2011年12月21日 09時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドガバナンス現在進行形【第4回・前編】クラウドはオンプレミスとデータ連携ができる? どうなる連携コスト

ハイブリッドクラウドの実現に向け、技術的・法的課題は何か。前編では、オンプレミスとクラウドのデータ連携についての課題や技術的構造を整理してみよう。

[川田大輔]

 今回も経済産業省企業IT動向調査の引用から始めたい。同調査によると、企業利用者の35%が自社オンプレミスシステムとクラウドコンピューティングのデータ連携について疑念を抱いており、15%が他社サービスへの移行が困難になると心配し、8%が大量データの移行が困難になると考えている(「企業IT動向調査」P41)。これら3つの問題は、オンプレミスとクラウドの相互運用性確保に当たっての課題の一側面と整理することができる。

オンプレミス/クラウドにおけるデータ連携の構造をNIST定義に当てはめて整理

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...