TechTargetジャパン

技術文書
5つの質問に“Yes”と答えられるか? ハイブリッドクラウド管理の未来を占う
 クラウドを活用したハイブリッドIT環境が多くのメリットをもたらす一方、管理側には新たな課題が山積みとなっている。データの保存場所は多様化し、常に注意を払っていないと手の届かない場所で認知のできないものになるかもしれず、アプリケーションやデータの増加で問...(2020/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体?
 技術革新やワークスタイルの変化で、企業ITインフラにはサーバからPC、モバイルデバイス、専用端末、ネットワーク機器など、さまざまなベンダーのハードウェアが混在している。 トラブルが起きれば問題を切り分けなければいけないが、それぞれ仕組みが違い、台数も多く...(2017/5/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
「従業員が幸せになると顧客満足度が向上する」は本当か?
 カスタマーエクスペリエンスを重視し、その価値の向上を図る企業は多い。その一方で、高品質なカスタマーエクスペリエンスを実現する上では、従業員エクスペリエンスの向上も欠かせないとされている。実際、従業員エクスペリエンスの高い企業は、顧客満足度が高く、従業...(2017/5/26 提供:デル株式会社)

講演資料
デジタル変革を阻害する「ハイブリッドITの複雑化」を解消するには?
 近年、注目される「デジタルトランスフォーメーション」の取り組みでは、非常に複雑化した従来型アプリケーションや、極度に分散されたクラウド対応アプリケーションが課題となっている。これまで進めてきたハイブリッドIT環境は、複雑になりすぎて、いまではイノベーシ...(2017/5/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

講演資料
無制限でシームレスに拡張できる次世代オールフラッシュの注目点は?
 さまざまなモノがインターネットにつながるIoT時代となり、企業には、生成される膨大なデータを分析、保管、保護するための準備が求められている。今後は、無制限でシームレスに拡張できるストレージ環境がより重要となっていくだろう。 このような要求に応える形で登...(2017/5/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
中小製造業でも無視できない「SDN」その導入メリット
ソフトウェアによって仮想的なネットワーク環境を作る技術やコンセプトを指し、「ネットワーク仮想化」などといった表現をされることもあるSDNだが、近年、製造業従事者から熱い視線を送られている。それは製造業にとっての大きな関心事である「スマートファクトリー」や...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

Webキャスト
オールフラッシュでビジネスはどう変わる? 注目技術とトレンドを解説
 あらゆる企業や組織が、新しいテクノロジーによってもたらされる膨大なデータソースへのアクセスを必要とし始めている。人間が作るデータ、機械が生成するデータ、ビジネスのトランザクションのデータなどは、企業の競争力の柱としてさらに重要を増している。 その差別...(2017/5/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
中小製造業こそ、「技術とモノを見せる」考えからの脱却が必要だ
 製造業を取り巻く環境は決して楽観できるものではなく、近年では「モノ売りからコト売りへのシフト」「製造業のサービス化」などといったフレーズが良く聞かれる。その流れを受けてか、2016年のCEATECは「つながること」の重視を打ち出した。 動員こそ前年なみであった...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

レポート
ハイパーコンバージド徹底検証:仮想化導入の容易性と可用性はどこまで高まる?
 近年、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)の導入が進む背景には、サービスとサポート、拡張性、仮想マシン(VM)のプロビジョニングに対する高い要求がある。特に、単一の障害がインフラ全体に及ぼす影響を考えたとき、冗長性と可用性に優れ、管理も手軽...(2017/5/24 提供:デル株式会社)

技術文書
Cisco UCSで構築するハイパーコンバージド、そのベストプラクティスとは?
 ハイパーコンバージドインフラを構築する場合に、既存のサーバをWebスケールなストレージに置き換えられるNutanix製品。SAN不要で共有ストレージ機能を提供し、コスト削減や優れたスケーラビリティといったメリットが得られることから、データセンターへの導入が進んで...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法
 昨今のようにデータの量と複雑さが増大し続ける状況では、信頼できるデータ基盤がなければ、日々の意思決定を的確に行うことも、アナリティクスやレポートからビジネス状況を正確に把握することも難しくなる。しかし、スプレッドシート、電子メール、レポート、顧客情報...(2017/5/24 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
請求業務時間を2日間から数時間に短縮。IBM i環境の帳票オープン化の効果
 帳票にまつわる課題は企業によって多種多様だ。なかにはメインフレーム系システム基盤を用いているため、帳票出力業務に多くの労力と時間がかかり、専用プリンタや専用用紙の管理コストが負担となっているケースもある。 例えば、「IBM i(AS/400)」などは、長年にわ...(2017/5/24 提供:インフォテック株式会社)

事例
低コストで耐障害性・安全性を強化、天野実業に学ぶ帳票基盤のクラウド移行
 アサヒグループの一員として食品事業を展開する天野実業。同社は、オンラインショップを通じて、フリーズドライ食品やレトルト食品などの販売を行っているが、その業務を支える請求書発行システムの運用に課題を抱えていた。 個人情報を扱うシステムであるため、障害対...(2017/5/24 提供:インフォテック株式会社)

製品資料
リスティング広告に頼らない、中小企業もすぐできるネット集客
 知識やリソース、環境がないことで、ネット集客を効率的に実践できずにいる企業は、中小企業を中心に多く見られる。また、その実践においても、デザインの美しさやSEOのテクニックにこだわりすぎて失敗するケースも少なくない。 しかし、実際のネット集客では、必要十...(2017/5/24 提供:株式会社ベーシック)

レポート
「在庫最適化システム」が抱える課題、販促時の大幅な需要変動にどう対応する?
 小売業の発注業務を支援する在庫最適化システムは便利なものだが、従来は販促プロモーションなどのイレギュラーな需要に対応しきれない点が課題となっていた。需要予測ができず、販促の初期段階で在庫不足になったり、販促終了時に過剰な在庫を抱えてしまったりといった...(2017/5/23 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値
 市場のニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境変化に対応していくには、常に新しい技術が実装されるオープンソースソフトウェア(OSS)の活用が欠かせない。中でも注目されているのが「Node.js」「Apache Spark」「Docker」の3つだ。 Dockerで柔軟性の高いシステ...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
リアルタイム分析の第一歩、データ活用基盤の理想的な構築方法は?
 Uberのような新たなプレイヤーがITを武器にビジネスに参入してくる時代では、データ活用の重要性はあらゆる業界で急速に高まっている。しかし、多様なデータをさまざまなシステムが個別に保有している結果、限定的なデータ分析しか行えない企業は少なくない。 必要とな...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
PCIeより2.5倍高速にGPU-CPU接続。NVLink搭載サーバの実力
 近年注目されるディープラーニングは、回答の精度を上げるために極めて高い計算処理性能を必要とするニューラルネットワークを何階層も構築するとともに、各階層の間で処理結果のやりとりが必要になる。このような多段階にわたる膨大な処理を通常のIT環境で実行するには...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件
 これまでIT部門は、システムの保守・運用業務に専念する「守りの部門」だったが、近年はITサービスを能動的に提供する「攻めの部門」へと転換することの重要性が認識されつつある。そのスタートラインとなるのが、システムの運用管理基準を定めた「ITIL(Information Te...(2017/5/22 提供:株式会社クレオ)

製品資料
データセンター仮想化を見直すことで得られる「8つのメリット」
 サーバ仮想化技術への期待は年々大きくなっているが、長い間、主要ハイパーバイザーの基本的なアーキテクチャには大きな変化が見られなかった。レガシーな仮想化製品は、無数の単機能なストレージアレイを対象に設計されたもので、ハイパーバイザーを個別に購入する必要...(2017/5/22 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
なぜ、モバイル活用にEMMが必要不可欠なのか? 失敗しない導入ステップ解説
 EMM(エンタープライズモバイル管理)は、モバイルデバイスの業務利用をセキュアに実現するための統合ツールだ。その導入目的は、従業員が業務のためにデバイスを利用しても、自然に企業の運用ポリシーが守られ、セキュリティが保たれる運用環境を作ることにある。 従...(2017/5/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」とは何か、その文脈とは
 ガートナーの調査が「2019年には約50億ドルの市場に拡大」と成長を予想しているハイパーコンバージドインフラ(以下、HCI)だが、その実態を理解しているユーザー企業は意外と少ない。そのため、導入の検討を始めても投入コストや導入メリットのバランスが正しく把握で...(2017/5/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Webキャスト
自社のクラウド導入はどの段階? デジタル変革を成功させる段階的アプローチ
 IoTやデジタルマーケティングなど新たなITの使い方が広がり、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の流れが国内でも加速している。その中ではクラウド、とりわけ複数のクラウド環境を使いこなすハイブリッドクラウドの重要性が高まっている。 多種のクラウドを...(2017/5/19 提供:インテル株式会社)

Webキャスト
テレワークは推進すべきか否か? 企業調査で見えた課題とビジネスチャンス
 官民で機運が高まる「働き方改革」を受けて、あらためてテレワークが注目されている。場所や時間、デバイスにとらわれない柔軟な働き方ができるようになれば、生産性はもちろん従業員の満足度の向上などにもつながる。 しかし、テレワークはまだまだ企業に浸透していな...(2017/5/19 提供:インテル株式会社)

レポート
デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素
 消費者が自ら情報を発信し、膨大なコンテンツが氾濫するデジタルチャネル時代。口コミ情報の影響力は大きく、既存チャネルを通じて企業が主導するマーケティングだけでは、効果的にアプローチすることが難しくなっている。これは、マーケターが意識すべきカスタマージャ...(2017/5/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
マルチクラウドの落とし穴――クラウドに依存したセキュリティ管理の問題とは
 企業が複数のクラウドサービスを利用するようになったことで、アプリケーションのセキュリティ管理がますます複雑化している。 クラウドサービスやオンプレミスなどの各環境の状況に合わせて個別にセキュリティを担保していくのは、管理・コストの両面で多大な負担にな...(2017/5/17 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

レポート
「テクニカルショウヨコハマ」展示会レポート
“未来をひらく新技術”をテーマに、加工技術や機器・製品、環境などの総合見本市を展開する展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回りきれなかった方な...(2017/5/16 提供:株式会社アペルザ)

Webキャスト
美魔女が教える「はじめてのファイルサーバ」――中小企業を救う6つのヒント
 社内にデータ活用がしやすい環境を作ると同時に、重要データを守るためのサイバー攻撃対策をすることは、多くの企業が最優先とする課題だ。しかし、人員が不足しがちな中堅・中小企業のIT部門にとって、通常業務の合間にファイルサーバを管理することは容易ではない。 ...(2017/5/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

プレミアムコンテンツ
組み込みAI実行環境としての半導体、日の丸半導体の持ち札は
これまでなかなか収益の安定を果たすことができなかった“日の丸半導体”ルネサス エレクトロニクスが好転の兆しを見せている。2017年度第1四半期の売り上げは好調であり、インターシル買収に伴う大規模な組織再編も行うなど攻めの姿勢を見せている。5年ぶりに開催された...(2017/5/15 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
最適なアクセスポイントに常時接続、IEEE 802.11acも徹底活用できる無線LAN運用
 ワークスタイルの多様化やモバイル端末の活用を進める上で欠かせない無線LAN環境。ユーザー増加に合わせて規模を拡張したり、ギガビット無線LANを導入したりしても、不安定な接続状況が改善されず、期待したほどのスループットが得られないケースも少なくない。 その典...(2017/5/15 提供:株式会社日立システムズ)

Loading