

富士通 | CAD | 検索 | 業務改善


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...