TechTargetジャパン

Webキャスト
DB運用で「低コスト・高パフォーマンス」を諦めてはいけないのはなぜか?
 データベース(DB)は価値を生み出す無尽蔵の資源という認識が定着するに伴い、その利用形態の多様化が進んでいる。近年は、オンプレミスでもクラウドでも利用できるDBや、ペタバイト級のデータ分析基盤などに対するニーズから、DB環境を移行する流れが生まれつつある。(2016/12/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
徹底レビュー:「Windows 10」の新機能でクライアント環境はこう変わる
 Windows 10を搭載したクライアントPCやタブレットの人気が続いている。Windows 10は、ユーザーの使い勝手やセキュリティ、運用管理性を高める多数の新機能を搭載すると同時に、クライアントPCをはじめ、タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスでも同じ操作性...(2016/12/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

講演資料
「使いこなしが重要」デジタルトランスフォーメーションでサービスを生み出す
 ビジネス環境はどう変わったのか。一例として、この10年間で時価総額の上位企業がエネルギーや金融からIT系に大きく塗り替えられた。「デジタルトランスフォーメーション」の時代である。さまざまなキーテクノロジーの中でも、次の注目は「ロボット」、これを動かす「人...(2016/12/2 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
働き方は変わりましたか? Office 365とモバイル活用の基礎講座
 クラウドサービスやスマートフォンの普及でワークスタイルは大きく変化した。企業ITのスタンダードである「Microsoft Office」がクラウドで提供される「Office 365」を例に、モバイル活用のさまざまなケースで解説する。 多様なアプリが出そろっていることで、外出先で...(2016/12/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
AIの精度が出ない…… 機械学習を実活用レベルに引き上げる「加速化」
 AI活用に欠かせないのが機械学習。大量データから傾向を分析させ、高精度な予測と判断を行わせる機械学習だが、環境構築に手間が掛かる、頻繁にコードを書き換える必要があるなど、導入するまでのハードルはまだまだ高い。 予測や判断などの特定タスクを行うモデルで...(2016/12/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Amazon EC2実践ガイド:HAクラスタを構築してアプリ可用性と耐障害性を確保
 高いSLAを提供するAmazon Web Services(AWS)だが、大規模障害とまったく無縁というわけではない。そこで、大規模障害に対処し、AWS上でアプリケーションの可用性を確保・向上させる手段として、オンプレミスと同じようなHAクラスタ環境を構築する企業も多い。 こうし...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
AWS上で“オンプレミス並みのアプリ可用性”を確保するHAクラスタシステム構築法
 Amazon Web Services(AWS)でシステムの可用性を高める方法として、データベースにAmazon RDSを利用したり、Amazon EC2のリカバリー機能を利用したりするユーザーは多い。しかし、バージョンによる制約を受けるケースや、アプリケーション障害に対してユーザー自身で対...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
DevOps開発の3要件――「気が付いたら取り残されていた」とならないために
 従来では考えられなかったサービスがITによって誕生してきた。最近ではタクシー配車の「Uber」や民泊案内の「Airbnb」など、業界構造を根底から変えてしまうケースもある。こうした変化は他の業界にも広がるだろう。デジタルトランスフォーメーションに取り残されないた...(2016/11/30 提供:レッドハット株式会社)

レポート
未来のWANの姿を考えよう──WANがソフトウェア定義へと向かうこれだけの理由
 クラウドの採用に加え、リッチメディアや双方向通信といった帯域幅を大量に消費するアプリケーションをサポートするために必要な、帯域幅要件の拡大が進んでいる。そのため、遠隔地でのハイブリッドWANトポロジー(MPLS、インターネット、LTEの方式を組み合わせた接続形...(2016/11/30 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
サイロ構造を今すぐ解体せよ──アプリとネットワークを統合管理する方法とは
 アプリケーションやWebサービスの高速配信と拡張を可能にするために、多くの企業がハイブリッドクラウドインフラの導入を進めている。このトレンドによって、社内外のインフラの境界線が曖昧になり、IT部門の業務負荷が増している。 しかし、米国のITコンサルティング...(2016/11/30 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

講演資料
BCPは業務部門とIT部門の協働が鍵、クラウド時代の事業継続計画
 実効力のあるBCPを実現するには、近年のテクノロジーやシステム構成の変化に加えて、環境や災害が及ぼすリスクの変化も考慮し、有事においても確実にシステムを立ち上げ事業を継続できる対策を取らねばならない。その際に課題となるのが、業務部門とIT部門の間に生まれ...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
VDIだけでは防げない「未知のマルウェア」、被害を最小化する4つの手法
 ランサムウェアなどによるサイバー攻撃に対して、仮想デスクトップとセキュリティ製品を組み合わせた対策を施す企業が増えている。しかし、攻撃の手法は高度化・巧妙化が進んでおり、このような対策だけでは脅威を最小化できなくなりつつある。 そのため、これからのセ...(2016/11/29 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
統合データ管理ソフトの基礎解説――企業のあらゆるデータを保護するメリット
 統合データ管理ソフトウェアが注目されるようになった理由は、ファイルやメールシステム、PC端末、データベース、Webシステムなど、企業システムの各所で蓄積されるデータが膨大になってきたからだ。各システムで個別にこれらのデータをアーカイブし、バックアップする...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
数百台の仮想マシンのデータ保護、解決すべき「4つの課題と対策」
 仮想マシン(VM)のバックアップは、VMイメージファイルをバックアップ先のストレージにコピーするのが一般的だ。しかし、仮想マシンが数百台単位になると、この方法では大幅に時間がかかってしまい、システム利用にも支障が出てしまう。こうした課題に対処するため、ス...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

技術文書
基礎解説:Hadoop/Spark環境の効果を最大化するプラットフォームの条件
 オープンソースの分散コンピューティングミドルウェア「Hadoop」は、スケーラビリティや耐障害性などに優れていることで、データ分析基盤のデファクトスタンダードになっている。しかし、レイテンシの高さや、繰り返し処理などで時間がかかることが課題になってきた。 ...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
サービス開発で差別化、メンテナンスフリーで最新環境を、その答えは
 ビジネスのスピードに合わせて、IT開発もアジャイルやDevOpsなどの手法で加速している。状況に応じて最適な環境を選択できるオープン性、セキュリティやコンプライアンスなども含めた運用管理負担の軽減も大事な要件であり、クラウドが選ばれる背景にはこうしたニーズが...(2016/11/25 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
タッチやペン操作、リッチなUI、多様なデバイス、まとめて簡単に開発する新手法
 多彩な形態とOS環境の端末が市場にあふれている昨今、そのアプリケーションを提供する側は「どのような手段で開発するか」が重要な要素となっている。クロスプラットフォーム開発が進み、さまざまなOSに対応するハードルは下がったが、過去のノウハウやソフトウェア資産...(2016/11/25 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
日次バックアップを5時間から25分へ――コストにこだわるドン・キホーテの選択
 業務システムにバックアップは欠かせないが、その運用に掛かる手間やコストを適正化できていない企業は多い。国内外で小売業を展開するドン・キホーテも、複雑化したバックアップ環境の運用に掛かる手間とコストを課題としていた。 同社は物理環境として12のシステムを...(2016/11/24 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
クラウド型 CAD で機敏な設計を実現!導入メリットと事例を公開
 クラウドベースのサービスや 3Dプリンティングなど、最先端のテクノロジーがこれまでになく利用しやすくなったことで、新しいデザインをすばやく調査したりプロトタイプを作成できるようになった。特に小規模メーカーやスタートアップ企業での製品開発は、規模は小さ...(2016/11/24 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
Microsoftが教える、理想のクライアント/クラウド環境を実現する12のシナリオ
 セキュリティ動向や労働環境の変化は、ビジネスに求められるクライアント環境などの条件にも影響を及ぼす。近年では標的型攻撃の激化、労働人口の減少といった社会問題が、セキュリティやワークスタイル変革、コミュニケーションに対する要件を大きく変え始めている。 ...(2016/11/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
事例で見るクラウドサービス活用――開発・検証から新規システム展開まで
 さまざまな分野で活用されるクラウドサービスだが、具体的な導入効果が見えづらいことから、自社のニーズにマッチするか危惧するユーザーも少なくない。そこで、さまざまな企業の導入事例から、開発・検証の効率化や新規システムの展開などに与える効果を検討する。 こ...(2016/11/21 提供:日本オラクル株式会社)

事例
400台のWindows PCを総移行、川口信用金庫が解決したセキュリティと運用のリスク
 シンクライアントとは逆の、端末機ごとに多様なアプリケーションをインストールし、さまざまなデータが格納されているファットクライアント環境では、ユーザーごとに情報漏えいを防ぐルールを順守してもらう必要がある。端末自体の使用ルールに加え、USBメモリなどの外...(2016/11/18 提供:パラレルス株式会社)

レポート
コスパ徹底比較:専用サーバ vs. パブリッククラウド
 24時間365日の安定稼働を実現するパブリッククラウドが登場し、基幹系システムをクラウド移行する企業が増えているが、今も多くの企業がオンプレミス環境を選択している。その大きな理由として、パブリッククラウドでは一定以上のサービスレベルの確保が難しいことが挙...(2016/11/17 提供:さくらインターネット株式会社)

Webキャスト
「軽量化」「DWG 図面からの 3D」など設計者が直面する5つの課題をまとめて解決!
 オートデスクがお送りするオンラインセミナー。今回は、「軽量化」「DWG 図面からの3D」「マルチCAD環境での協業」などで悩んでいる設計者のために、いま現場で直面しているであろう課題を、デモ動画を交えながら、5つのポイントにまとめて解決策を紹介する。【5つのポ...(2016/11/17 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
仮想化環境の隠れた課題を可視化、健康診断サービスで運用改善とコスト削減
 業務を支える仮想化基盤の安定的な稼働と十分なパフォーマンスの確保は、多くの企業が重要課題としている。しかし、コスト面の制約もある中で、環境や運用の最適化や、ハードウェアリソースの適正なサイジングを実現することは容易ではなく、運用を健全化できずにいるケ...(2016/11/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
計測器校正のトレーサビリティの重要性と「受託校正サービス」の活用
 近年、校正管理について法や規格の整備が進み、それらの要求事項はより厳格化されてきている。横河レンタ・リース株式会社では、設立当初より品質保証活動を重要視し、計測器の「校正管理」には特に力を注いできた。 本資料では、校正の運用管理に課題を抱えられてい...(2016/11/15 提供:横河レンタ・リース株式会社)

製品資料
汎用型 vs. 仮想化特化型――同じオールフラッシュでもここまで違う
 オールフラッシュストレージはディスクストレージより高速なアクセスを実現でき、省電力や省スペースなど、数々のメリットをもたらす。そして、これまでは割高だった価格もついにハイエンドのディスクストレージと肩を並べつつあり、いよいよ本格的な普及が始まろうとし...(2016/11/11 提供:富士通株式会社)

事例
ブートストームをものともせずに数秒で起動――伊達市がVDI環境に施した工夫
 仮想デスクトップ(VDI)環境では、始業時などに多数のアクセスがシステム基盤に集中することでパフォーマンスが低下する「ブートストーム」が問題となる。これは多数の仮想デスクトップからストレージへの入出力が集中することにより生じる現象で、システム全体として...(2016/11/11 提供:富士通株式会社)

製品資料
業務に合わせたクラウドの選び方、オンプレミスからサービスまで徹底解説
 ひと口にクラウドサービスといっても、その内容はさまざまだ。SaaS、PaaS、IaaSなどのサービス区分があり、それぞれのサービスメニューも千差万別で、IaaSに限っても、仮想サーバだけでなくユーザーが占有できる物理サーバのサービスもあり、基幹系などのニーズに対応し...(2016/11/11 提供:日本電気株式会社)

事例
セイコーエプソンなど大手企業6社のIaaS活用、気になる導入効果は?
 クラウドを採用することで得られるメリットはさまざまだ。例えば、新たなサービスのためのIT基盤を短期間で用意したり、余剰リソースを抑えることでコストを削減したり、オンプレミス環境よりも運用管理をシンプルにしたりすることができる。 セキュリティやガバナンス...(2016/11/11 提供:日本電気株式会社)

Loading