2012年05月11日 09時00分 UPDATE
特集/連載

SMB向けストレージ製品紹介:日本IBMストレージの利用率向上を階層型プールで実現する「IBM Storwize V7000」

現在、ストレージの利用率向上を課題に抱えている企業は多い。「IBM Storwize V7000」は階層型プール方式によるデータの動的再配置などでその課題解決を支援する。

[富永康信,ロビンソン]

転換期の今はストレージの効率化が大きなカギ

 米IBMの調査によると「企業ストレージの容量は年率約60%で増加しているにもかかわらず、ストレージへの投資予算の増加は1〜5%にとどまっている」という。また、2010年以降、ディスク容量の伸び率や価格の下落傾向なども鈍っており、ストレージに必要な予算は相対的に増大している(関連記事:5〜15%の価格引き上げも――ストレージベンダーのHDD供給不足への対応)。

photo 日本IBMの佐野正和氏

 「ディスク技術が転換期を迎える今、当社ではストレージの効率化が大きなカギになると考えている」と語るのは、日本アイ・ビー・エム システム製品テクニカル・セールス ストレージ・テクニカル・セールス ソリューション担当部長の佐野正和氏だ。

 佐野氏は、ストレージ効率化の具体的な方法として以下の3つ条件を示す。

  1. データの適切な場所への配置
  2. ストレージ資源の使用率向上
  3. 物理データ容量の削減

 今回、紹介するミッドレンジストレージ「IBM Storwize V7000」(以下、Storwize V7000)は、階層化機能によるストレージ仮想化でストレージの効率化を実現する製品だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news094.jpg

GMO TECH、スマーフォン用動画広告作成プラットフォームを提供開始
GMO TECHはShakr Mediaと提携し、スマートフォンアプリのPR動画広告の作成に特化したPR動...

news110.jpg

野村総合研究所、デジタル領域に特化した新会社「NRIデジタル」を設立
野村総合研究所は、デジタルビジネスを専門とする「NRIデジタル」をを2016年8月1日付で設...

news140.jpg

マーケティングオートメーションを活用してDMを自動発送、博報堂DYメディアパートナーズなど3社で提供
博報堂DYメディアパートナーズとブレインパッド、福島印刷の3社は、マーケティングオート...