2009年09月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ホワイトペーパーレビュー「エンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)」が分かる4つのホワイトペーパー

ECMを実現するには、その範囲によって選ぶべきツールが変わってくる。単純な文書の電子化から大規模な文書管理システムの構築まで、自社の課題や求めるシステムを明らかにする上で参考にしたいホワイトペーパーを紹介する。

[納富友三,TechTargetジャパン]

自社の文書環境を把握して、電子化へのステップを学ぶ

「文書の電子化でオフィスのコストを削減。その基本的な考え方と実践ステップを知る」

画像 提供:富士ゼロックス

 いまだ多くの企業で課題となっている文書の電子化。しかし、いざ電子化するといっても、組織的に行うためにはそのステップが重要だ。また、それを実現するためのプラットフォームの選定も重要になる。

 本ホワイトペーパーでは、紙文書の特性と電子化のステップを解説。紙文書の電子化は、印刷コストの削減や保管場所の削減といった目に見える効果はもちろんだが、それ以外にもさまざまな効果がある。作成・伝達・保管・破棄といった「ライフサイクル」全体を見て、電子化の検討を進めるべきだと主張している。

 まずは本ホワイトペーパーの簡易チェックシートを利用して、自社の文書環境の現状を見直してみよう。

文書の電子化に関連するホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news130.jpg

広告事業に特化したRPA導入コンサルティングサービス、イー・ガーディアンが提供開始
イー・ガーディアンは、広告の入出稿に関わるランニングコストを人×RPAの力で大幅削減す...

news064.jpg

地方の訪日外国人観光客誘致、80%以上が対応――訪日ラボ調べ
訪日外国人の興味関心が地方都市へと広がる中、受け入れ側の対応はどのような状況なので...

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...