TechTargetジャパン

レポート
「Office」とは違うオフィススイートの1つの選択肢、オープンソース製品の実力とは
 これまでMicrosoftの「Office 2013」をコストの問題で受け入れられなかった企業の中に、安価かつ生産性を向上できる他のオフィススイートを検討する動きがある。こうした企業の多くにとって有力な選択肢となるのは「Office 365」である。Office 365はOffice 2013と比べ...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

レポート
「Office」とは違うオフィススイートの1つの選択肢、オープンソース製品の実力とは
 これまで米Microsoftの「Office 2013」をコストの問題で受け入れられなかった企業の中に、安価かつ生産性を向上できる他のオフィススイートを検討する動きがある。こうした企業の多くにとって有力な選択肢となるのは「Office 365」である。Office 365はOffice 2013と比...(2015/9/10 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ?
 クラウドベースの企業向けオフィススイート「G Suite」の改良を重ねるGoogle。2017年5月にはIT管理者向けのアプリケーションパッケージ「Chrome Enterprise Bundle」をリリースし、Webブラウザ「Chrome」の管理機能を強化している。また2017年には新しいフィッシング攻...(2017/9/5 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決
 クラウド型オフィススイートの普及やモバイルワークの拡大などに見られるように、ビジネスにおけるインターネット利用はさらに高度化し、規模も拡大している。その中では、Web通信の常時SSL化といったセキュリティのトレンドも生まれているが、ネットワーク管理者の課題...(2017/10/16 提供:株式会社ネットワールド)

レポート
Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは
 Microsoftは、2種類のオフィススイートを提供している。1つはパッケージ版の「Office 2016」で、もう1つはクラウド版の「Office 365」だ。これらのオフィススイートから入手できるアプリケーションはほとんど変わらないが、Office 2016とOffice 365は果たしてどのような...(2017/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説
 SaaSで提供されるサービスが充実し、企業の利用が拡大している。一方で、電子メール、オフィススイート、ファイル共有、顧客管理、勤怠管理などの用途ごとに異なるクラウドサービスの利用が増えており、新たな課題を生んでいる。 その最たる課題がセキュリティだ。例え...(2017/10/20 提供:サイバネットシステム株式会社)

レポート
フラッシュ導入で期待通りの点と期待外れの点は? 1000人に聞いた実際の効果
 多くの企業が大きな期待を持って導入を進めるフラッシュストレージ。導入後の“驚き”には、メリットもあればデメリットもある。実際に導入した企業にとって、期待通りだった点、期待外れだった点、何も変わらなかった点とはどのようなものか。これらを確かめるべく、IT...(2017/9/5 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション”
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2017/3/2 提供:KDDI株式会社)

製品資料
Office 365活用術:Box連携で業務生産性とセキュリティを同時に向上させる
 現在、多くの企業が「業務生産性の向上」と「セキュリティの強化」という、相反しがちな2つの目標に取り組んでいる。しかし、従来のオンプレミス型製品は、近年のビジネスに欠かせないコラボレーション機能などの面で制限があり、生産性が阻害される。 また、クラウド...(2017/3/14 提供:株式会社Box Japan)

Webキャスト
Office 365とBoxの統合で課題解決〜フレクストロニクスがOneDriveをやめた理由
 クラウド型オフィススイートの「Office 365」を導入する場合、クラウドストレージとして「OneDrive」を利用することは当然と多くのユーザーが考えている。しかし、異なるクラウドストレージと連携させることで、業務上の課題を解消した企業もある。 世界35カ国で事業を...(2017/3/14 提供:株式会社Box Japan)

レポート
ついに固定電話と融合、「Skype for Business Online」が実現するUC環境
 2011年10月にMicrosoftはSkypeを買収した。これにより「Skype for Business」を同社の主要UC製品にすることに成功した。そして「Skype for Business」は、オフィススイート「Office 365」と統合することで新機能を追加し、世界のあらゆる規模の企業に適した製品になりつ...(2017/1/12 提供:アイティメディア株式会社)

事例
3拠点にまたがるVDI環境を安定稼働、日本女子体育大学のオールフラッシュ活用法
 日本女子体育大学では、長年IT教育の強化を進めてきたが、サーバ数の増大による設置スペースの問題にぶつかっていた。そこで2008年から、システムを集約化するため仮想化環境への移行プロジェクトを開始。同時に、セキュリティ対策など管理性の強化も考慮し、クライアン...(2017/10/6 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

製品資料
サイトもアプリも、IoT時代のサービス開発を高速化できるWebプラットフォーム
 昨今のスマートフォンの普及によって、Webサービスの開発では、Webサイトだけでなくスマホアプリも含めたあらゆるデバイスへの対応が重要になっている。一方で、多様化するデバイスへの対応は、開発工数やコストの増大といった形で、開発者や経営者の大きな負担となって...(2017/9/25 提供:株式会社ニューロベイス)

事例
顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤
 顧客の趣味、好み、行動などの情報を戦略的に取得、一元管理して、それを分析することは非常に多くのメリットがある。例えば、分析データをデジタルマーケティング基盤として利用することで、マーケティング施策を最適化したり、顧客の趣味・好みに合わせたサービスを展...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

製品資料
急増するデータに高性能はいらない? 低予算時代に選びたい多目的ストレージ
 オフィスツールの高性能化とモバイル化、IoT/ビッグデータ/AI活用の進展、さらにはDR(災害復旧)に対する意識の高まりなどによって、企業の扱うデータ量は増える一方だ。しかし、それに対応できる十分な予算が用意されることはほとんどない。 この課題を解決するた...(2016/7/7 提供:クラウディアン株式会社)

レポート
一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?
 Microsoftのクラウド版グループウェア「Office 365」に含まれているユニファイドコミュニケーション(UC)サービスとCisco SystemsのUCサービスが市場シェアの大半を占めている。 2社のサービスの大きな違いで挙げられるのがコストだ。Office 365のUCサービスを利用す...(2017/4/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
「Slack」に挑む2つのサービス、ビジネスチャットの進化の行方とは
 企業内でのコミュニケーションは従来、メールが一般的に使われていた。しかし社内メールを作成する手間や、メールが埋もれてしまい目的のメールが探しにくいなどさまざまな問題が浮上している。そこで注目されているのが、使い心地がコンシューマー製品に近く、コミュニ...(2017/3/17 提供:KDDI株式会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2016/3/31 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
エンジニアのための「履歴書」「職務経歴書」の書き方
 キャリア/中途採用の応募書類といえば、「履歴書」と「職務経歴書」です。 この履歴書と職務経歴書ですが、エンジニアの皆さんはどのような目的で作成されていますでしょうか?・企業へ応募するために必要だから?・自分をPRするためのプレゼン資料? もちろん企業へ...(2016/11/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「ゲームをやらないから必要ない」という人こそチェックしたい「GPU仮想化」
 GPU(Graphics Processor Unit)は、ビジネスユーザーには依然としてなじみの薄い半導体のようだ。3Dゲームを快適に動かすためにグラフィック描画演算「だけ」に特化したプロセッサと考えている企業ユーザーも多いだろう。 しかし、GPUの役割は大きく変わろうとしてい...(2016/10/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「Office 2013」 vs. 「Office 365」
 場所やデバイスを選ばずどこでも使えると熱い視線が注がれている「Office 365」。だが、そのメリットはSaaSであるというだけにとどまらない。ライセンス形態やその他さまざまな面で比較してなお、オンプレミス版にはない魅力を備えている。 一方、クラウドの認知度は高...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

レポート
どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か
 あるときは月額料金制の「Microsoft Office」、あるときはクラウドメールサーバと、いろいろな顔を持つ「Office 365」。しかし、さまざまな顔を持つため「『Office 365』とは何で、どのようなことに使えるの」と疑問に持つかもしれません。そして、ITにある程度詳しくて...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

事例
契約書・写真添付メールの消失を解決、JUST Officeを採用した理由
 メールの保存容量の制限によるトラブルから、社内PC150台のメールソフトの入れ替えと、業務効率向上のためにPDF編集ソフトの導入を検討していた九州リースサービス。Microsoft Office 2007のライセンスを有していた同社は、当初、ジャストシステムの「Shuriken」と「JUS...(2015/6/22 提供:株式会社ジャストシステム)

技術文書
スプレッドシートでは実現できない5つの要求管理──不適切な要求管理がプロジェクトを失敗に導くわけ
 ソフトウェアの開発・運用の現場において、「要求管理」に不備があればチーム同士の連携は取れず、時間は無駄になり、コストは跳ね上がり、顧客は不満を抱くことになりかねない。しかし、ビジネス、顧客、製品に対する要求の追跡にドキュメント、スプレッドシート、電子...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ワークスタイル変革の鍵は「クライアント仮想化」、変革に必要なその役割とは?
 企業のグローバル化が、国内外の上下のコミュニケーションだけでなく、対等で部署・会社を超えた横に広がるコミュニケーションにより仕事を進めるケースが増えている。また、少子高齢化により今後は就労人口減少が予想されている。企業は労働力不足を補うため、高齢者...(2015/7/13 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

事例
新聞社が選んだMicrosoft Office互換ソフトJUST Office、その選定ポイントとは?
 Officeソフトのアップグレード時に問題となるのが、新しいインタフェースやファイル形式の変更に伴う混乱や機能の習熟だ。 福島民友新聞社は、かつてMicrosoft Office 2003から2007への移行時に、UIの大幅な変更で社内の混乱を経験しており、Microsoft Office互換ソフ...(2015/6/22 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
多摩市立愛和小学校が利用するiPadアプリ/Webサービス一覧表
 「学校を『新しい時代と技術を教えてくれるところ』に変えたい」――。多摩市立愛和小学校(東京都)の松田 孝校長は、IT活用教育に込めた思いをこう語る。米Appleのタブレット「iPad」の1人1台環境やプログラミング教育の推進など、同校がIT活用教育に積極的に取り組む...(2015/2/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
中堅・中小企業のための「Office 365 をスムーズに低コストで導入/運用する方法」
 マイクロソフトが提供するクラウド型グループウェアサービス「Microsoft Office 365 」。常に最新のオフィスソフトの利用が可能であり、モバイルPCやパッド/スマートフォンで場所を選ばずメールやスケジュールが確認でき、グループ内での共有文書編集など利便性や...(2013/6/7 提供:NECフィールディング株式会社)

レポート
この1冊で全てが分かる 「Surface Pro 3」の実力を徹底検証
 米Microsoftの「Surface Pro 3」は、タブレットでありながら外部キーボードを取り付ければ、ノートPC並みの生産性を発揮することができる。タブレットの優れた可搬性とノートPCの高い生産性を兼ね備えたその特徴から、特に企業ユーザーから大きな注目を集めている。 そ...(2014/10/30 提供:アイティメディア株式会社)

Loading