2012年05月11日 09時00分 UPDATE
特集/連載

SMB向けストレージ製品紹介:日本IBMストレージの利用率向上を階層型プールで実現する「IBM Storwize V7000」

現在、ストレージの利用率向上を課題に抱えている企業は多い。「IBM Storwize V7000」は階層型プール方式によるデータの動的再配置などでその課題解決を支援する。

[富永康信,ロビンソン]

転換期の今はストレージの効率化が大きなカギ

 米IBMの調査によると「企業ストレージの容量は年率約60%で増加しているにもかかわらず、ストレージへの投資予算の増加は1〜5%にとどまっている」という。また、2010年以降、ディスク容量の伸び率や価格の下落傾向なども鈍っており、ストレージに必要な予算は相対的に増大している(関連記事:5〜15%の価格引き上げも――ストレージベンダーのHDD供給不足への対応)。

photo 日本IBMの佐野正和氏

 「ディスク技術が転換期を迎える今、当社ではストレージの効率化が大きなカギになると考えている」と語るのは、日本アイ・ビー・エム システム製品テクニカル・セールス ストレージ・テクニカル・セールス ソリューション担当部長の佐野正和氏だ。

 佐野氏は、ストレージ効率化の具体的な方法として以下の3つ条件を示す。

  1. データの適切な場所への配置
  2. ストレージ資源の使用率向上
  3. 物理データ容量の削減

 今回、紹介するミッドレンジストレージ「IBM Storwize V7000」(以下、Storwize V7000)は、階層化機能によるストレージ仮想化でストレージの効率化を実現する製品だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

サイバー・バズ、インターネット向けCM動画制作サービスをギークスと共同開発
サイバーエージェントの連結子会社サイバー・バズは、動画事業を展開するギークスと共同...

news077.jpg

ピツニーボウズジャパンとLOCUS、対話式パーソナライズド動画ソリューションで協業
ピツニーボウズジャパンとLOCUSは、対話式パーソナライズド動画ソリューションの提供にお...

news071.jpg

Tポイント購買データとテレビ視聴データを活用した分析サービス、CCCマーケティングが提供
CCCマーケティングは、企業が自社のマーケティングにTポイント会員6000万人の生活者デー...