TechTargetジャパン

レポート
「可用性への投資」の理想と現実――意思決定者への調査で分かったこと
 現在、ビジネスの変革の中心にいるユーザーに共通する特徴として、ミッションクリティカルなアプリケーションやデータに24時間365日アクセスできる環境を求めることが挙げられる。そのため、多くの企業が可用性向上のために投資を続けているが、そのほとんどが十分な効...(2016/7/22 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

製品資料
VM約500台のデータ保護は何分でできる? 仮想マシンのバックアップ高速化対策
 仮想環境に移行したデータセンターでは、バックアップ、アーカイブ、レポーティングといった一連のデータ保護をより効率的に行う必要がある。組織内のデータ活用を進めるためには、仮想環境下でも多くのデータを短時間に移動することが求められるからだ。 従来のコンピ...(2016/7/22 提供:CommVault Systems Japan)

レポート
医療の質の向上を決定づける病院の“モバイル推進”戦略とは?
 医療の現場ではモバイルデバイスの採用が着実に進んでいる。ベッドサイドや在宅医療の場面など、場所を問わない使い方ができるようになることはもちろん、モバイルデバイスによって入力の手間を省力化したり、電子カルテや検査データへの閲覧性を高める環境を実現したり...(2016/7/21 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
そろそろ見直したいマイナンバー業務環境、安全性と利便性は低コストで改善
 既に一巡した感のあるマイナンバー対策だが、運用が定着したことで見えてきた課題もある。セキュリティは強固だが各種システムへのサインオンが不便なケースや、利便性は高いが「なりすまし」行為などへの対策が不十分なケースなど、マイナンバー業務環境に課題を抱える...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

製品資料
標的型攻撃を阻止――今、エンドポイントに求められる3つの防御策
 近年、猛威を振るう標的型メール攻撃やランサムウェア攻撃では、ウイルス対策ソフトが認識できない未知のウイルスや、Adobe Reader、Adobe Flash Player、Javaなどの一般的なソフトウェアの脆弱性を利用した攻撃が行われている。 これらのケースで少なからず見られるの...(2016/7/19 提供:クオリティソフト株式会社)

事例
インサイドセールスの導入で商談設定率が5割増 営業を1年で変えるツールとは
 総合不動産業を展開するアップウィッシュは、会員制ポータルサイトを活用するなど時代のニーズを的確に捉えた経営戦略で躍進を続け、7年間で社員数15人から100人規模までに拡大し急成長を遂げている。しかし数年前までは、「先輩の背中を見て覚える」という我流の新人教...(2016/7/15 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

Webキャスト
ソフト開発の管理負荷を増大させるテスト工程、効率化の余地はどこにある?
 近年、ソフトウェア開発の現場で管理のオーバーヘッド増大が問題となっている。市場や技術の変化が激しい中、大規模な開発でもアジャイルが当たり前となり、品質に対する要求も年々厳しくなっていることが背景にある。 このような厳しい環境で効率化を進める手段として...(2016/7/14 提供:リックソフト株式会社)

Webキャスト
サーバ管理者が運用できる「サーバ仮想化後に最適なネットワーク」とは?
 サーバ性能の急速な向上から、仮想化によるサーバ集約率は数年前とは比較にならないほど高まっている。これに伴い、サービスインスタンスとデータ量は著しく増加したが、旧来のネットワークはこの変化に対応できずボトルネックとなっているケースが多く見られる。 仮想...(2016/7/14 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
アプリ処理速度を向上する運用管理術――秘訣はネットワーク設計にあり
 サーバ仮想化、ビッグデータ分析、モバイルワークなどの活用の広がりに伴い、データセンターの大規模化やアプリケーションの増加が急速に進んでいる。多くの企業が、この変化に対応するため、ストレージ環境の増強を検討するようになった。 IT調査会社のIDCによれば...(2016/7/14 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
自社に最適な「クラウドの組み合わせ比率」の見つけ方
 プライベートとパブリックの両クラウド環境を利用するハイブリッドクラウドが、多くの企業で導入されるようになった。しかし、プライベートとパブリックの利用割合を最適化することは簡単ではない。コストと運用効率、そしてサービス提供のスピードといった観点で最善の...(2016/7/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
コスト最適化が難しい中規模環境のバックアップ、選ぶ価格と機能の条件とは?
 事業継続計画(BCP)や災害対策の観点から、多くの企業がバックアップ製品を導入している。しかし、中規模なシステムを運用する企業の中には、バックアップコストを最適化できずにいるケースが少なからず見られる。 その理由としては、物理/仮想サーバが混在した数十...(2016/7/12 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
会社支給のiPhoneでOffice 365やBoxを活用、マクニカのモバイル端末管理法とは?
 業務におけるモバイル活用を進めるために、社員にモバイル端末を支給する企業は多い。しかし、それを十分に活用できるシステムを同時に提供できなければ、メールやスケジュール管理くらいにしか使うことができず、業務の効率化は実現できない。 半導体やネットワーク機...(2016/7/11 提供:モバイルアイアンジャパン)

技術文書
アナログ/ミックスシグナル(AMS)設計を完結するTanner EDAのフルフローツールスイート
 IoT市場の急成長を受け、その導入に必要となる多種多様な製品を創造するための「パワフルさ、高いコスト効率、使いやすさ」といった要件がフルフローのAMS設計環境に求められている。しかし、多くのEDAベンダから入手できるのは、高額でコストパフォーマンスの低いAMS設...(2016/7/8 提供:メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社)

レポート
サーバ仮想化の隠れたデメリット、データ保護の効率低下はどう解消する?
 サーバ仮想化によりリソースの効率化や運用コストの削減を目指す企業が増えているが、それにより新たな問題が生じることもある。その代表例が、高度な仮想環境になることでデータの保護とリカバリの効率が低下するケースだ。 これについてIT調査会社のESGは「従来のバ...(2016/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
実証実験から読み解く、IoT/ビッグデータ/AI連携に必要なストレージ基盤
 IoT、ビッグデータ、AIの連携が本格化する時代が訪れようとしている。これによりインターネットビジネスだけでなく、あらゆる業種が新しい価値を創出するようになるという。近い未来に生じるこの変革に対して、企業はどのようなIT基盤を準備するべきだろうか。 従来型...(2016/7/7 提供:クラウディアン株式会社)

事例
ソフトウェア開発クラウドで仮想特化型ストレージを実践、その実力を探る
 富士通のソフトウェア開発環境を提供する富士通沼津ソフトウェア開発クラウドセンターは、国内外の開発者にソフトウェア開発環境向けプライベートクラウドを提供している。このサービスの核となっているのが、仮想環境のオンデマンド貸し出しシステムだ。 しかし、サー...(2016/7/6 提供:富士通株式会社)

レポート
無線LANの基礎知識――企業に最適なネットワークを探る
 「Wi-Fi」とも呼ぶ無線LANは、今日のネットワーク環境において最も一般的に利用されているインフラだ。現在の無線LANにつながる規格「IEEE802.11」を最初に策定したのは1997年だが、本格的に普及し始めたのは、転送速度が最大11Mbpsの「IEEE802.11b」を規格化した1999年...(2016/7/5 提供:KDDI株式会社)

レポート
仮想環境向けデータ保護ソリューションの選び方――実地テスト結果で検証
 VMwareやHyper-Vを用いてサーバ仮想化に取り組む企業は多いが、高度に仮想化された環境において、仮想マシンのバックアップ、データリカバリに課題を感じる企業は多い。災害対策における復旧目標値(RTO/RPO)の改善のため、データストア内の仮想マシンを対象にしたス...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
2極で進むデータセンターのサイロ化、不可避となったシステム刷新の方法は?
 データセンターで利用されているITシステムの多くは、自動化/オーケストレーション機能を備えている。しかし、それでも長期間の運用に伴う、複数世代のITの混在や、ベンダー間の非互換性といった問題を避けることは難しい。 このような形でサイロ化が進んだシステムが...(2016/7/4 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
VPNで「拠点間接続」「リモート接続」、利用シーンや導入のメリット
 スマートフォンやタブレットをはじめとするモバイル端末の普及や、ワークスタイルの多様化などにより、拠点間でファイルやネットワーク機器、アプリケーションを共有したり、自宅や外出先から社内と同じ環境で仕事をしたりする環境が求められている。 そこで注目される...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
クラウドとどう使い分ける? VPNが業務効率の向上に役立つシーンとは?
 モバイル活用による営業効率の改善、ノートPCの持ち出しなどによる情報漏えい対策、オフィスや拠点の増設などへの対応に課題を持つ企業は多いだろう。これらの課題を解決するには、ネットワーク環境の改善が有効な場合がある。 しかし、インターネット回線を用いた「イ...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?
 近年、基幹システムや情報系システムをクラウドに移行する企業が増えているが、これらの企業が最も重視するのがベンダーの信頼性だ。そして、このような信頼できるサービスにデータセンターや仮想化基盤、ERPなどを集約させる流れも生まれつつある。 これらのサービス...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

技術文書
コネクテッドカーの信頼性と安全性を支えるエンジニアリングシミュレーション
 コネクテッドカーの開発に携わるエンジニアは、センシング、接続性、安全性、信頼性、耐久性といった数多くの課題に直面します。 本資料では、それらの課題を、アンテナ、センサー、EMC、システム、ワイヤレス給電、組込みソフト開発等のアプリケーションを通したソリ...(2016/6/29 提供:アンシス・ジャパン株式会社)

Webキャスト
ストレージがSQL対応、進化したコンバージドインフラでDB環境はどこまで変わる?
 コンバージドインフラは、ハードウェアやソフトウェアの進化の恩恵を多く受ける反面、従来機種で特長とされた技術や機能が陳腐化しやすい。そのため、導入に際しては、その時点での主要技術とハードウェアの進化を把握する必要がある。 近年、DB対応へのニーズの高まり...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
リスクを抑える端末の運用管理――モバイルデバイスとデスクトップPC併用の場合
 多くの業務でノートPC、タブレット、2-in-1デバイスなどが利用されるようになり、モバイルデバイスが従業員の標準となり始めている。しかし、強力なコンピューティングパワーを備えたデスクトップPCは今でも特定の業務で大きな効果を発揮する。 モバイルエンタープライ...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

事例
端末のライフサイクル管理、デバイスが多様化しても基本方針を変えない理由
 デスクトップPCやノートPCに加え、タブレットや2-in-1デバイスなどを業務に利用する従業員が増えたことで、デバイスのライフサイクル管理が複雑化している。さらに、クライアントデバイスに対するセキュリティの重要性も以前にも増して高まっている。 この状況下で、デ...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

レポート
インテルが実践するOSアップグレードの「ベストプラクティス」とは?
 Windows XPからWindows 7、そしてWindows 8.1へ。インテルは過去10年間で10万台以上の社内PCを新しいOSへと移行してきた。同社ではこれらの経験を基に、新しいOSの定期的な評価やテスト手法、OS導入に関するベストプラクティスを更新している。 さらに、ベストプラクテ...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

製品資料
「ITIL」の適用がポイント、忙しすぎるIT部門の運用業務改革の勘所
 IT活用の広がりを背景に、IT部門には自社システムの運用維持やビジネス活用が経営層から強く求められるようになった。また、セキュリティに対する関心の高まりから、インシデントへの対応といった多角的なマネジメントを求められている。だが、現状を概観すれば、この要...(2016/6/27 提供:株式会社ユニリタ)

製品資料
バックアップの統合運用「3つのポイント」――仮想・物理環境も複数OSも問わず
 事業を支えるITシステムを安定稼働させるための対策として、多くの企業がバックアップ体制を整えている。しかし、年々進行するシステムの複雑化やデータの増加により、バックアップに対する新たな課題も見え始めている。 特に物理・仮想環境の併用や複数OSの混在などが...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

レポート
x86サーバだけが解ではない――Linuxサーバを活用したくなる10の理由
 現在、あらゆる組織で売り上げ、収益率、顧客サービスの向上に向けてITが活用されている。しかし、企業や政府機関の多くで、実務能力に制約をかけるようなITインフラを採用してしまっているケースが散見される。これは、IT管理者が持っているサーバプラットフォームに対...(2016/6/27 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading