TechTargetジャパン

レポート
山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏
 富士山が2013年に世界遺産に登録されてから、外国人観光客が増加している。その際にネックとなるのが「通信手段」だ。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアは富士山の開山期間にモバイルネットワークを解放し、日本のユーザーは富士山でもある程度自由に通信できる...(2017/3/21 提供:KDDI株式会社)

製品資料
目指すは「仮想マシンの自動販売機」、次世代ハイパーコンバージドの本命は?
 仮想化環境の統合基盤として導入が進むハイパーコンバージドインフラ。近年は機能強化が急速に進んでおり、仮想CPU・メモリ・ストレージ容量を事前に定義しておくことで、わずか5クリックで仮想マシンをデプロイできる、「仮想マシンの自動販売機」のような製品まで登場...(2017/3/21 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
「インテル×HPE」から生まれる次世代ITインフラの姿とは?
 仮想サーバ環境や仮想デスクトップ環境の統合基盤として成熟を見せつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。近年、急速に進化しているHCIの将来像をインテルとHewlett Packard Enterprise(HPE)のスペシャリストはどのように見ているのだろうか。 インテルは...(2017/3/21 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
ITインフラのサイロ化をどう防ぐ? ハイブリッド環境で問われる真の俊敏性
 ITインフラのクラウド化・仮想化が進む一方で、今なお多くの企業が「ミッションクリティカルなシステムは仮想化基盤とは独立させて運用したい」と考えている。物理環境を前提としたビッグデータ解析基盤などへのニーズがある以上、今後もクラウドとオンプレミスの混在状...(2017/3/21 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
楽天のオールフラッシュ導入事例、そこで得られた「教訓」と「課題」
 設立から20年を迎えた楽天。そのプライベートクラウドは、一部を除いて仮想化され、物理ホストは900台以上、仮想マシンも2万7000を超えている。オールフラッシュの導入が開始されたのは2013年で、現在では12アレイが稼働しているという。 本Webキャストでは、この楽天...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

レポート
Q&Aで読み解く、デジタルトランスフォーメーションの始め方
 ビジネスとITの融合により、イノベーションを起こすデジタルトランスフォーメーション(DX)が本格化している。ITインフラの俊敏性がビジネスの俊敏性に大きく影響するため、これまで以上にITインフラの在り方が重要になっている。 DXには、いわゆる「第3のプラットフ...(2017/3/21 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

Webキャスト
ストレージの「信頼性」、ここまで徹底している「止まらない」ための取り組み
 IT設備の投資をするなら「性能」「機能」「価格」は必ず比較検討するだろう。予算に合わせて3要素のバランスを調整していくが、この他にも重要な要素がある。それは信頼性だ。 ストレージは企業活動に最重要なデータを保管する装置であり、特に本番環境のプライマリス...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Webキャスト
5分で分かるストレージ選び「3つのポイント」、オールフラッシュだけではない
 ストレージの選定において「性能」「機能」「価格」の3要素は、どのユーザーも必ず比較するところだ。ただし、それぞれの要求水準はストレージの使い方によって異なってくる。 例えば、本番環境のプライマリストレージとしてはオールフラッシュが本命といえるが、バッ...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
「その仕様で大丈夫?」 VDI導入で失敗しない事前検証の方法
 セキュリティリスクの軽減、PC運用工数の削減、端末障害への対応など、さまざまな効果を期待できる仮想デスクトップインフラ(VDI)。しかし、十分な調査や検証を行わずにVDIを導入してしまうと、かえってコストや運用負担が増大するという事態を引き起こしかねない。 ...(2017/3/21 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

レポート
仮想化環境を変革する2つの重要事項――将来のITニーズを満たす条件とは?
 モバイルやクラウド技術の進化とともに、ビジネス部門がITに抱く期待は拡大し、IT部門が持つ能力とのギャップが広がり続けている。そのギャップを埋めるため、多くの企業がデータセンターの仮想化などによる、効率性の向上やコスト削減を目指している。 しかし、IT部門...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
東急建設のインフラ刷新、SDDC移行で変わったセキュリティとインフラ運用の負荷
 建設需要が一段落するポストオリンピックを見据えて、東急建設はICTの積極活用による新たな価値創造と業務プロセスの革新を目指している。その土台となるITインフラには早期からサーバ仮想化・統合ストレージ環境を利用してきたが、想定以上にシステム数が増え、負荷が...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「vSphere」環境で34%のリソース最適化を実現――運用管理ツールの5つのメリット
 ITリソースの仮想化は、サーバの統合や物理資産の利用率の向上、設備投資コスト・運用コストの削減など多様なメリットをもたらす。しかし、ITパフォーマンスを最大化するためには、仮想環境における運用管理のさらなる効率化も必要だ。 例えば、定番の仮想化製品「VMwa...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
読込時間を大幅短縮、HTTP/2活用の基礎知識――ECC対応版サーバ証明書はこう使う
 Webブラウジングを高速化するプロトコルとして、HTTP/2が脚光を浴びている。Webサイトの運営者は、ユーザーに快適な閲覧環境を提供でき、特にECサイトなどでは訪問者の離脱防止効果が期待できる他、リピーターの獲得にも期待が高まる。 Webブラウザとサーバの両方で対...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
知らないと大きな差が出る、 SSLとドメイン名の密接な関係
 アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。 しかし、ネットショッピ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
「Surface Pro 4」が教育現場で選ばれる3つの理由
 タブレットとしてもキーボード付きノートPCとしても活用できる2 in 1デバイス「Surface Pro 4」。タッチ&ペンでの優れた操作性、デジタルノートの搭載など、1つ上の使いやすさが特徴だ。そのSurface Pro 4はビジネスの現場だけでなく、教育現場でも導入が進んでいると...(2017/3/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
人事労務のプロが教える、5つのタイプ別「過重労働」解消法
 近年、過重労働への社会的な関心が高まっており、今では国をあげて対策が推進されている。しかし、過重労働は業務の特性や職場風土が原因であることが多く、一朝一夕に解消できるものではない。効果的な解消法を実施するためには、まず自社の傾向を把握することが重要だ...(2017/3/15 提供:株式会社オービックビジネスコンサルタント)

製品資料
IoTからクラウドまで広範囲に守る――「多層防御」構築の5つのポイント
 クラウド、仮想化、IoT、BYODなど、新たな技術や概念の登場とともに、企業のネットワーク環境は多様化・複雑化している。それに応じてセキュリティまで複雑化させては管理部門の負担が増すばかりだ。いま必要なのは、複雑さに付き合うのでなく、「シンプルさ」を実現す...(2017/3/13 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

製品資料
未知のマルウェアや脆弱性を使った攻撃を未然に防ぐ「3つの防御アプローチ」
 エンドポイントセキュリティの定番といえるアンチウイルス製品だが、既知のマルウェア対策に特化しており、新種のマルウェアや新たな脆弱性を利用した未知の攻撃には不安がある。企業を狙う標的型攻撃は日々進化しており、未知の攻撃を防ぐセキュリティ対策が求められて...(2017/3/10 提供:株式会社日立ソリューションズ)

レポート
デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素
 消費者が自ら情報を発信し、膨大なコンテンツが氾濫するデジタルチャネル時代。口コミ情報の影響力は大きく、既存チャネルを通じて企業が主導するマーケティングだけでは、効果的にアプローチすることが難しくなっている。これは、マーケターが意識すべきカスタマージャ...(2017/3/10 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
VDI導入コストを削減する、「Linux VDI」のメリットと制約
 「Linux」の仮想デスクトップを導入する最大のメリットはライセンスにある。オープンソースのVDI(仮想デスクトップインフラ)は、「Microsoft VDI」ライセンスに掛かるコストを削減または一掃する。WindowsやMicrosoft Officeが必要ないユーザーをLinux VDIにすること...(2017/3/9 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
クラウド環境でもSAP HANAやOracle Databaseの性能を引き出す方法
 ICTの予算を戦略的な投資に集中するため、「基幹業務システムの運用や定期的なリプレースに費やすコストを効率化したい」という思いはどの企業にも共通するものだろう。そのため利用が拡大してきたクラウドだが、「SAP HANA」や「Oracle Database」のようにクラウドでは...(2017/3/9 提供:富士通株式会社)

製品資料
製造業が直面する生産管理システムの限界、中堅・中小企業はどう対応すべきか?
 中堅・中小規模の製造業における生産管理のシステム化は、1980年代のオフコン登場以来、現場の細かい要望に応える形で進められてきた。そこには、さまざまな工夫や苦労があり、多額の費用も投じられてきたことから、現在も自社のニーズに特化されたオフコンを使い続けて...(2017/3/8 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
中小企業ほど陥るコミュニケーションの課題――解決の鍵は“おなじみ”のツール
 大企業と比べて従業員数の少ない中堅・中小企業では、社内外のコミュニケーションが対面で行われることが多い。そのため、社内での情報の伝達や共有が円滑に行われ、取引先や顧客との関係も密接なものであるように感じられる。 しかし、何かを伝えたいときに「相手を直...(2017/3/8 提供:KDDI株式会社)

製品資料
オンプレサーバのクラウド移行が3ステップで完了――移行支援ツール選びの勘所
 保守期限やコストの課題を解決するため、レガシーシステムから、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなどクラウド環境への移行を検討する企業は少なくない。しかし、悩ましいのが大規模システムやクリティカルシステムだ。見込まれる移行作業時間は長いが、シ...(2017/3/8 提供:三井情報株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月8日号:PC&Windows時代の終わり(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 3月8日号は、以下の記事で構成されています。■導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実■DNSの守り方──DNSプロキシサービスのススメ■NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由■IT部門...(2017/3/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月8日号:PC&Windows時代の終わり(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 3月8日号は、以下の記事で構成されています。■導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実■DNSの守り方──DNSプロキシサービスのススメ■NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由■IT部門...(2017/3/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月8日号:PC&Windows時代の終わり
  Computer Weekly日本語版 3月8日号は、以下の記事で構成されています。■導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実■DNSの守り方──DNSプロキシサービスのススメ■NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由■IT部...(2017/3/8 提供:アイティメディア株式会社)

事例
「VDI導入でサービス残業が増加……」、労働環境の悪化を防ぐ管理・運用術
 ワークスタイル変革を目指して、仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入が進んでいる。しかし、いつでもどこでも働ける環境になると、退社後のサービス残業や休日の無断業務が増え、かえって労働環境が悪化することがある。 また、社外での勤務を管理する仕組みがなく...(2017/3/6 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
ARMマイコン採用で開発現場が変わる!素早く環境を移行するポイント解説
スマートフォンやタブレット等モバイル機器用のプロセッサだと思っていたのに、超低価格コントローラや小さなセンサーからサーバーにまで採用され、私たちはいつの間にかARMに囲まれた生活をしています。今後予想されるIoT(モノのインターネット)の時代に、ネットワーク...(2017/3/6 提供:横河ディジタルコンピュータ株式会社)

事例
CRM/DMPとポイント管理を統合、「顧客囲い込み」を実現するマーケティング基盤
 激しい競争が行われている現在のオンラインビジネスでは、獲得した顧客を囲い込むための「リテンションマーケティング」が勝敗を左右する。そのため、Webサイト運営では、一人一人の顧客に最適化したサービスを提供し、顧客満足度を高めることが重要となっている。 従...(2017/3/6 提供:エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社)

Loading