TechTargetジャパン

技術文書
やみくもな暗号設定が招くリスク──Webサイト管理者のための暗号アルゴリズムの選び方
 SSL通信では送受信経路を暗号化してデータを保護するが、その通信確立時にネゴシエーション(ハンドシェイクとも呼ばれる)工程があり、AESやSHA1といった暗号アルゴリズムを選択するという処理が行われている。 暗号アルゴリズムに関する情報は、サーバやWebブラウザ...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
やみくもな暗号設定が招くリスク──Webサイト管理者のための暗号アルゴリズムの選び方
 SSL通信では送受信経路を暗号化してデータを保護するが、その通信確立時にネゴシエーション(ハンドシェイクとも呼ばれる)工程があり、AESやSHA1といった暗号アルゴリズムを選択するという処理が行われている。 暗号アルゴリズムに関する情報は、サーバやWebブラウザ...(2015/1/5 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
SHA-2移行対応ガイド──サーバ管理者が今すぐ使えるチェックリスト9項目
 ほぼ全てのサーバ管理者が2013年に対応を終えた「暗号アルゴリズム2010年問題(以下、「2010 年問題」)」。ようやく対応が終わった管理者に、次のテーマがやってくる。それが、ハッシュアルゴリズムのSHA-2への移行だ。 2010年問題の際には、検証や移行計画などを十分...(2015/4/1 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
マルチデバイスを考慮して選ぶべき暗号アルゴリズムとは?
 SSL通信では送受信経路を暗号化してデータを保護するが、その通信確立時にネゴシエーション(ハンドシェイクとも呼ばれる)工程があり、AESやSHA1といった暗号アルゴリズムを選択するという処理が行われている。 暗号アルゴリズムに関する情報は、サーバやブラウザに設...(2012/7/2 提供:日本ベリサイン株式会社)

技術文書
できていますか? 暗号アルゴリズムの最適化〜選定のためのリファレンスブック
 SSL通信では送受信経路を暗号化してデータを保護するが、その通信確立時にネゴシエーション(ハンドシェイクとも呼ばれる)工程があり、AESやSHA1といった暗号アルゴリズムを選択するという処理が行われている。 暗号アルゴリズムに関する情報は、サーバやブラウザに設...(2012/4/2 提供:日本ベリサイン株式会社)

技術文書
システム部門なら知っておきたい「SSL暗号アルゴリズムの移行」って何だろう?
SSL/TLSは情報を暗号化するための通信方法としてインターネット上で最も利用される方法の一つだが、コンピュータの性能向上および暗号解読技術の進歩により徐々に安全性の低下が避けられない。将来的な安全性低下に対処する目的でSSL/TLSの仕様変更が行われていくが、公開...(2013/7/1 提供:日本ベリサイン株式会社)

技術文書
システム担当者向け「暗号の2048bit鍵長」対応ガイド
「暗号アルゴリズムの2010年問題」というキーワードをご存知だろうか?インターネットで広く利用される暗号方式のひとつSSLにおける公開鍵長の仕様変更に関する話題を表している。SSL/TLSは情報を暗号化するための通信方法としてインターネット上で最も利用される方法の一...(2013/1/28 提供:日本ベリサイン株式会社)

技術文書
【最新技術解説】短い鍵長でも同等以上の安全性:次世代暗号「楕円曲線暗号」とは?
 現在、SSLサーバ証明書はRSA暗号化方式に支えられている。 RSA方式は依然として安全とされるものの、安全性を維持し続けるためにはさらに長い鍵長に移行していかなければならない。また、鍵長の長大化は安全性を保つ一方で、コンピュータが計算処理に要するリソースを...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
【実務用チェックリスト】システム担当向け「暗号の2010年問題」対応ガイド
SSL/TLSは、情報を暗号化するための通信方法としてインターネット上で最も利用される方法の一つだが、コンピュータの性能向上および暗号解読技術の進歩により、徐々に安全性の低下が避けられない。将来的な安全性低下に対処する目的でSSL/TLSの仕様変更が今後行われていく...(2011/2/1 提供:日本ベリサイン株式会社)

製品資料
SEOの「5つの神話」は本当か? Googleのアルゴリズムの実情を解説
 検索エンジン対策として完全に定着した「SEO」(Search Engine Optimization)。その概念が初めて登場した1990年代後半から、外部リンク中心の時代を経てコンテンツ重視の時代へと至る過程では、数々の“SEO神話”が生まれてきた。 その1つが「外部リンクは効果がない...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

技術文書
いまさら聞けない、SSLサーバ証明書とルート証明書の関係
 現在のWebサイトは、単純な情報掲載サイトから1つのサービス提供窓口としての役割を担うようになっている。そのため新しい技術やサービスを取り込みやすくするために、外部システムと連携させることを前提としてサイトが構築される傾向にある。 しかし、システムの複雑...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
【実務用チェックリスト】システム担当向け「暗号の2010年問題」対応ガイド
SSL/TLSは、情報を暗号化するための通信方法としてインターネット上で最も利用される方法の一つだが、コンピュータの性能向上および暗号解読技術の進歩により、徐々に安全性の低下が避けられない。この2010年には、将来的な安全性低下に対処する目的でSSL/TLSの仕様変更が...(2010/3/30 提供:日本ベリサイン株式会社)

技術文書
検索エンジンの検索結果を最適化、上位の表示を狙ってビジネスを有利に
 検索エンジンの検索結果で上位に表示させる手法や技術であるSEO(検索エンジン最適化)は、1990年代半ばに登場して以来、幾度となく変化を遂げてきた。それは主に大手検索エンジンのアルゴリズム変更に伴って生じたものだ。 検索の質を向上させたい検索エンジンにとっ...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

技術文書
オープンソースの利用が広がる中、なぜSASを使い続けるのか?
「市販のアナリティクス・ソフトウェアとオープンソースを併用すべきか、それともいずれか一方を選ぶべきか」。誰もが一度は迷ったことがあるだろう。もしくはずっと迷い続けているかもしれない。 どちらがより良い方法かを企業が迷う中、ニュークリアス・リサーチ社が最...(2016/9/12 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
なぜ、30年も使われ続けるのか!人気の開発用ソフトウェアでできることとは?
 30年変わらずに使われつづけるソフトウェアは珍しい。グラフィカルプログラミング構文を用いた「LabVIEW」 は、30 年にわたり、高度なテスト、計測、制御アプリケーションの開発用ソフトウェアとして、多くの技術者や研究者に使用されてきた。本資料では、グラフィカル...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
OpenSSLの脆弱性問題で注目度急上昇「Forward Secrecy」って何だ?
 OpenSSLの脆弱性問題には、該当ソフトのアップデートという対処でいったん安全を保てるものの、サーバ管理者としては今後に備えて根本的な対策を施す必要がある。特に今回の問題を通じて、もしサーバのトラフィックを記録し続けている盗聴者がいて将来的に暗号化の秘密...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
いまさら聞けない、SSLサーバ証明書とルート証明書の関係
 現在のWebサイトは、単純な情報掲載サイトから一つのサービス提供窓口としての役割を担うようになっている。そのため新しい技術やサービスを取り込みやすくするために、外部システムと連携させることを前提としてサイトが構築される傾向にある。 しかし、システムの複...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
短い鍵長でも同等以上の安全性! 次代の暗号「楕円曲線暗号」とは?
 現在、SSLサーバ証明書はRSA暗号化方式に支えられている。 RSA方式は依然として安全とされるものの、安全性を維持し続けるためにはさらに長い鍵長に移行していかなければならない。また、鍵長の長大化は安全性を保つ一方で、コンピュータが計算処理に要するリソースを...(2013/4/17 提供:日本ベリサイン株式会社)

レポート
いまさら聞けない「暗号化」の話 次世代技術「SHA-3」とは何か?
 今やビジネスや生活の重要なインフラとなったインターネットは、同時に攻撃者にとっても格好の標的となっている。安全性を確保しながら、インターネットのメリットをいかに享受するか。その実現に当たって重要な役割を果たしてきたのが「暗号化技術」だ。暗号化技術を活...(2016/4/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Google検索結果の上位を狙うためにどうやって安全性と信頼性を高めるのか?
 検索エンジンGoogleが世界中から支持されているのは、「最高のユーザーエクスペリエンスを提供しよう」という同社の姿勢の表れといえる。最高のユーザーエクスペリエンスを提供するためには、今日においては「安全なエクスペリエンス」が避けて通れない。つまり、全ての...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

プレミアムコンテンツ
組み込みにおけるコンピュータビジョンを整理する
にコンピュータでモノを見る(認識させる)技術であるコンピュータビジョン(あるいはマシンビジョン)の需要は日増しに高まっており、さまざまな方法が提案されています。 コンピュータビジョンとは、組み込みシステム的には「集束光をエンベデッドシステムの入力として...(2017/1/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
病院経営と医療の質の向上に“効果あり”なデータ分析の使いどころ
 EHR(電子健康記録)を利用する医師の数はかつてないほど増え、デジタル形式でアクセスできる患者情報も増加している。患者情報と分析機能の進化によって、医師は患者の過去状態を知ることができるだけでなく、現在や将来に関する分析もできるようになってきた。 ビジ...(2016/9/29 提供:アイティメディア株式会社)

事例
インダストリアルIoT、状態監視でビジネス機会の損失をなくす?【事例で学ぶ状態監視】
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
進化する「データ活用プロセス」、自動化・最適化を組織全体で実践する方法
 データは適切に活用してこそ、成果につながる。ビジネスにおいてはデータに基づく洞察の大切さはもちろん、成果を得るには迅速な行動が不可欠だ。できることなら、業務遂行上のさまざまな意思決定を自動化させていくことが望ましい。 自動化は判断の遅れを避け、意思決...(2017/3/10 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
ロボットがビッグデータ分析を自動化――予測分析モデルを誰でも利用可能に
 ビッグデータから知見を引き出す「データサイエンティスト」が脚光を浴びる中、ビッグデータ分析の需要は増え続けており、データサイエンティスト不足が顕著になっている。その専門性を有効活用するためにも、データサイエンティストには彼らにしかできない分析に専念し...(2017/2/9 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

プレミアムコンテンツ
ディープラーニング一色ではない、人工知能研究の現状と今後の展望
 ITやICTの領域ではもちろん、製造業においても取り上げられる機会の増えた「人工知能」だが、日進月歩の勢いで発展している領域だけに、その研究と社会実装がどのような状態にあるのかを把握することは容易ではない。 世間的には自動運転車や会話するロボット、世界チ...(2017/1/12 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ビッグデータを活用できる企業とできない企業の差はどこにあるのか?
 これまでデータサイエンティストが実行する複雑なアルゴリズムによって進められてきたビッグデータ分析。近年はテクノロジーの発達により、その利用可能性がビジネスユーザーまで広がり、ビッグデータを実際の業務に活用する企業が増え始めている。 その一方で、ビジネ...(2017/1/5 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

技術文書
SSL暗号の技術解説! 鍵交換のメカニズムが確立する安全な通信
 SSLはインターネット通信の安全を確保する方法として広く普及している。主要なWebサーバとWebブラウザは標準的にSSLに対応しており、ログイン情報やクレジットカードなどの重要な情報を入力するWebサービスに採用されている対策である。 Webブラウザではロックされた錠...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
ゼロデイ脆弱性トップ5──危険にさらされた期間とパッチ適用までの日数は?
 本書は、毎年発行されている脅威レポートの最新版『シマンテックウェブサイトセキュリティ脅威レポート 2015』だ。2014年に収集、分析されたサイバー攻撃、サイバー犯罪のデータに基づき、標的型攻撃、情報漏えいに関する最新動向を示している。特に以下の項目はランキ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Loading