TechTargetジャパン

技術文書
ILM(情報ライフサイクル管理)が抱える問題を解決するには?
 コスト削減を目的とした、階層型ストレージ管理(HSM)、ストレージリソース管理(SRM)、情報ライフサイクル管理(ILM)が、実際には複数の異なるアレイの導入で、ソフトウェア、サービス、メンテナンスなどの運用コストで思わぬ高価な出費になったことはないだろうか...(2009/2/24 提供:Pillar Data Systems)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
予算内でストレージを最大限に活用する方法
企業ITの中で重要度が高まり続けるストレージ環境。本製品導入ガイドは、ストレージの投資対効果を最大化するヒントとなる3つの記事で構成されている。まずは、米Forresterのアナリストによるストレージの各種トレンド解説と、テーマごとのアドバイス。これで、ストレージ...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
基礎から解説、フラッシュストレージ選び「5つのポイント」
 大量のI/Oが発生するアプリケーションの高速化や、大規模なバックアップの時間短縮などの効果が期待されるフラッシュストレージ。消費電力や設置スペースの削減といったメリットもあることから、HDDとのハイブリッド製品やオールフラッシュ製品への移行が進んでいる。 ...(2016/7/7 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
EMC Symmetrix V-Maxが実現するOracleデータベースのILM環境
 機能拡張されたEMCの仮想LUNテクノロジーを使用することにより、ホストおよびOracleデータベースを停止することなく、ストレージ・デバイスのデータ(ホストLUN)をSymmetrix V-Maxストレージ・システム内で移動することが可能となる。この機能により、EFD(エンタープ...(2009/6/1 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
ストレージ運用管理者が今さら聞けない「フラッシュ活用5つの秘策」
 HDDを大幅に上回るスピードと信頼性、大量のI/Oが発生するエンタープライズアプリケーションの実行環境におけるパフォーマンス最適化の技術として注目が集まるフラッシュテクノロジー。導入に際しては、自社のビジネスに最適なパフォーマンスと効率、コスト優位性を持っ...(2015/4/10 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
仮想環境導入時の落とし穴は熟練パートナーとの提携で回避する
 コスト削減と効率化向上を実現する目的から、ここ数年仮想化は企業にとって重要度の高いITプロジェクトだった。だが、仮想化の実装、サポート、管理の難解さ、中でも導入環境の規模が大きくなったり、影響を受けるデータセンターの領域が増えたりした場合は、業務知識と...(2014/6/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ストレージの利用状況に関する読者調査結果リポート(2013年5月)
目的:企業のストレージ利用状況を確認するため方法:Webによるアンケート調査対象:TechTargetジャパン会員調査期間:2013年5月20日(月)〜6月23日(日)総回答数:257件※回答の比率(%)は小数点第2位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100.0%にならない場...(2013/7/18 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
読めば分かる ビッグデータ時代のバックアップ&リカバリ入門
 日々増大するデータを確実に保護することが、企業の情報システムを守る運用担当者の方にとって切実かつ重要な任務となっている。ダウンサイジングやオープン化の波に乗って無秩序に増殖したサーバ群は、今ではサーバ管理者ごと、あるいは保護対象サーバごとにバックアッ...(2013/2/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
SQL Server対Oracle DBのランニングコストを徹底比較
 日本オラクルが行ったサポート契約の条件変更は、Oracle Database(DB)のサポート費用を増大させる可能性がある。本ホワイトペーパーでは、まずOracle DBの導入形態により年間サポート費用が具体的にどれくらい増大するのかを明らかにする。 次いで、「コンプライアン...(2011/9/26 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Hadoopによるビッグデータ分析に最適なスケールアウトNAS
 ビッグデータ対応ストレージとして、EMC IsilonスケールアウトNASが注目されている。IsilonのアーキテクチャはHadoopと親和性が高く、容易に接続できる。それを具体的かつ技術的に解説しているのが、本ホワイトペーパーである。 HadoopおよびIsilonの概要からアーキテ...(2012/5/28 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
「SMB企業のストレージ環境」に関するアンケート調査リポート
■調査概要目的:SMB企業のストレージ環境の現状を調査するため方法:Webによるアンケート調査対象:従業員数1000人以下の企業・組織に属するTechTargetジャパン会員調査期間:2012年2月22日(火)〜3月7日(火)総回答数:160件※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五...(2012/3/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
IT管理者必携!柔軟なデータセンターの構築を実現する8つのテクノロジー
Dell Compellentストレージは、企業データの活用期間(ライフサイクル)全般を通して、増え続けるデータをアクティブかつインテリジェントに管理でき、刻々と変わる市況にすぐ順応できます。Fluid Dataアーキテクチャ、ストレージの仮想化、インテリジェントなソフトウェ...(2011/5/18 提供:デル株式会社)

製品資料
【カタログ】ストレージ・レプリケーションを一元管理 Replication Manager
【製品概要】TimeFinder、SnapView などのEMC のポイント・イン・タイム・レプリケーション・テクノロジーの一元管理が可能。VMware 環境を含むアプリケーションと整合性がとれた複数のディスク・ベース・レプリカの検出/ 構成から管理に至るまで、データ・レプリケーショ...(2010/9/8 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
IBMが実証するテープの新常識
日本の開発現場を覗きつつ、テープに関する最新技術や効果的な活用方法とともに、IBMのテープ・ストレージについて詳しくご紹介。「テープは古い!」のイメージを覆す、らテープの新常識が明らかに。(2010/3/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
事例が語る! コンテンツ管理の“一石三鳥”効果
 情報の爆発的増加が止まらない。 ハードディスクやメモリの単価が急激に下落していることも影響し、企業内で取り扱うデータ量が毎年2倍に近い勢いで増加し続けているというデータもある。その結果、業務効率の低下を実感し、さらには情報漏えいのリスクを懸念している...(2009/12/15 提供:日本電気株式会社)

技術文書
フラッシュドライブ(SSD)搭載ストレージでDBのボトルネックを大幅解消
 IT予算は限られているが、ITサービスレベルの維持・向上は常に命題として求められる。今日の企業ITは、そんな相反する要件をクリアすることが求められている。それは、データベースの設計や運用とて例外ではない。 従来は、高速HDDを並べてその上澄みだけを利用するシ...(2009/1/26 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
ファイル管理のコストと複雑性を低減し、柔軟なデータ管理環境を構築するには?
急増するファイルデータ。ますます高まるコンプライアンスへの要求。本ガイドでは、ファイルの管理効率を向上しながらさまざまなビジネス課題を解決するヒントを解説する現在多くの企業では、保有するファイルデータの爆発的な増加を受け、社内の至るところでファイルサー...(2007/2/5 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

講演資料
ファイルサーバ「3つの課題」の解決策とは?
 手軽な情報共有の手段として活用されているファイルサーバだが、運用が進むにつれ多くのユーザー企業が「大きな課題」を抱えている。それはコスト負担、コンプライアンス対応、生産性低下の3つだ。誰もが陥ってしまうこの「3つの課題」の現状とその原因を解き明かし、リ...(2007/11/1 提供:リアルコム株式会社)

製品資料
増え続ける企業内の情報を『InfoFrame』でフル活用し、ビジネスに活かす!
 ユビキタス時代を迎え、情報量の爆発的な増加と多様化が大変な勢いで進んでいる今、企業内に散在する業務データやメール、Webページ、画像、音声などをどのように管理するかがとても重要である。 しかし現状では、個別に最適化された各種情報システムの活用・統制レベ...(2007/9/18 提供:日本電気株式会社)

技術文書
分散するファイルサーバ環境、本当にこのままでいいの?
 多くの企業では、たくさんのファイルサーバが拠点内外に分散しており、それらを安全かつコスト効率の良い方法で管理することが困難な状況だ。しかし、ファイルデータが年率60〜70%の成長率で増加を続け、コンプライアンスやデータ保護への要求がますます高まる中、果た...(2007/9/25 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

技術文書
シマンテック メッセージング マネージメント
今や電子メールは企業にとって最もミッションクリティカルなシステムとなっている。本書では、組織が直面する電子メール環境の重要な問題について説明している。主要なコミュニケーションツールとして電子メールを使用し、Microsoft Exchangeでメッセージングインフラスト...(2007/2/9 提供:株式会社シマンテック)

Loading