TechTargetジャパン

技術文書
仮想化:電源および空調の最適化によって最大限のメリットを実現
仮想化のメリットに対する認識はいまだに浅く、多くのデータセンタがこのメリットの大部分を逃している。ラック設置面積の縮小から障害復旧まで、仮想化がIT 機器にもたらすメリットについては広く認められているが、仮想化を支える物理インフラを最適化することで、さら...(2010/5/1 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
低密度データセンタにおける高密度ゾーンの配置
電源および空調システムに関する画期的な新技術によって、既設または新設の低密度データセンタ内に独立した高密度ゾーンを簡単かつ迅速に配置できるようになった。この独立した高密度ゾーンは、既設の低密度電源および既設空調の各インフラの性能を低下させることなく、予...(2010/6/1 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
データセンタおよびサーバルームへのブレードサーバの導入方法
 既存のデータセンタおよびサーバルームにブレードサーバを導入しようとすると、現状の電源設備に問題が生じる。平均的なデータセンタの設計目的と比較すると、ブレードサーバはラック1本あたり20倍の電力を使用し、20倍の熱量を発生する。ブレードサーバを使用するには...(2009/12/1 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
高効率の高密度データセンタを実現するためのアーキテクチャ
世界中のデータセンタにおいて、電源や空調インフラが占める総消費電力量は、年間で6000万MWh(メガワット時)にもなるが、これはデータセンタが無駄な電力を消費しているとも言える。こうした電力の浪費は、膨大な財政負担を産業界が抱えるだけでなく、深刻な環境問題へ...(2010/3/1 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
データセンタの電力および空調のキャパシティ管理
ITIL(Information Technology Infrastructure Library)は、インフラが適切なタイミング、適切な容量、適正な価格で提供され、最も効率性の高い方法で使用されるようにするための統制手段として、キャパシティ管理を定義している。このホワイトペーパーでは、特にデータセ...(2009/12/1 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

製品資料
複雑な管理不要! これまでの約3倍のバックアップ時間で安心の電源管理を可能にするUPSとは?
 急な災害時や、電力トラブル時に電源をバックアップするUPS(無停電電源装置)。最近では、サーバ・ストレージ、通信機器などの高性能化、大型化により、停電保持時間の長時間化が望まれている。しかし、長時間化に比例して筐体が大きくなり、設置場所を圧迫する問題が...(2012/11/1 提供:株式会社ユタカ電機製作所)

技術文書
冷却効率を極限まで高めるデータセンター設計
 今日のデータセンターはこれまで以上に高いラック密度で運用できるようになった。それに伴い各機器の発熱量も増加傾向にあり、従来の空冷式の冷却システムではどうしても費用が掛かり、複雑で非効率になるなど、その限界を迎えつつある。 本稿では従来の空冷式と比べて...(2011/7/6 提供:東亜電気工業株式会社)

技術文書
データセンターと電算室におけるラックの課題
 次世代のデータセンターと電算室は、既知のニーズに応え、過去と現在のデータセンターが抱えている問題を解決しなければならない。このホワイトペーパーは、ユーザーへのインタビューを通じて収集した情報をベースとして、ラックをめぐるさまざまなニーズと問題を整理し...(2007/7/15 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
拡大する外部ストレージやブレードサーバを支える電源管理手法「1システム1UPS」
サーバの統合や仮想化の進展による外部ストレージの利用環境では、従来に比べ電源対策が複雑化する。従来型のIT機器1台にUPS1台を設置する場合には、システムを安全に停止するためにはサーバ、ストレージ、ネットワークの順での停止(復旧時には逆の手順)を手動操作など...(2010/1/1 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

製品資料
「サーバラック用クーラー」が熱問題を解決! また省エネを実現
 データ処理・通信量の増加スピードはとどまることを知らない。それと同時に熱問題・熱対策の必要性もクローズアップされてきた。それは跳ね上がる冷却コストとの戦いでもある。 「サーバ熱対策」「省エネ」という課題に対し、電子機器の冷却装置メーカーとして屈指の実...(2012/6/1 提供:株式会社アピステ)

製品資料
「サーバラック用クーラー」が熱問題を解決!
 情報量の増加スピードはとどまるところを知らない。それと同時に、常に熱問題・熱対策もクローズアップされてきた。それは跳ね上がる冷却コストとの戦いでもある。 電子機器の冷却装置メーカーとして屈指の実力を誇るアピステがその問題に新たな提案をおこなう。担当者...(2010/11/16 提供:株式会社アピステ)

技術文書
【検証レポート】省電力サーバとラック列単位での冷却で年間60%以上の電気代削減
 CPUの高速化とマルチコア化、メモリおよびストレージの高速化・大容量化など、コンピュータの性能向上と低価格化が非常に早いスピードで進んだことにより、IT機器の消費電力・発熱、それに伴うコスト増の問題が急速にクローズアップされている。 こうした問題を解決す...(2010/12/14 提供:デル株式会社)

講演資料
データセンターの省エネと経費削減を実現する 高電圧直流給電(HVDC)システム
データセンターの省エネ対策に有効な手段として、高圧直流給電システム(HVDC)が注目されています。従来、データセンターの電源システムでは、AC/DC変換を複数回繰り返す複雑な構成になっていることから、コスト高であると同時に総合電力効率が低く、年々急増するデータ...(2011/3/3 提供:日本無線株式会社)

製品資料
「熱問題」を抱える担当者に朗報! 「サーバラッククーラー」が切実な要求に応える
 情報量の増加スピードはとどまるところを知らない。それと同時に、常に熱問題・熱対策もクローズアップされてきた。それは跳ね上がる冷却コストとの戦いでもある。 電子機器の冷却装置メーカーとして屈指の実力を誇るアピステがその問題に新たな提案をおこなう。担当者...(2010/6/18 提供:株式会社アピステ)

製品資料
インテリ・コンセント・システム
インテリ・コンセント・システムは、鳥取大学工学部との産学協同研究から生まれたCO2削減ソリューションである。電源とネットワークの技術を活用し、コンセント毎に電力消費を計測・制御・管理することで消費電力を削減することによりCO2を削減する。インテリ・コンセント...(2010/3/13 提供:ジリオン・ネットワークス株式会社)

事例
新設備投資ゼロで年間1800万円のコスト削減、日本生命のデータセンターグリーン化事例
 CSRの観点で地球環境への積極的な取り組みを続ける日本生命保険相互会社。その一環として着手したデータセンターのグリーン化では劇的な大きな成功を収めている。その成功には、同社IT部門のある「発想の転換」と、IBM独自のシミュレーション技術を駆使した「データセン...(2010/8/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
データセンタにおける電力効率の測定
今日、企業がデータセンタにおけるエネルギー消費量の制御を検討することは、適切な社会政策であり、適切なビジネスであるといえる。企業の多くは現行の業務における炭素の排出量について考慮し始め、企業や業界の環境対策にデータセンタが大きな負担をかけているという認...(2010/1/1 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

事例
さくらインターネットが大容量UPSを低コストかつ短期に導入できたわけ
 データセンターとインターネットのバックボーンを構築し、それらを基にしたインターネットサービスを展開するさくらインターネット。同社は北海道石狩市に郊外型大規模データセンターを設立するに当たり、大容量UPS(無停電電源装置)を12セット導入した。 大容量UPSは...(2012/12/17 提供:シュナイダーエレクトリック株式会社)

事例
さくらインターネット石狩データセンターが選んだUPS
 さくらインターネットの石狩データセンターは、北海道の冷涼な気候を利用した外気冷却の採用で注目を集めた。この石狩データセンターでUPS(無停電電源装置)として選ばれたのが、シュナイダーエレクトリックの「Symmetra PX 160kVA」だった。数ある競合製品の中から同...(2012/9/27 提供:シュナイダーエレクトリック株式会社)

事例
データセンター・トータルソリューション(データセンターの大幅なエネルギー効率向上を実現)
 コスト削減の要求や電力問題などから、データセンターのエネルギー効率向上は、避けて通れない課題だ。  JTBグループ各社のシステムを集中的に運用するJTB情報システムでは、2009年からデータセンターのエネルギー効率化に取り組み、大きな成果を上げている。効果的に...(2012/10/29 提供:日東工業株式会社)

技術文書
データセンターの省エネ化対策 事例でみる課題解決策
 クラウドの普及により、今後一層の省エネ化が求められるデータセンタでは、次のような悩みの声が多く寄せられます。1.フロア内に冷気だまりや熱だまりのエリアが生じてしまう。2.側面吸気型のハイエンドルータに対する熱対策をどうするべきか。3.サーバの排熱と冷気...(2011/2/15 提供:日東工業株式会社)

技術文書
水冷か? 空冷か? 米大学が選んだ最適な冷却ソリューションとは
 Top 500の世界ランキングに入るクラスタスーパーコンピュータ3台と、大学の研究機関としては世界最大規模の分散型コンピューティングシステムを保有している米パデュー大学。同大学は、新たにHPCクラスタを増設するに当たり、現在のデータセンターが抱える熱問題を解決...(2011/7/6 提供:東亜電気工業株式会社)

レポート
省電力運用を目指せ!「見える化」がもたらす奇跡のIT機器電力管理
グリーンIT、エコというキーワードが広く使われるようになった昨今ではあるが、データセンターやサーバルームでの消費電力は減るどころか増加傾向にある。では、どのようにして省電力化に取り組んでいけばよいのだろうか?IT機器を設置する際の最も一般的な基準は「スペッ...(2010/7/5 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
オフィスの電力使用量を約25%削減達成。従来にはない新しい節電対策とは?
 オフィスにおける電力使用量のうち約32%は、コンセント経由の電力消費であるとご存知だろうか。コンセントを使用するPCやディスプレイなどの節電は、大半が社内ルールに基づき運用するもの。しかし、社員への負担がかかる上に、時間とともに節電意識が薄れ、失敗に終わ...(2011/6/16 提供:NTTソフトウェア株式会社)

技術文書
有効電力(W)と皮相電力(VA)の混同について
有効電力(W) と皮相電力(VA)の違い、および、UPS と負荷装置の仕様においてこれらの単位の違いが正しく理解されているかについて紹介する。適切なサイズのUPS を選ぶ際の基準となる単位である有効電力(W)と皮相電力(VA)を正しく区別できていないことが多い。UPS ...(2010/6/1 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
データセンターにおけるAC配電とDC配電
 1990年代のはじめごろから、一部のメーカや技術者は、DC配電へ切り替えることの利点を訴え、データセンターでもやがてDCが標準となるだろうと予測した。実際にはこの予測は当たらず、DC配電はむしろ減少した。最近では、高電圧のDC配電をベースとする新しい主張がなされ...(2010/3/1 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
データセンターの効率を向上させる高密度配電方法
 北米地域の大規模なデータセンタで使用される標準的な配電システムは、227V/480Vの三相電力システムである。この電力システムは複数の分散型分電盤(PDU)に給電し、PDUでIT機器の120V/208Vの単相分岐回路に合わせて電圧変更が行われる。 1ラックあたり10kwから40kwの...(2008/11/19 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

Loading