TechTargetジャパン

技術文書
5つの質問に“Yes”と答えられるか? ハイブリッドクラウド管理の未来を占う
 クラウドを活用したハイブリッドIT環境が多くのメリットをもたらす一方、管理側には新たな課題が山積みとなっている。データの保存場所は多様化し、常に注意を払っていないと手の届かない場所で認知のできないものになるかもしれず、アプリケーションやデータの増加で問...(2020/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
定着の難しいBIツール、どのように導入すれば全社・全店舗で活用できるのか?
 全国規模でビューティーサロンを展開するソシエ・ワールドは、データ活用に課題を抱えていた。各店舗の売り上げをそれぞれの事業部がExcelで集計していたため、属人性が高くなり、データ分析や報告書の品質が安定しなかった。また、データ抽出のたび、情報システム部門...(2017/9/22 提供:株式会社ジャストシステム)

技術文書
DWHとは異なる「ガバナンスを効かせたデータ基盤」とはどのようなものか?
 アナリストや開発者だけでなく、社内ユーザーが洞察を得るためにも欠かせないデータ基盤。そこには、高速なデータアクセスはもちろん、加速するマーケットに応じてデータの準備・分析をスピーディーに実行できる環境や、プライバシーの保護と法令順守を実現しながら分か...(2017/9/21 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う?
 企業競争力の源泉としてデータ分析の重要性が増す中、情報システム部門に依存するのでなく、マーケティング部門や営業部門、財務部門などの現場が自らデータ分析を活用できることが求められている。そのために採用され始めたデータ管理戦略が「データレイク」だ。 目指...(2017/9/21 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「機械学習」で膨大な情報を迅速に活用、ビジネスを進化させる分析手法とは
 テクノロジーの進化は現代のビジネスにおける課題を大きく変化させた。とりわけビジネスの“スピード”は重要な要素となっており、従来のプロセスをより効率化して迅速なビジネスを実現しなければ顧客の求める製品・サービスを提供することは難しくなっている。 目まぐ...(2017/9/21 提供:インテル株式会社)

製品資料
医療現場に即した形でIT化を促進、旧OS継続利用とモバイル活用の両立法とは?
 医療の現場では、現在もITシステム未導入のところが多いという。これは、電子カルテの解禁、移行が始まったのが1999年と比較的遅かったためだ。また、既にITを導入している現場でも、旧OSで運用されているところが多いことも、業界全体のIT化に歯止めをかける形になって...(2017/9/21 提供:パラレルス株式会社)

製品資料
Hadoopをより安全で使いやすくする、セキュリティの「4つの柱」とは?
 高機能なデータプラットフォームであるHadoopは、実業務のミッションクリティカルな領域を担うアプリケーションとして活用が広がっている。一方で、データ資産の集中によってHadoopがサイバー攻撃の標的として狙われるケースも増え、セキュリティやガバナンス面での要求...(2017/9/20 提供:Cloudera株式会社)

技術文書
レスポンシブWebデザインで適切な画像切り替えを実現する簡単な方法とは
 スマートフォンやタブレットなど、Webサイトを閲覧するデバイス環境が多様化したため、ユーザーの閲覧環境に合わせて画像を最適な表示とするレスポンシブWebデザイン(RWD)が注目されている。デバイスの大きさだけでなく、解像度の高い低いに合わせた画像の最適化も必...(2017/9/20 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
“ムーアの法則”以後の世界とは? コンピューティング基盤の未来を読む
 現在、デジタルテクノロジーの進化速度は予測不可能なレベルにまで到達している。数多くの新たなテクノロジーやパラダイムが登場し、未来のコンピューティングプラットフォームは誰にも予想することができない。モバイルデバイスやIoTの普及により蓄積されるデータ量は...(2017/9/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
医療に欠かせないデジタル化という処方箋、生産性を向上し的確な治療が可能に
 医療業界は科学的なイノベーションに支えられている業界であり、デジタルテクノロジーとも密接な関わりがあるが、デジタル変革においては他の業界に比べて出遅れているのが現状だ。高齢者人口の増加や医療コストの増大、旧態依然とした行政制度、数々の規制など、医療業...(2017/9/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策
 「Amazon Web Services」(AWS)は、高いスキルがなくても手軽にサーバを立ち上げられる半面、セキュリティに関して十分に検討・対策がされていないケースも見られる。 AWSの基本的なインフラ部分は、AWS側で効果的なセキュリティが用意されているが、ゲストOS、ミドル...(2017/9/19 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
働き方改革時代突入、今求められるクライアント環境構築の新しい手段とは?
 これまで、業務用に用いるクライアントPCなどのデバイスの配備はそこまで複雑なものではなかった。しかし、働き方改革に伴い、外出先でも円滑に業務ができるような端末を用意することが求められ、さらにスマートフォンやタブレットなどPC以外のデバイスまで業務に活用さ...(2017/9/15 提供:横河レンタ・リース株式会社)

製品資料
働き方改革に欠かせないクライアントPCのセキュリティ対策、その実現方法とは
 働き方改革によって、外出先で仕事をする機会が増えれば、その分セキュリティのリスクは高まる。万が一、端末が紛失や盗難に遭い、不正にログインされてしまえば情報漏えいは避けられない。セキュリティの高い特定の場所にデータを置くルールを定めていても、大事なデー...(2017/9/15 提供:横河レンタ・リース株式会社)

レポート
仮想デスクトップ最新動向――DaaS注目の理由は?
 「大企業による導入が進むことでDaaSやWaaSの採用が拡大する」──IDCのアナリストは2017年の頭に、こう予測した。クラウドから提供する仮想デスクトップ環境「DaaS」は実際、市場での立ち位置を確立しつつある。 一方、機密データの扱いなどさまざまな理由から導入に...(2017/9/15 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

レポート
ハイパーコンバージド検証レポート公開:製品の違いで性能はどれだけ変わる?
 信頼性の高い仮想化基盤を求めるユーザーの声に対し、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入を進めることで高い要求に応える事案が増えている。しかし同じHCIでも製品によりパフォーマンスは大きく違いが出る。 特にデータベースは企業システムにおいて重要な要素...(2017/9/14 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
簡単安全な文書管理を実現、「異種ソリューション連携技」で効率向上を極める
 外出先など、自席以外の場所でメンバーそれぞれが仕事をする業務形態が増えている。このような環境では、業務文書の安全性を確保するのはもちろん、どこにいても業務文書を編集できるだけでなく、メンバー全員で最新の文書を共有できることが必須となる。 メンバー間で...(2017/9/14 提供:アドビ システムズ 株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」の新機能を徹底解説、次世代仮想化基盤の真の実力とは?
 「vSphere 6.5」は、インフラやアプリケーションのパフォーマンス、運用性を最大化できる仮想化基盤として定評を得ている。その設計は、シンプルなユーザー環境、包括的なセキュリティ、ユニバーサルプラットフォームを主眼としており、自動化と管理、新旧アプリケーシ...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ソフトウェアベースでインフラ刷新、次世代仮想化基盤の3つのメリットとは?
 仮想化とクラウドというソフトウェアベースのソリューションによって、データセンターのインフラは劇的な効率化とコスト削減を果たした。しかし、ストレージやネットワークは依然としてハードウェアに依存しているため、管理やメンテナンスの手間は従来のままになってい...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
これで分かる「vSphere 6.5」への移行手順:必要な事前準備と環境別シナリオ
 「VMware vSphere」は仮想化基盤を構築するための中心的存在であるが、その新バージョンである「vSphere 6.5」ではさまざまな機能強化が行われた。大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化などにより、パフォーマンスやセキュリティを一...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
オンプレミスで「IT as a service」は実現可能か? 新たなIT投資モデルを探る
 近年、さまざまな企業が、新しいビジネスの創出やビジネス機会の拡大を目指して、デジタル変革に取り組んでいる。しかし、実際には多くのIT部門が、約8割の時間をIT運用あるいは「画一的な重労働」に費やしており、ITシステムの俊敏性やコスト効率に対する要求へ応えら...(2017/9/12 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは?
 オンプレミスやデータセンターなどの物理環境から仮想環境、クラウドにまたがるありとあらゆるシステム、データベース、ネットワークデバイス、アプリケーションなどの管理者ユーザーが増えている。ある調査によれば、管理者ユーザーの数は全従業員数の3〜4倍になること...(2017/9/11 提供:CA Technologies)

事例
400台のWindows PCを総移行、川口信用金庫が解決したセキュリティと運用のリスク
 シンクライアントとは逆の、端末機ごとに多様なアプリケーションをインストールし、さまざまなデータが格納されているファットクライアント環境では、ユーザーごとに情報漏えいを防ぐルールを順守してもらう必要がある。端末自体の使用ルールに加え、USBメモリなどの外...(2017/9/11 提供:パラレルス株式会社)

事例
OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは?
 BMW Groupは、車内外の顧客体験を強化するクラウド専用アプリなどを利用して収益拡大を促進している。その一方で、既存のプライベートクラウド環境では、インタフェース開発の遅れや、アプリケーション動作環境の問題、社内メンテナンスに多くの時間・コスト・人材が必...(2017/9/8 提供:インテル株式会社)

製品資料
パブリッククラウド主要3社を比較、性能・価格に優れたIaaSはどれ?
 パブリッククラウドでは主要ベンダーのサービスが出そろい、企業活用が拡大の一途をたどっている。その中で、クラウドサービスのように従量課金制で利用できる物理サーバ提供サービス、長期アーカイブに特化した低価格ストレージサービスなど関連サービスも充実してきた...(2017/9/8 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
ミッションクリティカルに対応した「第2世代IaaS」の本命は?
 企業のクラウド移行には無視できないハードルがある。一般的なIaaSは比較的小規模なアプリケーションを想定しており、ビジネスの本丸であるミッションクリティカルなシステムには対応しきれていなかった。その受け皿となり得るサービスにしても、IaaSに合わせたアプリケ...(2017/9/8 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
「NVMe」など新技術で加速、「ストレージネットワーク高速化技術」のこれまでと今後
 企業のストレージ環境を高速化する技術の選択肢は、ますます充実している。ファイバーチャネル(FC)は終焉を迎えると予測する声もあるが、市場調査を見ると、依然としてミッションクリティカルなアプリケーション向けに多く利用されている。イーサネットはストレージネ...(2017/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
マクドナルドに学ぶコスト削減、スマホ活用による業務効率化はどう進めるのか?
 マクドナルドの営業統括マネジャーは1人で約60店舗を担当している。常時社外を飛び回る働き方をサポートするため、同社は携帯電話、PC、データ通信カードを提供してきた。だが、これらの環境では通信速度や通信エリアに不足があり、運用にも専用システムが必要になるな...(2017/9/7 提供:KDDI株式会社)

Webキャスト
医療情報担当者のモバイル活用、ファイザーがドクターの信頼を得た手法とは?
 営業職にとってモバイル環境は一種のライフラインといえる。中でも製薬会社のMR(医療情報担当者)となれば、医薬品の膨大な情報を扱うため高度なデータ通信が欠かせない。ファイザーにとって、MRの業務を止めないコミュニケーション基盤の整備は重要なミッションだった...(2017/9/7 提供:KDDI株式会社)

レポート
フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド
 多様なワークロードやアプリケーションに対応するため、多くの企業でストレージ環境が複雑化し、拡張性やデータ活用に課題を抱えている。その解消や新たなビジネスチャンスを生みだすためにフラッシュストレージが注目されている。 しかし、ビジネスリーダーの間では...(2017/9/7 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
「第20回 組込みシステム 開発技術展」展示会レポート
組込みシステム開発に必要なハードウェア、ソフトウェア、コンポーネントから開発環境までが揃う展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回りきれなかった...(2017/9/7 提供:株式会社アペルザ)

Loading