AIスパコン「Isambard-AI」は英国人の研究をどう変える“最強システム”なのかHPEがシステム構築に参加

「英国最強を目指す」との触れ込みで進められているブリストル大学のAIシステム向けスーパーコンピュータプロジェクトが、同国政府から2億ポンド超の開発資金を獲得した。同スパコン開発の狙いとは。

2023年12月13日 08時00分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

 英国政府は、ブリストル大学(University of Bristol)が推進している人工知能(AI)システム向けのスーパーコンピュータ「Isambard-AI」の開発に、2億2500万ポンド(約420億円)を投じることで合意した。

 Isambard-AIは2023年9月に計画が明らかになった、「英国で最も高い演算能力になることが期待されている」スーパーコンピュータだ。

Isambard-AIが引き出す「AIの可能性」とは

 Isambard-AIは、毎秒最大200京回の演算ができるようになることを目指しており、ロボット工学、ビッグデータ、気候変動、創薬といった分野の研究を支援する。2024年夏に稼働を開始する見込みだ。

 英国政府は、AI分野の研究を支援する国立機関Artificial Intelligence Research Resource(AIRR)の立ち上げを目的として、3億ポンド(約560億円)を投資した。Isambard-AIへの投資は、この投資の一貫だ。

 Isambard-AIは、複合材料(異なる物理的および化学的特性を持つ2つ以上の材料を組み合わせて作られる材料)の研究機関National Composites Centre(NCC)に設置されることになる。システムの構築、納入を担当するベンダーは、Hewlett Packard Enterprise(HPE)だ。

 HPEはIsambard-AIについて、「新興技術の原動力としての地位を確立しているAI技術の力を活用するため、英国内のさまざまな組織が利用することになる」と説明する。AI技術を必要としている分野の例として同社が挙げるのは、大規模言語モデル(LLM)のトレーニング、ビッグデータ、ロボット工学などだ。

 ブリストル大学イザムバード国立研究施設の責任者を務めるサイモン・マッキントッシュスミス氏は、Isambard-AIを「英国におけるAIシステムの演算能力を大きく飛躍させるものだ」と評価する。「Isambard-AIはオープンサイエンス(あらゆる人が科学研究の成果を参照したり研究活動に参加したりできるようにする取り組み)のためのAIシステムとしては、世界でも屈指の能力を誇るAIシステムの一つになる」と説明する。

 マッキントッシュスミス氏はAI分野の中心的存在であるHPEやNVIDIAと提携して、大規模な研究用コンピューティングインフラを構築、展開し、優れた能力を持つスーパーコンピュータを生み出すことに大きな期待を寄せている。「Isambard-AIはロボット工学、ビッグデータ、気候研究、創薬などの分野でAIの巨大な潜在能力を引き出し、英国の研究機関や産業界にかつてないほどの能力をもたらす」と同氏は展望する。

 HPEのエグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーで、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、AI&Labs担当のジャスティン・ホタード氏は、「英国政府が資金提供を確約したことは、AI分野で『英国が世界のリーダー的地位』を占めるという決意の表れだ」と述べる。「Isambard-AIは、世界トップレベルのスーパーコンピューティングを活用し、計算負荷の高いAIモデルの推論や訓練に必須となる性能と規模を実現するものだ」とホタード氏は説明する。そうした構成要素の中には、HPの中央研究組織である「HP Labs」のブリストル研究所と共同開発した高性能ネットワーキングがある。「英国政府およびブリストル大学と提携し、英国の研究者や産業界に欧州最大規模のオープンサイエンス用AIシステムを提供できることを誇りに思う」と同氏は述べる。

 先進的AI技術のリスク評価とガバナンスを支援する英国政府機関Frontier AI Taskforceが、Isambard-AIに優先的に利用するという。その目的は、生物兵器の開発やサイバー攻撃による国家安全保障上の脅威など、最先端のAI技術がもたらすリスクを軽減する取り組みを支援することだ。

 英国政府がIsambard-AIに投資することを発表したのは、2023年11月に英国で開催した国際会議「AI Safety Summit 2023」だった。「英国政府は、Isambard-AIを安全に構築して稼働させることにより、人々が健康かつ便利な生活をより長く送れるようにする目標において、世界をリードする機会をつかむことを、各国の首脳に明確に示した」。英国科学、イノベーション、技術相(Department for Science, Innovation & Technology:DSIT)のミシェル・ドネラン氏はそう述べる。

 「これはつまり、英国を代表する研究者や科学者が、AI技術の仕組みをさらに探求するために、必要なツールにアクセスできるようになった、ということだ」とドネラン氏は語る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...