2011年09月05日 09時00分 公開
特集/連載

環境配慮型のデータセンター冷却システムを導入したドイツ証券「データセンター省エネ特別セミナー」リポート(後)

ドイツ証券は2011年3月から自社のニューヨーク都市部にあるデータセンターに外気冷房システムを採用し、環境配慮型データセンターへの移行を進めている。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 前回の「グリーン・グリッドが認めたデータセンター省エネ化策」に続き、データセンター/IT機器のエネルギー効率改善を推進する団体「グリーン・グリッド日本支部」が2011年8月25日に開催した「データセンター省エネ特別セミナー」の講演内容を紹介する。今回は、グリーン・グリッドのアドバイザーを務めているドイツ証券が米国ニューヨーク都市部に建設したフリークーリング(外気冷房)方式を採用したデータセンターを紹介する。

年率20%のCO2削減を目指すドイツ証券

 世界70カ国以上で金融ソリューションを提供しているドイツ証券。同社では、2013年までに温暖化ガスニュートラル化を目指し、2007年比で年率20%のCO2削減を達成することを目標に掲げている。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...