TechTargetジャパン

レポート
「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち?
 加速するビジネススピードに対応するために欠かせない、データベースの処理速度向上。これまで、バッチ処理などのパフォーマンスを向上させるためにDBチューニングを行うことで、処理速度の改善を図ってきた。しかしながらチューニングによる処理速度向上には限界がある...(2017/2/17 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
IoT時代のデータ収集と活用、どうすればいい? SASの戦略担当に聞く7つの質問
 モノのインターネット (IoT)は大きな話題となっており、一部の業種では急速に業務環境に組み込まれつつある。また、変革をもたらすビジネス・アプリケーションのための各種テクノロジーも手軽に利用できるようになっている。とはいえ、この機会に関する認識および行動...(2017/2/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する?
 優れた柔軟性と拡張性から注目される「OpenStack」。IDC Japanの調査では、このクラウドプラットフォームを本番環境に利用しようという企業は増加傾向にあり、特にICT企業では4割が既に利用または導入に向けて取り組んでいるという。 ただ、数百以上の仮想マシンを搭載...(2017/2/17 提供:日本電気株式会社)

Webキャスト
「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法
 これまでビッグデータ分析技術といえば「Apache Hadoop」が利用されてきたが、処理速度には課題があった。そこで、インメモリ技術による高速処理を特徴とし、機械学習ではHadoopの10〜100倍という速度を誇る「Apache Spark」を採用する企業が増えている。 利用が進む背...(2017/2/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

レポート
徹底レビュー:「Windows 10」の新機能でクライアント環境はこう変わる
 Windows 10を搭載したクライアントPCやタブレットの人気が続いている。Windows 10は、ユーザーの使い勝手やセキュリティ、運用管理性を高める多数の新機能を搭載すると同時に、クライアントPCをはじめ、タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスでも同じ操作性...(2017/2/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
6ステップで導入、コントローラー内蔵アクセスポイントで無線LANはどう変わる?
 無線LANは、導入規模によって機器の選び方やセットアップの手順が異なることから、これまでは導入に際して、スキルや工数、予算など、多くのものを必要としてきた。しかし、仮想コントローラー内蔵型のアクセスポイント(AP)の入手性が向上したことで、そのハードルは...(2017/2/15 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

製品資料
IoTからクラウドまで広範囲に守る――「多層防御」構築の5つのポイント
 クラウド、仮想化、IoT、BYODなど、新たな技術や概念の登場とともに、企業のネットワーク環境は多様化・複雑化している。それに応じてセキュリティまで複雑化させては管理部門の負担が増すばかりだ。いま必要なのは、複雑さに付き合うのでなく、「シンプルさ」を実現す...(2017/2/15 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

事例
セイコーエプソンなど大手企業6社のIaaS活用、気になる導入効果は?
 クラウドを採用することで得られるメリットはさまざまだ。例えば、新たなサービスのためのIT基盤を短期間で用意したり、余剰リソースを抑えることでコストを削減したり、オンプレミス環境よりも運用管理をシンプルにしたりすることができる。 セキュリティやガバナンス...(2017/2/15 提供:日本電気株式会社)

製品資料
業務に合わせたクラウドの選び方、オンプレミスからサービスまで徹底解説
 ひと口にクラウドサービスといっても、その内容はさまざまだ。SaaS、PaaS、IaaSなどのサービス区分があり、それぞれのサービスメニューも千差万別で、IaaSに限っても、仮想サーバだけでなくユーザーが占有できる物理サーバのサービスもあり、基幹系などのニーズに対応し...(2017/2/15 提供:日本電気株式会社)

事例
バッチ処理時間を3分の1に短縮、BSNアイネットがオールフラッシュ化で得た効果
 ITソリューションビジネスを展開するBSNアイネットでは、IaaS、DaaS、SaaSなどの幅広いクラウドサービスを提供している。毎年2桁以上の高成長を続ける一方で、その課題となっていたのが高負荷環境でのスループット低下だった。ストレージI/Oがボトルネックになっていた...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
仮想化基盤の新潮流、ハイパーコンバージドNutanixの全てを解説
 従来型の仮想化基盤の信頼性・安全性と、パブリッククラウドの俊敏性・拡張力を兼ね備えたWebスケールの仮想化基盤であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。仮想化に必要な機器・ソフトウェアが統合されているため、相性を検証する必要なく、30〜60分という短時間で...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは?
 職場への私物デバイスの持ち込み、業務利用(BYOD、Bring Your Own Device)は、急激に増加しており、IT管理者にとって大きな課題になっている。だが、BYODの普及を無視したり、利用を禁止したりするのはもはや賢明とはいえない。従業員は許可されているかどうかに関わ...(2017/2/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
テレワークに必要な環境は? 社外業務で安全性と生産性を両立する秘訣
 場所にとらわれない働き方として「テレワーク」が脚光を浴びている。育児や介護などの家庭の事情があっても在宅で働き続けることができ、移動先や災害時などにも作業ができるなど、人や状況に応じた多様な働き方を企業が受け入れられるのが大きな魅力だ。 しかし、テレ...(2017/2/13 提供:富士通株式会社)

事例
日次バックアップの迅速化を実現、プライムポリマーはサーバをどう変えたのか?
 グローバルに合成樹脂事業を展開するプライムポリマーでは、複数の拠点にファイルサーバを設置し、日次でバックアップのテープを遠隔保管する運用を行ってきた。しかし、データ容量が増加し、日次バックアップが2日に分けるほどに長期化。また、テープを遠隔保管するた...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

事例
価格を上げずにサーバ障害を解消、アントアントのCMSサービスを支えるVPSとは?
 Webサイト事業やパッケージシステム開発販売事業などを展開するアントアント。同社の主力サービスである純国産CMS「ant2」を、インストール型からクラウド型に切り替えたところ、障害の発生頻度が急増してしまった。 その課題解決のため同社が模索したのが、信頼性を備...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

比較資料
10社「IPS」を詳細比較、不正侵入の防御性能が高い製品は?
 既存のセキュリティシステムをかい潜るように、近年のサイバー攻撃は手口が巧妙化している。対策として挙げられるのが「IPS(不正侵入防御システム)」だ。しかし、多数の製品から選択の決め手に欠く企業は少なくない。 セキュリティ製品を選定する際は、一般的に防御...(2017/2/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
NTT西日本の大規模DaaS、レスポンス悪化の原因を10分で特定するVDI監視技術とは
 NTT西日本グループが保有する国内有数の規模のDaaS(Desktops as a Service)基盤。ユーザー数にして約3万5000という、この大規模仮想デスクトップ(VDI)環境の構築と運用を担うのがNTTネオメイトだ。同社はどうやって、この規模のDaaS基盤を安定運用しているのだろう...(2017/2/10 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

プレミアムコンテンツ
「基板」単位ではなく「機能」単位による製品開発を実現したオリンパスの取り組み
医療機器メーカーとしても知られるオリンパス。同社は医療機器開発に関して、1998年ごろからEDAソリューションを導入、シンボルの一元管理やCAD記載不備での品質不具合防止に取り組んでいた。加えて2000年代に入ってからはPDM/PLMツールも導入し、作成された図面データ管...(2017/2/9 提供:アイティメディア株式会社)

事例
Excelの生産管理ではもう限界、海外工場の成功から国内拠点の導入までの事例解説
 FAケーブルメーカーの太陽ケーブルテックは、2009年、タイのアユタヤに工場を構えた。当初はExcelを利用して生産・販売管理を行っていたが、ビジネス規模の拡大とともに限界がでてきた。生産の工程実績や進捗状況など、意思決定を行うための重要な情報がリアルタイムに...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

比較資料
気になるAWSとの比較レポート――クラウドサービス ベンチマークテスト
 パブリッククラウドはさまざまなプロバイダーから提供され、そのプランやサービス内容もそれぞれ異なっている。例えばIaaSは、インフラリソースのみを提供するシンプルなメニューでありながら、プロセッサ、メモリ、ネットワークなどで違いが生まれる。さらに基盤となる...(2017/2/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
モバイル配信のコスト削減、利用環境に合わせた“高速化”で顧客体験を調整
 モバイルサイトやアプリを利用するユーザーは、さまざまなデバイスを使って、あらゆる環境からアクセスしてくる。そうしたユーザーに一貫したパフォーマンスを提供するには、さまざまな動的コンテンツの配信を均一な方法でスピードアップさせるだけでは不十分だ。 ユー...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラNutanixで快適に動く仮想マシンの台数は?
 TCO削減につながる仮想化基盤として注目されるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。多数のユーザーが仮想マシン(VM)を快適に利用できるようにするためには、現実的に搭載可能な台数を把握することが欠かせない。 そこで、NX-3460 1ブロックで、VMware Horizon View...(2017/2/7 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

比較資料
「ハイパーコンバージド」徹底解説――話題のNutanixを支える技術の全て
 市場が急拡大するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。多様な技術・機能の集合体であることから、どの部分に注目すれば、より高いパフォーマンスを引き出せるのか見極めづらい面もある。そこで、主要製品のアーキテクチャや管理ツールなどを解説する。 まず注目した...(2017/2/7 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

比較資料
Nutanix vs. EVO-RAIL――ハイパーコンバージド主要2製品比較
 仮想化の利用拡大とともに注目されるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。その代表的な2製品を対象に「導入実績」「ユーザー要件に合わせた構成の自由度」「スケールアウト力」「パフォーマンス維持力」など機能の比較調査を行った。 HCIで特に重要となるのが、高い...(2017/2/7 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル
 完璧なビジネスが不可能である以上、企業は苦情から逃れられない。そこで、苦情を避けるのでなく、むしろ顧客が苦情を伝えやすい環境を積極的に作り、企業の問題解決力を高めるべきだと説く「Customer Experience 3.0」(以下、CX 3.0)が注目されている。 そもそも顧...(2017/2/7 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
AWS移行の新常識、「Amazon WorkSpaces」でデスクトップ運用負荷を大幅に軽減
 近年、業務システムや業務環境のクラウド移行がさまざまな形で進んでいる。その背景には、オンプレミスや仮想基盤に展開されたシステムの全面移行にも対応できるセキュリティと可用性を備えた「Amazon Web Services」(AWS)などの存在がある。 AWSが選ばれる理由には...(2017/2/7 提供:株式会社サーバーワークス)

製品資料
クラウド運用の属人化と作業ミスを防止――運用自動化はどう進めるべきか?
 運用管理にさまざまなツールや特有のノウハウが必要なプライベートクラウド。その運用業務は手作業中心になりがちで、属人化の進行や作業ミスの発生が問題となるケースも見られる。こうなってしまうと、ビジネス環境の変化にも迅速に対応できなくなる。 例えば、利用者...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
クラウド基盤の運用はどこまで自動化できるのか? 支援サービスの実力を探る
 ビジネスを便利にするはずのクラウドが、利用拡大に伴って運用現場への新たな負担となりつつある。特に仮想化環境の運用では、仮想マシンの作成だけをとっても多岐にわたる作業と知識が必要だ。そこで、注目され始めたのがクラウドの運用自動化サービス。しかし、まだ自...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

事例
AWSへのプロビジョニング作業を3割削減――クラウド基盤の運用を自動化するには
 プライベートクラウドやパブリッククラウドの導入が急速に進む一方で、クラウド特有の運用業務が現場の新たな負担となりつつある。そこで、クラウド基盤運用の自動化を目指す動きがさまざまな業界で始まっている。 例えば、ある教育関連会社では「Amazon Web Services...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

Loading