TechTargetジャパン

技術文書
5つの質問に“Yes”と答えられるか? ハイブリッドクラウド管理の未来を占う
 クラウドを活用したハイブリッドIT環境が多くのメリットをもたらす一方、管理側には新たな課題が山積みとなっている。データの保存場所は多様化し、常に注意を払っていないと手の届かない場所で認知のできないものになるかもしれず、アプリケーションやデータの増加で問...(2020/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
NASAがクラウド環境の構成管理を自動化、「Ansible Tower」で得た6つの効果
 米航空宇宙局(NASA)は、ハードウェアベースで運用していたデータセンターに柔軟性とコストの面で課題を抱えていた。そこで、従来環境で利用していた約65のアプリケーションをクラウドベースの環境に移行することを決断した。 しかし、移行スケジュールに余裕がなかっ...(2017/4/24 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
IT管理者を不毛な作業から解放、「Ansible」で始めるインフラ構成管理の自動化
 オープンソースのITインフラ構成管理ツール「Ansible」は、従来は多くの時間を要した作業を自動化する。「GitHub」でも人気が高く、コントリビューターは2000人以上。彼らが提供する多数のモジュールを活用すれば、幅広い作業が効率化され、IT管理者が価値ある作業に専...(2017/4/24 提供:レッドハット株式会社)

事例
Yahoo! JAPANの挑戦から学ぶ、大容量データの先進的なバックアップ手法
 企業活動に欠かせないデータのバックアップは、多くの企業が取り組む課題だ。だが、Yahoo! JAPANほどの規模となると、その実現も容易ではない。求められる要件は1日当たりのデータ転送量が数十TB、バックアップサイトのデータ容量がP(ペタ)バイトレベルという極めて大...(2017/4/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
業務効率化から労務リスク対策まで――勤怠管理の自動化で得られる5つの効果
 昨今、労働者保護の観点から、働きすぎの抑止やコンプライアンスの重要性が高まっている。企業には、労働基準法をはじめとする労働時間法制に対応することや、従業員が働きやすい職場作り、リスクマネジメントを行うために勤怠管理の見直しが求められている。 そこで多...(2017/4/24 提供:株式会社オービックビジネスコンサルタント)

製品資料
LTE回線での二重化にも対応できる、ゼロコンフィグ対応のVPNルーターとは?
 ネットワークの構築や更新を考慮しているSIや情報システム管理者にとっては、どのようなルーターを選択するかが重要になる。ポイントになるのは、Office 365などインターネット通信の負荷軽減を考慮しているのか、無線LANを使用した店舗など向けのシステム構築を考えて...(2017/4/21 提供:センチュリー・システムズ株式会社)

事例
仮想アプリのボトルネックを可視化、ドクターネットに学ぶレスポンス改善術
 医療機関向けにレントゲンやCT、MRIなどの「遠隔画像診断支援サービス」を提供するドクターネット。レントゲン画像などは個人情報であるため、取り扱いには万全のセキュリティが求められる。そのため、同社は仮想アプリケーション配信システムを通じてサービスを運用し...(2017/4/21 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
「VDI導入でサービス残業が増加……」、労働環境の悪化を防ぐ管理・運用術
 ワークスタイル変革を目指して、仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入が進んでいる。しかし、いつでもどこでも働ける環境になると、退社後のサービス残業や休日の無断業務が増え、かえって労働環境が悪化することがある。 また、社外での勤務を管理する仕組みがなく...(2017/4/21 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
テストツール活用事例――年2回のリリースサイクルが月1回へ
 ウォーターフォール型プロセスに比べて、小規模な改良を高い頻度で行うアジャイル開発プロセスは、多くのソフトウェア開発現場で取り入れられつつある。特にクラウドやモバイルのアプリケーションなど競争が激しい分野での採用が顕著だ。 アジャイル化は、ソフトウェア...(2017/4/21 提供:日本シノプシス合同会社)

製品資料
仮想化環境バックアップを最適化――ノウハウ不要でコスト削減・高速リストア
 仮想化環境の利用が拡大する中、バックアップの運用や計画策定に悩む企業が増えている。一口にバックアップといっても、バックアップ方式や機器、ソフトウェアなど、検討すべき要素は多岐にわたるため、自社の規模やニーズに適したバックアップ環境を構築するにはある程...(2017/4/20 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

事例
中小企業の働き方改革、「Office 365」活用で若い人材が定着
 人材不足に悩む中小企業にとって従業員の高齢化は深刻な問題だ。全国に講師を派遣する日本綜合経営協会も、かつては10数名の従業員のうち50代以上が7割以上を占めていた。従業員の新陳代謝を進めるため若い人材を採用したいが、定着してもらうには結婚や出産などさまざ...(2017/4/19 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
「Office 365」で情報基盤を構築、FiNCに学ぶアカウント/アクセス管理の秘訣
 スマートフォンによるヘルスケアサービスを展開するFiNC。急成長する同社が「Office 365」を導入した理由は、業務ソフトをより安全かつ快適に利用できる環境を整備するのはもちろん、より強固な情報セキュリティ基盤を実現するためだった。 同社はヘルスケアサービスの...(2017/4/19 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
変換・再設定なしで仮想マシンをクラウドへ、移行の課題を一気に解消
 仮想マシンをオンプレミスからクラウドに移行するには多くの課題がある。多くのパブリッククラウドサービスは、アプリケーション環境に不可欠なレイヤー2ネットワークをサポートしておらず、VMwareベースの仮想ソフトウェア製品をそのまま稼働させることも難しい。これ...(2017/4/17 提供:日本オラクル株式会社)

Webキャスト
オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは?
 企業のクラウド利用が容易になり、必要に合わせてITリソースを確保できるようになった。しかし、全てをパブリッククラウドに移行するには、機密情報の扱いや法令対応、セキュリティなどの困難な課題が残っている。結果、安全で管理しやすいオンプレミスか、柔軟でコスト...(2017/4/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣
 セキュリティやガバナンスの面を考えれば、オンプレミスで運用すべきシステムやデータはなくならない。しかし、オンプレミス環境では、予期せぬ事態によるITリソース不足に備えるため、十分な予備リソースも求められる。その確保には、多くの手間や時間が必要となるだけ...(2017/4/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
クラウドへデータを移行、その前に知っておくべき3つのこと
 クラウドへの切り替えを目指す企業は、まず、オンプレミスのセカンダリーデータをクラウドストレージへ移行しようと考えるだろう。しかし、ペタバイト単位のデータをクラウドへ送信するということは、安易に決めてはいけない。インフラが、オンプレミス、クラウド、仮想...(2017/4/13 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

レポート
後悔しがちなクラウド移行、最適化に必要な3つのポイント
 マルチクラウド戦略を取る企業が増える一方で、クラウド移行した企業からは「想定より効果が低い」との声も多く聞こえる。本来は柔軟性や費用対効果の高いクラウド環境だが、そのメリットを最大限に高めるには適切な準備が必要だ。 そのポイントの1つが企業データの把...(2017/4/13 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

Webキャスト
Webキャスト:SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方
 オールフラッシュストレージのことを「SSDだけで構築したストレージ基盤」と考えている人は少なくない。しかし、クラウドとビッグデータの活用が進み、ストレージの重要性が高まっている今、その理解を正確なものとしなければならない。そのためには、SSDがフラッシュス...(2017/4/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント
 日本国内では、ばらまき型攻撃や標的型攻撃が増えており、万が一、PCがマルウェアに感染し機密情報を含むファイルが漏えいした際、最後のとりでとなるのが「ファイル暗号化」だ。一方でファイル暗号化は、パスワードの設定や閲覧・編集のたびに復号・再暗号化する必要が...(2017/4/10 提供:日本電気株式会社)

製品資料
「モバイル業務は好みのデバイスで」 ID一元管理で安全性と生産性を両立
 複数のアプリケーションへのシングルサインオン(SSO)は、あらゆるユーザーから歓迎される機能だろう。クラウドプラットフォームやSaaSアプリケーションなどIT環境が拡大したことで、ID管理は複雑化し、ユーザーと管理部門の双方に負担がかかっている。 そこで、注目...(2017/4/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
「Office 365」をモバイル端末でフル活用――カギは低コストのセキュリティ強化
 近年、顧客先を訪問するような業務を中心に、クラウドサービスとモバイル端末の活用が進んでいる。しかし、十分な情報セキュリティが確保できないために、そのメリットを引き出せずにいる現場も少なくない。そんな課題を解消する手掛かりとなるのが、水道工事を中心とし...(2017/4/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
VDI導入事例集:業種別デスクトップ仮想化活用法、大学・病院でも導入が進む
 「デスクトップ仮想化基盤(VDI)」は、さまざまな業種・業態で導入が進んでいる。デスクトップ環境(OSやアプリ)を仮想化し、ユーザーはネットワークを通じてサーバ上に仮想化された環境に接続できるため、データを端末に残さず、ユーザーには「情報漏えい対策」「ワ...(2017/4/10 提供:富士通株式会社)

製品資料
「Azure」移行の最適プランを提供、アセスメントサービスで解決できる課題とは
 オンプレミスからクラウドへの移行では、移行対象の棚卸や、マイグレーションの制限などが問題になることが少なくない。あるいは、クラウド化の手順や選定基準が分からなかったり、冗長化の知識が乏しかったりすることから、移行に踏み切れずにいる企業も多い。 このよ...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Webキャスト
ID急増がクラウド環境の新たな弱点に――今後、セキュリティ違反をどう防ぐ?
 現在、クラウド環境は、企業に大きな利益をもたらすビジネス基盤となっている。しかし、その原動力となる変革や拡大の早さは、その一方で、ユーザーやデバイス、アプリケーションが管理の及ばないところに拡散する状況を生んでいる。 例えば、新しいアプリケーションの...(2017/4/7 提供:エントラストジャパン株式会社)

事例
iPhoneで社内システムを安全利用、三井物産エレクトロニクスに学ぶモバイル管理
 IoTや産業用組み込みPCなどの事業を展開する三井物産エレクトロニクス。同社は、営業担当者や管理職に「iPhone」と「iPad」を支給し、社外からでもメールやグループウェア、ファイルサーバにアクセスできるようにしている。 そのアクセスを安全に行うために、同社が利...(2017/4/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「コンテナ」技術で実現する、モバイル業務利用の生産性と保護を両立する方法
 モバイルデバイスを業務利用する上では、セキュリティ強化を意識する必要がある。しかし、セキュリティを重視するあまり、モバイルの持つ利便性を生かし切れなければ本末転倒だ。このように、モバイルデバイス管理では常にセキュリティと利便性のバランスを取ることが求...(2017/4/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
「組み込みLinux」開発の基礎
 組み込み機器へ搭載されているLinuxを一般的に「組み込みLinux」と呼び、従来のPCなどで稼働させているLinuxとは区別した表現が使われています。ただし、Linuxと組み込みLinuxに明確な違いがないのも事実で、ある程度環境が整った状態であれば、特に意識せずとも組み込...(2017/4/4 提供:アイティメディア株式会社)

Loading