TechTargetジャパン

技術文書
5つの質問に“Yes”と答えられるか? ハイブリッドクラウド管理の未来を占う
 クラウドを活用したハイブリッドIT環境が多くのメリットをもたらす一方、管理側には新たな課題が山積みとなっている。データの保存場所は多様化し、常に注意を払っていないと手の届かない場所で認知のできないものになるかもしれず、アプリケーションやデータの増加で問...(2020/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
サーバセキュリティの緊急課題、システムブート時を狙う攻撃をどう防ぐ?
 サイバー攻撃の対象領域は、いまやネットワークやソフトウェア、アプリケーションから物理的プラットフォームまで拡大してきた。この新たな脅威の問題は、従来のセキュリティがファームウェアやBIOSの安全を前提としていたため、その検知や排除が難しい点にある。 その...(2017/11/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
システムの目的別に解説するサーバセキュリティ実装のポイント
 OSのサポートが切れ、アプリケーションの致命的なバグといった消極的な理由だけでなく、戦略分野への集中投資、社内サービス品質の向上といった積極的な理由でも行われるシステム移行。移行作業で新たにサーバ環境を構築する際に注意すべき点はセキュリティだ。 セキュ...(2017/11/1 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
ネットワーク環境に関するアンケート(2017年8月)
TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「ネットワーク環境に関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、ツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員で、IT製品・サービスの導入に関与する方...(2017/11/1 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法
 昨今のようにデータの量と複雑さが増大し続ける状況では、信頼できるデータ基盤がなければ、日々の意思決定を的確に行うことも、アナリティクスやレポートからビジネス状況を正確に把握することも難しくなる。しかし、スプレッドシート、電子メール、レポート、顧客情報...(2017/10/31 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
Hadoopを業務部門でも活用、専門家でなくても扱えるデータ統合管理ツール
 ビッグデータを高速に処理できる「Hadoop」の導入企業が増える一方で、そのデータの管理や分析のスキル不足に悩む企業も少なくない。Hadoop環境ではコーディングスキルが要求される場面が多く、業務部門などの一般ユーザーが活用するにはハードルが高いのだ。 そこで...(2017/10/31 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
業務を支える切れないモバイル、大手通信事業者が43%の経費を削減した方法
 米国大手通信事業者AT&Tでは、3万9000人を超える社外エンジニアの業務システムに、モバイルに特化して開発されたものではない標準的な製品を利用していた。しかし、ネットワークが安定せず、頻繁に接続が切れたり、セキュリティパッチの適用やアプリケーションのアップ...(2017/10/31 提供:NetMotion Software, Inc.)

技術文書
ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント
 ディザスタリカバリー(DR)戦略の大きな障害となっているのが、データの急増だ。増え続けるデータ量に対応しきれず、確実に保護できないという担当者の嘆きも聞こえてくる。かといって、データ量を減らすことは容易ではない。こうしたデータ増への対応をはじめ、企業の...(2017/10/31 提供:Commvault Systems Japan)

技術文書
データ保護戦略を立てる上で知っておきたいランサムウェアの5つのタイプ
 企業のサーバやPCなどのシステムを使用不能にし、身代金を要求するランサムウェアは近年の大きな脅威になっている。ランサムウェア対策が難しいのは、さまざまな亜種が存在し、単一の防御策では不十分である点だ。 例えば、データ管理。防御策が破られた場合、ネットワ...(2017/10/31 提供:Commvault Systems Japan)

事例
【営業改革とグローバル強化】アンリツがCRMに「Salesforce」を選択した理由
 120年の歴史を誇る大手電子機器メーカーのアンリツ/アンリツグループでは、グローバルビジネスのさらなる強化に向け、幅広い顧客ニーズを理解し、それを製品やサービスに反映することが求められていた。しかし、当時は拠点ごとに別々のシステムが構築・運用されていた...(2017/10/30 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
「機械学習」で膨大な情報を迅速に活用、ビジネスを進化させる分析手法とは
 テクノロジーの進化は現代のビジネスにおける課題を大きく変化させた。とりわけビジネスの“スピード”は重要な要素となっており、従来のプロセスをより効率化して迅速なビジネスを実現しなければ顧客の求める製品・サービスを提供することは難しくなっている。 目まぐ...(2017/10/30 提供:インテル株式会社)

製品資料
仮想システムも数クリックで保護、中小企業向け統合バックアップ製品の実力は?
 現代の企業におけるITインフラはハイブリッド環境に移行しており、68%の企業が物理サーバ、仮想サーバ、クラウドサーバを組み合わせて活用しているという。中小規模の企業やSOHOにおいても、仮想インフラはもはや当たり前の存在となっている。 ハイブリッドなITインフ...(2017/10/27 提供:アクロニス・ジャパン株式会社)

製品資料
サーバパフォーマンスの最適チューニングでデジタル革新につなげるための方法
 サーバ環境のパフォーマンスを上げることは、事業の効率化と生産性アップにダイレクトにつながる。つまりサーバ環境のチューニングは、企業にとって今や優先順位の極めて高いテーマになっているといえるのだ。 サーバに使われるHDDやSSDといったストレージは大容量にし...(2017/10/27 提供:オリックス・レンテック株式会社)

製品資料
業務バッチを分散処理で高速化、Hadoop/Spark対応バッチ開発フレームワーク
 データベースの効率運用やアプリケーションの開発・配信に欠かせないバッチ処理だが、既存のバッチ処理は処理速度の面で限界に達しつつある。解決するにはハードウェアの増強や大規模なアプリケーションの修正が必要だが、コストもマンパワーも不足しがちな現状ではそれ...(2017/10/26 提供:株式会社ノーチラス・テクノロジーズ)

その他
システム保護から災害対策まで強化――バックアップ運用の統合と自動化の秘訣
 バックアップ作業はノウハウが属人化しやすいこともあり、人的エラーがしばしば発生する。そこで、バックアップの確実性と安全性を高めるために求められるのが、運用の自動化だ。加えて、増分バックアップによる全データのバックアップや、リストア後における復旧作業の...(2017/10/26 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

事例
1600人が利用してもVDIが安定稼働、東北大学が選んだ仮想化環境専用ストレージ
 東北大学は、事務職員用の端末の更新を機にICTガバナンスの強化と運用管理の効率化、セキュティ強化を目的としてVDI環境を導入した。約1600人の事務職員が利用するVDI環境において、常に安定したパフォーマンスを実現し、大学運営を支えているという。 VDI環境導入に際...(2017/10/26 提供:富士通株式会社)

事例
仮想マシン急増は要注意、TKCに学ぶストレージの危機回避
 仮想化環境の導入時に見落とされがちな課題の1つに、仮想マシンの増加に伴うストレージ性能の低下がある。この状態に陥ると、一部の仮想マシンの負荷増大が、他の仮想マシンを圧迫し、連鎖的な性能低下が生じるようになる。もし、システムが業務と直結しているのであれ...(2017/10/26 提供:富士通株式会社)

事例
ブートストームをものともせずに数秒で起動――伊達市がVDI環境に施した工夫
 仮想デスクトップ(VDI)環境では、始業時などに多数のアクセスがシステム基盤に集中することでパフォーマンスが低下する「ブートストーム」が問題となる。これは多数の仮想デスクトップからストレージへの入出力が集中することにより生じる現象で、システム全体として...(2017/10/26 提供:富士通株式会社)

Webキャスト
オールフラッシュでビジネスはどう変わる? 注目技術とトレンドを解説
 あらゆる企業や組織が、新しいテクノロジーによってもたらされる膨大なデータソースへのアクセスを必要とし始めている。人間が作るデータ、機械が生成するデータ、ビジネスのトランザクションのデータなどは、企業の競争力の柱としてさらに重要を増している。 その差別...(2017/10/25 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
メインフレームの帳票出力をオープン化、プログラム改修なしに実現する方法とは
 メインフレームの帳票出力環境は独特の仕様から、専用の大型プリンタやドットプリンタに限られることが多い。印刷の安定性と品質に優れるものの、運用コストの高さが課題となってきた。加えて、帳票出力形式もメーカーごとに異なることが多く、帳票デザインやプリンタ選...(2017/10/25 提供:ウイングアーク1st株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラ製品導入戦略ガイド
 ハイパーコンバージェンスは、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせて複数のタスクを実現するための流行語となっている。ハイパーコンバージドシステムを購入するためのヒント、その技術があなたの組織に何をもたらすのか、そして市場がどのように形成されているのか...(2017/10/25 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
動画でわかる!「3D 設計データのフル活用」30分講座
 設計データを現場でフル活用するためのポイントとは?そして、その効果とは? 3次元資産を有効活用することで、設計リードタイムが最大限短縮でき、手戻りの削減につながる。データを“そのままの環境で”うまく活用することで、シームレスに設計検証ができ、設計品質...(2017/10/24 提供:オートデスク株式会社)

Webキャスト
いまさら聞けない設計効率化、2D図面からの脱却と3D連携
 いまさら聞けない、3次元設計の基本中のキホンや3次元CADの活用と実践について分かりやすく動画で紹介する。・3次元の必要性は分かっているが、2次元の設計環境からはさまざまな事情で脱却できない・設計データのやりとりが非効率/設計データ連携や活用ができていない...(2017/10/24 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
多層防御をさらに強化、クラスタ機能搭載の大規模環境用インターネット分離
 ユーザーのインターネット閲覧環境と内部ネットワークを分離することで、社内へのマルウェアの侵入を防ぐインターネット分離。多層防御の考えに基づくセキュリティ対策が推奨される中、今や自治体だけでなく、一般企業でも導入例が増え始めてきた。 インターネット分離...(2017/10/24 提供:ジェイズ・コミュニケーション株式会社)

製品資料
外部攻撃と内部不正のリスクを最小化、体系的な防御でAPT攻撃も効率的に検出
 金融機関では次々と登場する脅威に応急処置的にセキュリティ製品を継ぎ足してきたケースが多く、複雑化や相関分析の障害といった課題を抱えている。そのため、ファイアウォールやIPS、IDSなど複数のセキュリティ製品による複雑化を解消して、統一したセキュリティ体系を...(2017/10/24 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
イベント監視など実運用面から見る「SQL Server 2017」移行ガイド
 データベースの移行には細心の注意が求められる。その有力候補である「SQL Server 2017」は各種ツールやパラメータなどの互換性に優れ、専用ツールが用意されていることもあり、比較的スムーズな移行が可能だが、考慮すべき点は多い。 本資料は、Oracle DatabaseからSQ...(2017/10/24 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現
 BCP対策で近年考慮すべきポイントとして浮上しているのが伝送データ量だ。IoTの活用などにより今までにないデータも増えており、基幹業務システムが日々生成するデータは膨大な量になる。小松製作所が取り組んだバックアップ環境の見直しでも、基幹システムのデータ量が...(2017/10/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
「VMware NSX」ピンポイント解説:「メッセージバス」と「ログ管理」を理解する
 データセンターのあらゆる要素をソフトウェアで制御する「Software-Defined Data Center」(SDDC)。その概念を具現化する上で重要になるのが、ネットワークの柔軟性確保だ。VMwareのネットワーク仮想化製品「VMware NSX」はネットワークの構成や管理の効率化、きめ細か...(2017/10/23 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
これで分かる「VMware NSX」完全入門ガイド
 仮想環境のネットワーク管理の効率化やセキュリティ強化に役立つのが、VMwareのネットワーク仮想化製品「VMware NSX」だ。多機能である半面、具体的にどのような機能があるのか、自社の課題をどう解消してくれるのかが分からない、という人も少なくないだろう。 VMware...(2017/10/23 提供:ヴイエムウェア株式会社)

比較資料
“現在の脅威”に最適化、次世代セキュリティモデルに移行すべき7つの理由
 ビッグデータやIoT、クラウドが急速に広がり、データ通信量は増加の一途をたどっている。新たな技術の台頭とともに脅威も多様化し、その対応コストや複雑さも高まってきた。しかし、この環境の変化に企業のセキュリティは十分に対応しきれていない。具体的には、7つの課...(2017/10/23 提供:Gigamon Inc.)

Loading