TechTargetジャパン

事例
アプリケーション仮想化の効用――先行導入企業の活用事例に学ぶ
 近年、データ保護の観点から重要なデータやシステムにユーザーが直接アクセスすることを制限するセキュリティ対策が取られるようになった。一方、業務効率改善の観点では、マルチデバイスへの対応や業務アプリ利用環境の拡大などの要求が高まり、ユーザーが扱えるデータ...(2016/5/26 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
見えはじめた“第1世代”の課題、次世代ハイパーコンバージドはどこが変わる?
 ハイパーコンバージドインフラは、高度な共有ストレージシステムを必要とせずに仮想化クラスタを導入できることから、仮想デスクトップなどの基盤として広く使われている。しかし、多くの製品がネットワーキングを補足的に扱っていることに起因して、幾つかの課題も見ら...(2016/5/24 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
実践 OpenStackを最大限活用する設計の「3つのツボ」
 オープンソースのクラウド基盤構築ソフトウェアのスタンダードとして定着している「OpenStack」。その機能は年々進化を遂げ、近年では一般企業でも利用され始めている。しかし、「OpenStackは開発事業者向け」というイメージが先行したため、そのメリットの割には導入が...(2016/5/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ビッグデータをより速くより深く分析するための必須条件とは?
 膨大なデータから新たな価値を生み出すための必須条件とは何か? それはより速く、より深く分析できるIT基盤だ。ビジネスにおけるデータ分析の重要性が増す中、処理能力だけでなく仮想化機能、信頼性、セキュリティにおいて高い能力を備えたシステムが求められている。(2016/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
モバイルを生産性向上につなげるために欠かせない「3つの視点」
 モバイル端末の業務活用は、業績に直結するさまざまな効果が期待できる。TechTargetジャパンの読者調査においても、回答企業の70%が「生産性向上」をモバイル端末の導入目的として挙げている。しかし、その効果を確実なものとするには、ユーザーの利便性を維持するとと...(2016/5/17 提供:菱洋エレクトロ株式会社)

レポート
サイバーエージェント、ヤフー、楽天に学ぶ、OpenStack使いこなし術
 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、ユーザー企業の間でも注目されている「OpenStack」。最大の魅力は、自社所有のオンプレミス環境を、あたかもパブリッククラウドのように自動化し、統合管理できることにあるだろう。 しかしながら、OpenStackは進化のス...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
IT資産の取捨選択:使い慣れたNotesか、クラウドツールか、判断の基準
 テクノロジーは日進月歩であり、IT資産の刷新はよりよい効果を生むケースが多い。日々の業務を支えるグループウェアについても同様で、例えば「IBM Notes/Domino」は、新しい業務に合わない、コストを削減したい、移行提案を受けたという3つのきっかけで刷新することが...(2016/5/13 提供:コムチュア株式会社)

製品資料
マンガで解決、クラウド利用時のバックアップ「3つの悩み」
 システム障害や災害などへの対策を目的として、クラウドサービスの活用が進んでいる。しかし、非効率なバックアップ運用により、無駄な作業やコストが生じている企業も少なくない。クラウド利用で失敗しないためには、解決すべき幾つかの課題がある。 1つは、バックア...(2016/5/11 提供:Arcserve Japan合同会社)

市場調査
85%の製品開発が予定通りに進まない!? 開発プロジェクトを停滞させる5つの原因とは
 今日では、製品設計が極めて困難な業務でとなっています。エンジニアには矛盾する要件や制約が提示され、それらすべてを優れた設計によって、より短期間のうちに解決することが求められます。 しかし、困難な状況ではあっても、成功しているエンジニアリング組織があり...(2016/5/10 提供:オートデスク株式会社)

Webキャスト
場所・モノ・時間に左右されないモバイルワーク促進のカギ――VDI活用のススメ
 育児・介護をはじめ働くスタイルが多様化する中、オフィスにあるPCのデータやアプリケーションを場所、時間、デバイスを問わず使えるワークスタイル変革に取り組む企業が増えている。しかし、社外での利用が増えれば、モバイル端末の紛失や盗難による情報漏えいなどのリ...(2016/5/9 提供:富士通株式会社)

事例
業務アプリ開発の「4つの課題」をまとめて解決
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/5/2 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
全体最適でセキュリティ対策を再点検、弱点発見のコツとは?
 新たな攻撃への対策という形で拡張されるセキュリティは、IT環境の中で最も統合運用が難しい分野だ。次々と生み出される攻撃手法への対応を続ける中では、思わぬ形でシステムの穴を残すこともある。セキュリティ対策では、定期的に俯瞰視点から見直すことも必要だ。 セ...(2016/5/2 提供:株式会社アシスト)

製品資料
適材適所のセキュリティ対策――ツールを組み合わせてさらに強固に
 企業や組織を狙った標的型攻撃の手法は年々巧妙になっており、ネットワークの境界で防ぐ「入口対策」だけでは100%の防御はできなくなっている。攻撃者から重要情報を守るためには、入口/内部/出口の3段階の対策を行うことが重要だ。 そのためには、ログ分析による侵...(2016/5/2 提供:株式会社アシスト)

製品資料
データベース環境の賢い作り方――5つの課題で解説
 データベースサーバに求められるスペックは、バックアップシステムやハブシステムなどの要件によって異なるが、その導入に際しては、処理性能だけでなく、運用コスト、可用性、導入期間なども検討しなければならない。データベース環境をより少ない時間とコストで導入す...(2016/4/28 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
VDIの課題を解決、ハードウェア占有型リモートデスクトップの実力とは?
 ワークスタイルの多様化に伴い仮想デスクトップが普及する中、既存のデスクトップ仮想化には、「物理PCと比べスムーズに動かない」「導入にはサーバ仮想化やインフラ構築スキルが必要である」といった懸念が挙げられる。 そこで、従来型仮想デスクトップの代替として注...(2016/4/28 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

講演資料
Windows 10への移行を機に考えるPC環境の運用管理――3つの更新オプションの使い方
 マイクロソフトが2016年3月に発表した、Skylake搭載デバイスの「Windows 7/8.1」サポートポリシーの変更で、2017年7月17日のサポート終了予定が2018年7月17日まで延長された。この発表にほっと胸をなで下ろしたIT担当者も多かったはずだ。しかし、「Windows 10」への移...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

講演資料
アプリ/デスクトップの仮想化でセキュリティを強化――検討すべき5つの要件
 近年、相次いで発生している情報漏えい事件では、マルウェアが使われた報告が少なくない。Web閲覧やメール送受信を行うクライアント端末は狙われやすいため、さまざまな対策が取られているが、業務アプリケーションの互換性の問題からいまだに旧バージョンのWebブラウザ...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
業務部門ユーザーのデータ活用を促すための「3つの要因」
 多くの企業がデータ分析を活用するようになった今、競合他社よりも早く事業成長のチャンスを見つけるためには、業務部門ユーザーでも迅速に正しく分析できる環境が求められている。ユーザーが必要なときにデータの探索と分析が行えるセルフサービス型BIや、対話操作型の...(2016/4/25 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
インフラ環境を15分でスピード導入――ハイパーコンバージド製品選択のポイント
 仮想化、サーバ、ストレージ、ネットワークなどのコンポーネントを統合したハイパーコンバージドインフラは、数多くのメリットにより導入企業も広がっている。ハイパーコンバージドインフラのメリットとしては、「運用が容易」「導入期間が短い」「拡張がしやすい」とい...(2016/4/25 提供:株式会社ネットワールド)

講演資料
データ削減11分の1、三井住友建設など3社によるフラッシュストレージ使いこなし方
 仮想デスクトップ環境やデータベース、共有ストレージなどを活用する企業が優先すべき課題としているのが、ワークロードが急増する時間帯のパフォーマンス向上だ。ビジネスが活発化しているタイミングでのシステム遅延は大きな損失を生む。その対策として採用されてきた...(2016/4/25 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

事例
ソフトバンク3万人規模のVDI運用、ストレージI/O性能の解決はどうやったのか
 2010年ごろから社員の働き方の多様化に取り組んできたソフトバンクでは、その解決策として仮想デスクトップ環境(VDI)を導入した。しかし、事業拡大に伴うアプリケーション導入やセキュリティ対策などによりストレージの負荷は急速に上昇、ボトルネック解消が大きな課...(2016/4/25 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

製品資料
VM約500台のデータ保護は何分でできる? 仮想マシンのバックアップ高速化対策
 仮想環境に移行したデータセンターでは、バックアップ、アーカイブ、レポーティングといった一連のデータ保護をより効率的に行う必要がある。組織内のデータ活用を進めるためには、仮想環境下でも多くのデータを短時間に移動することが求められるからだ。 従来のコンピ...(2016/4/21 提供:CommVault Systems Japan)

Webキャスト
SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか?
 オールフラッシュストレージのことを「SSDだけで構築したストレージ基盤」と考えている人は少なくない。しかし、クラウドとビッグデータの活用が進み、ストレージの重要性が高まっている今、その理解を正確なものとしなければならない。そのためには、SSDがフラッシュス...(2016/4/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
仮想デスクトップ導入前に確認しておきたい「パブリッククラウドの選び方」
 標的型攻撃の手口はますます巧妙化し、対策ソフトが検出できない「未知のマルウェア」を想定したセキュリティ対策が求められるようになった。この状況を背景に、業務用端末をインターネットから分離しつつセキュアブラウジングを実現できる仮想デスクトップの導入が進ん...(2016/4/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

講演資料
VDI構築時にユーザー側で確認すべき、セキュリティ対策「3つのポイント」
 VDI環境を「SoftLayer」上で構築する場合のセキュリティ対策として、3つの観点で確認が必要だ。 1つ目は、セキュリティ対策の責任範囲の理解である。サーバ、ストレージ、ネットワークなどはSoftLayer側の管理に任せることができても、アプリケーション、データ、OSな...(2016/4/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

事例
ANAの大規模IT再構築“働き方改革”プロジェクトを追って分かった効果
 規制緩和によって競争が激しくなった航空業界において、全日本空輸(ANA)が目指したものは「世界のリーディングエアライングループ」だった。その取り組みの一環として、オフィスで働く間接部門の働き方改革を本格化させた。 社員が場所や時間に縛られず、創造的に働...(2016/4/19 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

製品資料
仮想デスクトップのさまざまなメリットと導入方式、ニーズに合ったサービスを選ぶ
 仮想デスクトップは、個々の端末のデスクトップ環境にネットワークを介してセキュアにアクセスし、さまざまな業務ストレスを解消する。例えば、セキュリティ上の理由から禁止されることが多い私物端末の業務利用(BYOD)が可能となる。また、端末に依存しないため異なる...(2016/4/19 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

技術文書
セルフサービス型BI活用の鍵、「ビジュアルなダッシュボード」の効果
 セルフサービス型BI活用の鍵となるのが、データ探索時間の短縮だ。一般のビジネスユーザーはデータ分析だけに業務時間を割くわけにはいかない。より短時間で優れた洞察を得るためにも、できるだけ手間をかけずに必要なデータを探し出せる機能が欠かせない。 データ探索...(2016/4/18 提供:SAS Institute Japan株式会社)

カタログ
IoTの組み込み開発に求められる「ゲートウェイ・ソリューション」とは
 IoTが組込みテクノロジーに対応した世界中のデバイスのシームレスな接続、管理、安全な相互作用を可能にするにつれ、産業界は新しい時代を迎えつつある。 製造業におけるIoT、つまりIIoT (インダストリアルIoT)では、機械装置が他の機械装置、対象物、環境、インフラと...(2016/4/18 提供:ADLINKジャパン株式会社)

製品資料
デスクトップ仮想化「3つの課題」──主要製品の比較でクリアしたものは?
 Windows XPサポート終了の際に多くの企業があらためて認識したことは、予算的にも人員的にもPC環境の一新は簡単でない、ということだろう。そうした中で、PC環境を一括して管理しやすく、セキュリティレベルの向上にも貢献する仮想デスクトップ環境に注目が集まっている...(2016/4/14 提供:パラレルス株式会社)

Loading