2015年10月13日 12時00分 公開
特集/連載

サーバの水冷却方式に“不都合な真実”、水不足で批判相次ぐ年間4900万リットルを浪費するという報道も(1/2 ページ)

人口増加と気候変動によって、世界では水の需要がさらに増している。この水不足問題には解決の兆しが見えない。そんな中、データセンターの水冷処理を見直す動きがある。

[Keith Klesner, Ryan Orr and Matt Stansberry, Uptime Institute,TechTarget]
photo ドイツ証券が構築した外気冷房システム(TechTargetジャパン「環境配慮型のデータセンター冷却システムを導入したドイツ証券」より)《クリックで拡大》

 干ばつによってデジタル経済は干上がるのだろうか。水不足の問題が切迫している中、大規模なデータセンターは冷却に使用する水について見直しを進めている。

 現在、米カリフォルニア州の深刻な干ばつにメディアの関心が集まっているが、その注目の多くは住居や農業での用途に寄せられている。今のところ、データセンターのように工業で水を使用している事例には、ほとんど目が向けられていない。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...