TechTargetジャパン

技術文書
ハイパーコンバージドインフラ超入門――6つのメリットと3つの用途
 ハイパーコンバージドインフラは、今後、多くの企業が導入すると考えられているIT基盤の1つだ。しかし、サーバやストレージを統合したIT基盤であることは分かっていても、その具体的な仕組みや導入のメリットについては意外と知らないことが多い。 まず押さえておきた...(2016/8/23 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
x86サーバだけが解ではない――Linuxサーバを活用したくなる10の理由
 現在、あらゆる組織で売り上げ、収益率、顧客サービスの向上に向けてITが活用されている。しかし、企業や政府機関の多くで、実務能力に制約をかけるようなITインフラを採用してしまっているケースが散見される。これは、IT管理者が持っているサーバプラットフォームに対...(2016/8/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
1社で2000年当時のインターネット全体に匹敵する規模に成長したクラウド“ビッグ4”は、複雑さをどう手なづけるのか?
 成長を続けるクラウド“ビッグ4”は、それぞれが単独で2000年代初頭のインターネット全体に匹敵する規模に達している。膨れ上がる「複雑さ」をより低コストに取り扱うためには「人工知能」(AI)が欠かせない。CPS利用と組み合わせ複雑さを増すクラウドはこれからますま...(2016/8/22 提供:アイティメディア株式会社)

事例
金融サービスにおいて業務モビリティがもたらす効果――4社の事例で解説
 現在のビジネス、特に金融サービス業界は、かつてないほど厳しい環境に置かれている。市場の急速な変化や値下げ圧力の中、顧客の獲得や引き留めには、新たな顧客体験の提供が求められる。また、業務における高い生産性や、コンプライアンス対応、セキュリティ強化といっ...(2016/8/22 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
IoT時代の過酷な産業環境下での性能・信頼性を向上させる絶縁方法とは? 課題を解決するLVDSデジタル・アイソレータ
 従来の外部インターフェースはそれほど高速ではなかったため、フォトカプラで絶縁可能だった。その後、絶縁機能とI/O機能が統合され、インターフェースの安全性や性能、信頼性も向上したデジタル・アイソレータが使われるようになった。 あらゆる場所で計測や制御が行...(2016/8/22 提供:アナログ・デバイセズ株式会社)

事例
IoTプラットフォーム活用事例:岡谷鋼機株式会社が挑むスマートな暮らしづくり
 1669 年(寛文9 年)創業という長い歴史を持つ独立系商社の岡谷鋼機。現在は、独立系商社として、鉄鋼、情報・電機、産業資材、生活産業の4 つの分野をコアビジネスとしてグローバルに事業を展開している。そんな岡谷鋼機が情報・電機分野の事業として、快適で利便性の...(2016/8/22 提供:株式会社ユビキタス)

製品資料
図解でひも解く バックアップ、リカバリにまつわる代表的な4つの課題をすっきり解決
 クラウドやアナリティクス、モバイル、ソーシャルなどから生成される膨大なデータをビジネスに活用できる時代を迎え、データは新たな天然資源と呼ばれるほどになっている。このような貴重なデータを保存するストレージは、経済性や使用効率性を最大限に高めることを求め...(2016/8/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
スケーラブルで省電力なVDI、「3つの視点」でROI・生産性・モビリティを最大化
 VDI(仮想デスクトップインフラ)環境の導入では、ROIの向上、生産性とモビリティの最大化が常に重要な検討事項となる。その具体的な目安となるのが、例えば、ユーザーの予算当たりのIOPSや、ユーザーエクスペリエンスだ。 サーバ1台当たりのVDIデスクトップ数はI/Oパ...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
x86サーバ vs. Itaniumサーバ、3年間の運用でTCOに驚きの差
 これまでRAS(信頼性、可用性、保守性)の低下と引き換えに、他のシステムよりも低コストを実現する手段と見なされがちだったx86サーバ。新しいx86システムがこのイメージを一掃したことにより、ミッションクリティカルなデータベースソフトウェアなどの移行先としての...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
限られた予算でIT環境を改善、最短で課題解決を目指すハード選びのポイント
 企業のIT部門は、複雑なIT環境の運用管理やメンテナンスに日々頭を悩ませているが、その間も経営部門やユーザーから困難な要求が次々と寄せられる。そのため、課題はなんとなく理解できていても、限られたIT予算の中で、どのように解決を図ればよいのか分からなくなるこ...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
バックアップとリカバリの能力検証レポート――5つのテストケースの検証結果
 バックアップとリカバリを理想的な形で実行するには、システムダウンからの復旧が可能な限り短時間で済むことはもちろん、データを失うことなく業務を再開できることも重要な条件となる。しかし、いかなるケースであっても、本当にそうした対応ができるのか不安を抱くユ...(2016/8/16 提供:日本オラクル株式会社)

事例
ついに移行が始まる次世代基盤「ソフトウェア定義データセンター(SDDC)」とは?
 近年、さまざまな企業で、必要なときにアプリケーションがすぐに使えることを要求するユーザーが増加している。時間や場所を問わずアクセスできるIT環境と、オンデマンドで提供されるアプリケーションは、もはやユーザーにとって必須の業務基盤となりつつある。 しかし...(2016/8/16 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

事例
100ドル3D工作機械キットで“何かの役に立つロボット”を作る
 「OCPC Delta Kit」と呼ばれる“3Dプリンタのようなキット”を学生らに配布し、組み立て、動作確認を行った後、それを「個人的に何かの役に立つ工作機械(ロボット)」に仕立て上げるという授業(「デザイン言語実践」の4つの演習のうちの1つ)が、2015年12月17日〜2016...(2016/8/15 提供:アイティメディア株式会社)

事例
最大トラフィック100Gbps超、DMM.comの多彩なサービスを支えるネットワーク製品とは
 「艦隊これくしょん」などの人気ゲームをはじめ、多彩なオンラインサービスを提供するDMM.com。市場のニーズを迅速にくみ取り、サービスの展開と撤退をスピーディに繰り返す同社のネットワークは、拡張と変更によりつぎはぎ状態になっていた。同社ではデータセンター内...(2016/8/15 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

事例
ミクシィがクラウドファーストで新しい事業展開を次々にできる理由
 クラウド環境を活用してさまざまなインターネットサービスを開発・提供していく場合、ビジネスの推移を見守りながらクラウド運用の方法を個々のサービスに合わせていくのが一般的だ。例えばパブリッククラウドを利用してスモールスタートし、利用者が増加すれば、柔軟な...(2016/8/15 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
「インターネット分離」で、業務効率とセキュリティを両立する前提条件とは?
 特定組織を狙った標的型攻撃がもたらす被害は情報漏えいだけではなく、社会的信頼の失墜や復旧のための時間/コストの負担など幅広い。大規模組織を中心に、国内でも標的型攻撃の被害が広く報道され続けており、その危険性の認識はあらためて説明するまでもないだろう。(2016/8/10 提供:株式会社日立製作所)

レポート
BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは?
 職場への私物デバイスの持ち込み、業務利用(BYOD、Bring Your Own Device)は、急激に増加しており、IT管理者にとって大きな課題になっている。だが、BYODの普及を無視したり、利用を禁止したりするのはもはや賢明とはいえない。従業員は許可されているかどうかに関わ...(2016/8/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
中国ビジネスの成否を分ける「ITの課題」――本田技研などが選んだ解決策とは?
 中国におけるIT利用の課題には、具体的にどのようなものが挙げられるのだろうか。大本の中国の国際接続帯域が細く、また国際間通信には専用の接続口を経由する必要があるため、日中間のインターネット通信速度はどうしても遅くなる。 さらに中国に存在する「グレートフ...(2016/8/9 提供:ニフティ株式会社)

事例
住友理工が900種に及ぶ帳票フォームを移行・共通基盤化することで得たメリットとは
 住友理工株式会社は、高分子材料技術・総合評価技術を基盤に、防振ゴム・ホースなどの自動車用部品・精密クリーニングプレード・精密ロールなどIT関連部品、各種産業資材など事業領域を拡大してきた。 世界に通用するブランド力の構築を目指し、経営戦略の遂行を支える...(2016/8/8 提供:ウイングアーク1st株式会社)

製品資料
アプリのダウンタイムを36%削減、事例に学ぶ「仮想環境の運用管理」強化術
 仮想環境における管理機能の強化は、環境全体の状況を把握し、さまざまな問題が顕在化する前に原因を特定、解決することによってなされる。これによりリソースの最適化と、ユーザーの運用効率の向上、さらには的確なタイミングでのシステム増強が可能になる。 この他に...(2016/8/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
仮想環境をツールで補完、運用管理の強化で得られる「5つのメリット」
 サーバ仮想化技術により、サーバの統合、物理資産の利用率向上、設備投資コストや運用コストの削減などの効果が得られる。しかし、それだけでは完成された仮想環境を手に入れたことにはならない。仮想環境のパフォーマンスは、さまざまな条件の変化により常に変動するか...(2016/8/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
専用ストレージネットワークを検討すべき理由――業務への影響はどれほどか?
 モバイルデバイスのメッセージング、大量データを利用した分析作業、リッチコンテンツの配信・編集といった新しい仕組みの導入、データ暗号化など、逼迫(ひっぱく)気味のシステムネットワークに、新たなワークロードが日々追加されている。こうした状況から、IT部門で...(2016/8/8 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
クラウド型データセンターのアプリ性能を高める「マルチテナント機能」とは?
 オンプレミスからクラウド型データセンターへのシステムの移行は、運用の効率化、演算環境の柔軟性・適応能力の向上、IT基盤の整理統合を促す。専用インフラから共有インフラへの転換によって生まれるデータセンターTCOの削減効果もそのメリットの1つだ。 ここで鍵とな...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
デバイス不問のアプリ活用と安全性を両立するリモートアクセス基盤の構築術
 モバイル活用、私物端末の業務利用(BYOD)など、エンドユーザーの要求は日々高まっている。その結果、使用場所、ネットワーク、デバイスを問わず、生産性とセキュリティを確保するリモートアクセス環境が求められるようになってきた。 こうした要求に対応する上で注意...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
デスクトップ仮想化のメリットを最大化する「6つの選定ポイント」
 企業が成長戦略の一環として、ワークスタイルの多様化を進めるようになり、いつでも、どこからでも、どんなデバイスからでもアクセスできる業務環境が求められるようになった。この環境を実現する手段として広く利用されているのがデスクトップ仮想化だ。 デスクトップ...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
端末やユーザーの多様化にアプリケーション/デスクトップ仮想化が強い10の理由
 リモートアクセス環境の浸透は、仕事をする場所、ユーザーの種類、アクセス方式などを一気に多様化させる。ビジネス情報は自宅、企業支給または個人所有のデバイス、パートナー企業、工場の現場など、ありとあらゆる場所に散在することになり、セキュリティ対策も複雑化...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
場所やデバイスを問わないリモートアクセス、安全性を確保する簡単な方法とは?
 PCやスマートフォン、タブレットなどで場所を選ばずに仕事をできる環境や、私物デバイスの業務利用(BYOD)を求めるユーザーの声は日増しに強まっている。このようなワークスペース拡散につながる要望に応えるためには、セキュリティ上の課題をクリアする必要がある。 ...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
MySQLとOracle ClusterwareのHA構成、従来環境との違いや構築手順を徹底検証
 MySQLは、世界中で多くのユーザーを持つデータベース管理システム(DBMS)だ。国内では、基幹システムなどでも広く利用されているが、従来は高い可用性が求められるシステムでの利用には、クラスタソフトなどを組み合わせる必要があった。 そのため、障害発生時にはMyS...(2016/8/3 提供:SCSK株式会社)

レポート
Pepperに銀行で「まとも」に働いてもらう方法
 ソフトバンクモバイルが2014年に発表したロボットのPepperは、個人向けと合わせて企業での業務活用を試みている。Pepperを雇うためのコストは月額5万5000円のレンタル契約で済む。しかし、Pepperに「うちの会社で働いてもらう」ためには、それぞれの企業でPepperにやっ...(2016/8/2 提供:株式会社リクルートキャリア)

技術文書
VDI環境の標的型攻撃対策――内部セキュリティの弱点を克服する2つの技術とは?
 標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃が高度化していることから、従来の侵入防止型セキュリティだけでは対応できない状況が生まれている。そのため、入口の防御を突破されてからの被害を最小限に抑える拡散防止型セキュリティが欠かせなくなった。 しかし、実際に内部...(2016/8/1 提供:トレンドマイクロ株式会社)

Loading