TechTargetジャパン

製品資料
「LINPACK」だけでは評価できないコグニティブ時代のHPCシステムの新常識
 近年、多くの業界でハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)やハイパフォーマンスデータアナリティクス(HPDA)が脚光を浴びている。その背景には、モバイル、IoTといった分野におけるデータ量の急増や、その分析を支えるコグニティブコンピューティング、深層学習...(2017/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
HPCをユーザーが自由自在に使いこなすために必要なもの
 ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)は、製品設計や科学研究、ビジネス分析を迅速化するツールとして組織に欠かせなくなってきた。しかし、その管理と運用の複雑さは大きな課題だ。HPCを利用して結果を導き出す時間を短縮し、ユーザーの生産性を上げるためには...(2013/9/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
徹底解説:HPCとビッグデータ分析のための「超高速データ処理基盤」の全貌
 優れた性能を発揮するハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)クラスタの設計には、あらゆるレイヤーにおいてパフォーマンスに対応したアプローチが必要だ。包括的なデータセントリックな設計である「IBM Power Systems HPCソリューション」は、構成する全てのコン...(2017/5/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
GPUで高集積化が進むAI/深層学習向けHPC基盤のポイントは?
 High Performance Computing(以下、HPC)は、大気シミュレーターや流体シミュレーションといった大規模な物理演算などに特化した利用がほとんどだった。しかし、AI・人工知能、機械学習、深層学習、さらには、ビッグデータのビジネス活用の普及によって、HPCシステムで...(2017/7/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
AI・人工知能時代のビジネスを加速するHPC基盤――その課題と解決法とは?
 従来、一部の学術機関や専門的な組織の特定用途でのみ使われてきたHPCが、一般企業にとっても重要なものとなってきている。目的は、人工知能や機械学習、深層学習を利用したデータ予測のビジネス活用にある。例えば、購入者と商品の相関関係を解析し、それをビジネスに...(2017/8/3 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
HPC環境のボトルネック、ストレージが抱える課題を解決する方法とは?
 設計、解析、アプリケーションのコンパイル作業など、多くの業務で高速性が求められている。しかし、そのためのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)環境で、課題となっているのがストレージの能力不足だ。作業の待ち時間を招くケースも多く、生産性向上の足か...(2017/10/6 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

事例
建設業界の高度計算処理で実測評価、「コンパクトデータセンター」の導入効果とは?
 土木、建築、電気、機械を扱う総合建設コンサルタントであるニュージェック。早くから汎用コンピュータを導入して高度計算処理に取り組んできた同社は、2000年にはクライアントPCの性能向上に伴いPCクラスタによるハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)環境を構...(2013/11/14 提供:デル株式会社)

事例
1日がかりの作業が30分に 南洋理工大学が構築したハイブリッドクラウドの実力
 若くて研究に力を入れているシンガポールの南洋理工大学(NTU)は人気急上昇中の大学だ。世界各地から学生が集まる同大学には、学部生と大学院生合わせて3800人が在籍している。NTUの研究者や学生は大規模コンピューティングプロジェクト用に、高性能のコンピューティン...(2017/6/8 提供:レッドハット株式会社)

レポート
HPCの高速処理技術をビジネス課題の解決に活用する時代
 ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)は、主に大学や研究機関などで超大規模データを高速処理するために活用されてきた。しかし、一般的な企業で活用するには、高価なハードウェア、構築や管理に必要となる広範なスキルが課題となる。高額なコストを要し、高い...(2013/9/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「NVMe」など新技術で加速、「ストレージネットワーク高速化技術」のこれまでと今後
 企業のストレージ環境を高速化する技術の選択肢は、ますます充実している。ファイバーチャネル(FC)は終焉を迎えると予測する声もあるが、市場調査を見ると、依然としてミッションクリティカルなアプリケーション向けに多く利用されている。イーサネットはストレージネ...(2017/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ディープラーニングには「GPU」か「FPGA」か? 画像処理の高速化で大きな差
 機械学習に大きな進化をもたらした「ディープラーニング」。その中核を成すニューラルネットワークの技術には、動画などの処理に優れた再帰型(RNN)と静止画などの処理に優れた畳み込み型(CNN)がある。近年、機械学習の分野でGPU(Graphics Processing Unit)の導入...(2017/10/2 提供:インテル株式会社)

製品資料
業務バッチを分散処理で高速化、Hadoop/Spark対応バッチ開発フレームワーク
 データベースの効率運用やアプリケーションの開発・配信に欠かせないバッチ処理だが、既存のバッチ処理は処理速度の面で限界に達しつつある。解決するにはハードウェアの増強や大規模なアプリケーションの修正が必要だが、コストもマンパワーも不足しがちな現状ではそれ...(2017/10/26 提供:株式会社ノーチラス・テクノロジーズ)

講演資料
ITインフラのコストを最適化、データセンターに最適なハイブリッドITの条件
 データセンターは、従来型の汎用的インフラストラクチャから、プライベートクラウドやグローバルなパブリッククラウド、IoTなど、新しい利用モデルに移行していて、IT利用の適切な組み合せを再定義することが求められている。そこで注目されているのが、オンプレミスと...(2017/5/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
PowerEdge11GサーバでのHPCワークロードに最適なBIOS設定
 デルの最新PowerEdgeサーバは、インテルの最新マイクロアーキテクチャ(Nehalem)をベースにしたIntel Xeon 5500番台のプロセッサを搭載している。このマイクロアーキテクチャが提供する機能は同サーバのBIOSで制御することが可能で、これらは幅広いサーバワークロード...(2010/1/15 提供:デル株式会社)

レポート
「ヒトの思考のシミュレート」を可能にするビッグデータ分析の概要と条件
 かつては過剰な期待をかけたり、その効果に懐疑的であったりしたビッグデータの分析とその活用は、医療、小売業、製造業、金融業など、あらゆる分野で必須となった。しかし、ビッグデータの分析とは、具体的にどのように行われるものだろうか。 現在ではビッグデータの...(2017/10/30 提供:インテル株式会社)

事例
予算範囲の最適コア数は768――明電舎が分析時間を短縮した特化型のサーバ選び
 サーバの導入や刷新では、予算や時間などのさまざまな制約条件が課される。その中でパフォーマンスを最大化するためには、用途を絞り込むことも重要となる。このアプローチでサーバ環境の大幅な改善に成功したのが重電メーカーの明電舎だ。 同社は大型発電機の開発に必...(2016/7/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
サーバパフォーマンスの最適チューニングでデジタル革新につなげるための方法
 サーバ環境のパフォーマンスを上げることは、事業の効率化と生産性アップにダイレクトにつながる。つまりサーバ環境のチューニングは、企業にとって今や優先順位の極めて高いテーマになっているといえるのだ。 サーバに使われるHDDやSSDといったストレージは大容量にし...(2017/10/27 提供:オリックス・レンテック株式会社)

製品資料
ディープラーニング実装の3つの準備──AIの実現に向けた高速処理基盤の作り方
 既に画像/音声認識や動画合成などで、人間に匹敵する能力を発揮している「ディープラーニング」。人工知能(AI)を実現するために不可欠な技術だが、その実装には、アルゴリズムだけでなく、膨大かつ多様なデータを高速処理できるコンピューティング能力も求められる。(2017/8/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月21日号:Microsoft帝国からの脱出
 Computer Weekly日本語版 6月21日号は、以下の記事で構成されています。■3D XPointが根底から変えるハードウェアアーキテクチャ■フラッシュストレージの最適解「共有DAS」で本当に性能は向上するのか?■トリバゴがDropbox Businessを選んだ理由、導入に成功した方法...(2017/6/21 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
JAXA、電気通信大学が語る高速コンピューティングの課題と解決策、そして未来
 コンピュータ単体の処理能力の向上が鈍化している一方で、研究領域だけではなくビジネス領域においてもスパコンやサーバといったITインフラに求められる処理能力は高度化を続けている。そして、複数台の汎用CPU搭載コンピュータを用いた並列処理であっても、要求される...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
SAP HANA、SAP S/4HANAのためのハードウェアの新たな選択肢
 「SAP HANA」や「SAP S/4HANA」でのビジネスアナリティクスの推進における懸念点は、アナリティクスとトランザクションを同一システム上で実行する際に不可欠なパフォーマンス、耐障害性、柔軟性、管理容易性だ。現時点でSAP HANAおよびSAP S/4HANAで利用可能なハードウ...(2017/9/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月5日号:CIOが果たすべき3つの役割
 Computer Weekly日本語版 7月5日号は、以下の記事で構成されています。■世界に広がる安全対策プロジェクト、きっかけは軽井沢スキーバス転落事故■リアル店舗強化中のトイザらス、iPad導入で販売数400%増■HPEのCTOに聞くメモリ主導型コンピュータ「The Machine」の...(2017/7/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
16PBを超える保存データを保護、MasterCardに学ぶビッグデータセキュリティ戦略
 1時間当たり1億6000万件以上のトランザクション処理を行うだけでなく、16PB(ペタバイト)を超える保存データを持つというMasterCard。同社では、サイバー攻撃から身を守り、セキュリティの担保を実現するために、システム設計段階からデータセキュリティ対策を取り入れ...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

技術文書
次期主流となる「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル
 かつては、コストや容量、耐久性などの問題を抱えていたフラッシュアレイだが、近年は金融業界を中心にエンタープライズでも極めて高い信頼性と安全性を要求される分野で導入が進んでいる。そこで脚光をあびたのが、これまでのSCSIに代わるフラッシュの性能をさらに生か...(2017/7/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
「SDS」を宝の持ち腐れにしない、今どきのストレージ運用管理法
 ビッグデータの蓄積・分析や機械学習、高度な自律性などの機能を備えたコグニティブシステムが注目されている。得られたデータから洞察を引き出して新たな顧客体験を提供できれば、ユーザーの心を強くつかむことができる。 この新たなシステムを導入する際には、ストレ...(2017/7/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
PCIeより2.5倍高速にGPU-CPU接続。NVLink搭載サーバの実力
 近年注目されるディープラーニングは、回答の精度を上げるために極めて高い計算処理性能を必要とするニューラルネットワークを何階層も構築するとともに、各階層の間で処理結果のやりとりが必要になる。このような多段階にわたる膨大な処理を通常のIT環境で実行するには...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
比較で検証、ディープラーニング専用機の処理能力と電力効率の可能性
 画像認識や音声認識に活用される「ディープラーニング」技術。ここ数年で実用化が急速に進んだ結果、写真の自動分類サービスや商品のレコメンドシステムなど、身近な事例も増えてきた。業界を問わず多くの企業が、この技術を新しい価値の創出に応用しようと研究を重ね始...(2017/1/30 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

Loading