TechTargetジャパン

レポート
HPCをユーザーが自由自在に使いこなすために必要なもの
 ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)は、製品設計や科学研究、ビジネス分析を迅速化するツールとして組織に欠かせなくなってきた。しかし、その管理と運用の複雑さは大きな課題だ。HPCを利用して結果を導き出す時間を短縮し、ユーザーの生産性を上げるためには...(2013/12/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
建設業界の高度計算処理で実測評価、「コンパクトデータセンター」の導入効果とは?
 土木、建築、電気、機械を扱う総合建設コンサルタントであるニュージェック。早くから汎用コンピュータを導入して高度計算処理に取り組んできた同社は、2000年にはクライアントPCの性能向上に伴いPCクラスタによるハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)環境を構...(2013/11/14 提供:デル株式会社)

レポート
HPCの高速処理技術をビジネス課題の解決に活用する時代
 ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)は、主に大学や研究機関などで超大規模データを高速処理するために活用されてきた。しかし、一般的な企業で活用するには、高価なハードウェア、構築や管理に必要となる広範なスキルが課題となる。高額なコストを要し、高い...(2013/9/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
PowerEdge11GサーバでのHPCワークロードに最適なBIOS設定
 デルの最新PowerEdgeサーバは、インテルの最新マイクロアーキテクチャ(Nehalem)をベースにしたIntel Xeon 5500番台のプロセッサを搭載している。このマイクロアーキテクチャが提供する機能は同サーバのBIOSで制御することが可能で、これらは幅広いサーバワークロード...(2010/1/15 提供:デル株式会社)

事例
予算範囲の最適コア数は768――明電舎が分析時間を短縮した特化型のサーバ選び
 サーバの導入や刷新では、予算や時間などのさまざまな制約条件が課される。その中でパフォーマンスを最大化するためには、用途を絞り込むことも重要となる。このアプローチでサーバ環境の大幅な改善に成功したのが重電メーカーの明電舎だ。 同社は大型発電機の開発に必...(2016/7/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
解析の大規模化はクラウドやオープンソースで乗り切れるのか?
 今や製造業においてCADやCAEといったデジタルツールはすっかり身近な存在となった。企業自身でHPCと解析部門を備えていたり、設計現場でもCAEが積極的に使われるようになったりと、CAE活用が進んだ今もなお、受託解析ビジネスのニーズは相変わらず大きいという。 例え...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
CAE技術の業界動向〜自動車、産業機器、家電業界で活用される解析〜
 CAEにおける PCクラスタの活用がいま注目されている。近年、HPC(High Performance Computing:高性能計算)を使ったCAEが一般企業の製品開発に導入されるケースが増えているが、その普及の立役者が PCクラスタなのだ。HPC の世界をより身近にし、CAEによる設計効率化を...(2015/3/18 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
エネルギー革新を実現するためのシミュレーションによるものづくり【自動車編・エレクトロニクス編】
 私たちの暮らしや企業活動は多くのエネルギーに依存している。今や先進国のほぼすべての人が持つようになったスマートフォンの後ろには大規模なクラウドやデータセンターが配備されており、莫大な電力を消費するとともに大量の熱を発している。 また、翌日配送やときに...(2016/12/1 提供:アンシス・ジャパン株式会社)

レポート
フロントローディングを実現するための設計者CAEとクラウドの活用とは?
 本コンテンツは、2015年11月に開催された【CAE カレッジ】内にて「設計上流でのCAE活用と課題」というテーマで行われたパネルディスカッションの内容紹介しているものです。・設計者CAEとは何なのか?/何をすることなのか?・設計者CAEのメリットと導入する上での課題...(2016/1/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
IT部門のビジネス貢献とは何か? インテル社内の取り組み事例を解説
 インテルのIT部門では、10万人余りの従業員を71拠点/約6000人のITスタッフでサポートしている。こうした業務に加えて、同部門では成長と予算要件のバランスを取りながら、さまざまなビジネス価値を創造している。 同社のIT部門は、さまざまな障壁を地道に取り除きなが...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

技術文書
基礎解説:Hadoop/Spark環境の効果を最大化するプラットフォームの条件
 オープンソースの分散コンピューティングミドルウェア「Hadoop」は、スケーラビリティや耐障害性などに優れていることで、データ分析基盤のデファクトスタンダードになっている。しかし、レイテンシの高さや、繰り返し処理などで時間がかかることが課題になってきた。 ...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
社会とともにIBM、ストリームコンピューティングとともにIoT
 デバイスやセンサーだけでなく家電やクルマなどさまざまなモノがつながるIoT(Internet of Things)が急速な展開を見せる中、これらの大量のトラフィックを効率的・効果的に扱うMQTTプロトコルが注目を集めている。本コンテンツでは、IoTやM2M(Machine-to-Machine)に...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
ストリームコンピューティングが示す新しいデータ分析の世界
 今日、情報ソースの多様化により、断続的に流入するデータの量は増加の一途をたどっている。従来のデータ分析は、大量のデータをストレージに全て保存して分析するのが主流だった。静的な過去のデータを分析し、過去の事実を発見するのが目的だ。これに対し、流入するデ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月20日号:Windowsから脱却するときが来た?
 Computer Weekly日本語版 5月20日号は、以下の記事で構成されています。■ムーアの法則から50年──新ビジネスモデルを模索するIntel 「ムーアの法則」が発表されてから50年。デスクトップ市場は縮小し、サーバ市場も先細りは確実。Intelはビジネスモデルの転換を迫ら...(2015/5/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
SSDの限界を超えるアプリケーション高速化、「NVDIMM」の導入効果は?
 従来のHDDを活用したストレージシステムの性能を改善する方法として、フラッシュメモリを用いた動きが目立っている。HDDより速くI/Oを実行できるフラッシュメモリを使用してボトルネックを解消する方法だ。 一方、フラッシュメモリよりも高速なI/Oに対する要求も顕在化...(2016/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly NAS vs. オブジェクトストレージ
 進化を続け、魅力的な製品が増えてきたオブジェクトストレージだが、一方でNASも進化を続けている。今導入するなら、NASとオブジェクトストレージのどちらを選ぶべきか。両者の特長や向いている用途、オブジェクトストレージの事例を通して検討する。 本PDFは以下の2つ...(2016/5/18 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
全ての企業が直面するITの「複雑化」、解消の鍵は統合型ITプラットフォーム
 企業のリモートオフィス・支社や中堅・中小企業では、常にITに関連する「複雑化」の問題を抱えており、ビジネスの成長と拡大が進む中、ますます柔軟性と効率性に頭を悩ませている。 こうした「個別ソリューションが混在しているITプラットフォームの複雑さ」「複数のシ...(2016/5/12 提供:デル株式会社)

講演資料
仮想デスクトップ導入前に確認しておきたい「パブリッククラウドの選び方」
 標的型攻撃の手口はますます巧妙化し、対策ソフトが検出できない「未知のマルウェア」を想定したセキュリティ対策が求められるようになった。この状況を背景に、業務用端末をインターネットから分離しつつセキュアブラウジングを実現できる仮想デスクトップの導入が進ん...(2016/4/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
メモリとHDDの性能ギャップを埋める、SSDをキャッシュメディア化する効果とは
 データベースやログ記録などに大容量のSATA HDDを必要とする場合、ストレージI/Oの遅延がサーバのボトルネックとなりやすい。RAIDでの対応では処理の限界があり、大規模なトランザクション処理の際にサーバが対応できないときもある。しかし、ストレージの全面的なフラ...(2016/4/8 提供:デル株式会社)

製品資料
IT製品と保守サービスを使った分だけ月額課金――3社の事例でポイントを解説
 IDCの調査によるとサーバやストレージのリソース利用率は一般的な企業で35〜40%だという。例えば、ITシステムのリソース不足を避けるためにストレージ増強を考えるような場合、それは過剰な投資とはなっていないだろうか。 ITリソースの利用率を高く維持しながら、将...(2016/4/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
大企業だけでなく中小企業システムにも無停止サービスを、低コストで効力を発揮する分散システム基盤
 クラウドは分散処理を迅速に実施することによって高い可用性を実現している。こうした環境が当たり前となった現在、企業システムでは多大なリソースを消費するタスクを同時に実行したいニーズが発生している。インメモリデータベースを活用しながら、別のシステム開発を...(2016/4/1 提供:株式会社トライテック)

技術文書
OpenStackでのクラウド管理が鍵、ハイブリッドITの活用例5選
 ハイブリッドIT環境の管理について多くの課題が指摘され始めたのは、プライベートとパブリック双方のクラウド環境を目的に応じ相互連携させるようになったからである。例えば、プライベートクラウドのDB環境をパブリッククラウドにある顧客サービス系モバイルシステムと...(2015/11/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ビッグデータ活用を支える、プラットフォームアーキテクチャの条件とは?
 ビッグデータプラットフォームに求められるのは「大量データの処理能力」と日々変化するデータ量に柔軟に対応できる「拡張性」だ。さらに利用者層の拡大に伴い、業務を止めない「堅牢性」やデータ量増加により台数が増えた「サーバの高集約統合」も求められるようになっ...(2015/6/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月20日号:映画『ゼロ・グラビティ』制作の舞台裏
 Computer Weekly日本語版 1月20日号は、以下の記事で構成されています。■自社データセンターとコロケーションを価格だけで選んではいけない■Disneyの協賛で実現した、『Star Wars』コーディング教育の成果■パスワード認証撲滅に向けて一歩前進──FIDO標準の現在■...(2016/1/20 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
HPC技術が変える製造/金融/研究機関の先進ソリューションとは?
 最先端のIT活用が世の中を急速に変えようとしている。例えば、製造業では最新のテクノロジーを活用することで、開発リードタイムの短縮とコスト削減を実現し、金融機関においてはリスクのリアルタイム分析が効果的な投資を実現している。また、製薬業界においてもITリソ...(2013/9/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月3日号:今どきのSEO再入門
 Computer Weekly日本語版 2月3日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10の将来は意外に安泰?■Hadoopに社運を賭けるモバイル広告ネットワーク企業の事情■航空機メーカーAirbusに学ぶ、長期IT契約の切り方と契約の注意点■SEOに今すぐ使えるWeb診断・分析...(2016/2/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月6日号:EMCの買収でDellに何が起きる?
 Computer Weekly日本語版 1月6日号は、以下の記事で構成されています。■「事業を売却することはない」──マイケル・デル氏に聞くDellとEMCの今後■パスワードが不要な世界に向けて、導入が進むFIDO標準■Microsoftが注力するセキュリティ4本柱、その具体的な成果は?...(2016/1/6 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ビッグデータ分析を強化する新たなプラットフォーム、もう1つの選択肢とは?
 ビッグデータ活用の最も大事なポイントは、膨大なデータからいかにして「価値」ある洞察、戦略や目標を見いだすかにある。住所や年齢、性別などの「構造化された」データだけでなく、電子メールやWebトラフィック、ソーシャルメディアやブログのフィードといった「非構...(2015/12/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ベンチマーク結果からわかる、CAEのクラウド化の現状やクラウドが選ばれる理由とは
 解析データの大規模化が着々と進んでいる。特にその傾向がみられるのが、研究機関や大学、企業の研究開発部門といった最先端の研究部門だ。また大規模化と同時に見られるのが、外部スパコンやクラウドサーバの利用増加である。 一方で、機密性の高いデータを外部に出す...(2015/6/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading