2023年06月30日 05時15分 公開
特集/連載

築20年以上のデータセンターを“省エネ施設”に 通信会社Threeが実践する対策データセンターの消費電力削減【後編】

英国の移動通信事業者が、AI(人工知能)技術と仮想現実(VR)技術を使ってデータセンターの消費電力削減に取り組むベンダーと、データセンターの改善を実施。その効果とは。

[Caroline DonnellyTechTarget]

 世界的な課題として浮上する、データセンターにおける消費電力量の問題。英国の移動通信事業者Hutchison 3G UK(Threeの名称で事業展開)は、築20年を超える自社のデータセンターの省エネルギー(省エネ)化を目的に、あるベンダーと取り組んでいる。その成果とは。

築20年を超えるデータセンターを省エネ化 その成果は?

 Threeの取り組みを支援するのが、英国でデータセンターのエネルギー管理サービスを提供するEkkoSenseだ。同社はAI(人工知能)技術と仮想現実(VR)技術を使い、データセンターの消費電力量を削減するためのサービスを提供している。

 事業用不動産サービス会社CBREが、Threeのデータセンター刷新に関わっている。Threeでデータセンターの運用とサービスの準備担当のマネジャーを務めるシャミム・モハメド氏は、CBREとの協議についてこう語る。「CBREとの話し合いの中で、冷却システムの改善が、データセンターのエネルギー効率を最適化するのに最も効果的な方法の一つだという結論に至った」

 冷却システムの改善についてThreeは、二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目指すとともに、より大きな目標として持続可能なITシステムの構築を推進する一環だと説明する。

 モハメド氏によると、EkkoSenseが実施した最初の調査で、冷却システムの最適化が合計196キロワットの消費電力削減につながる見込みであることが分かったという。これを年単位で考えると、171万6960キロワット時の消費電力量を削減できることになる。

 EkkoSenseのSaaS(Software as a Service)「EkkoSoft Critical」を導入したことによる省エネプロジェクトの結果は、「当社の想定を上回った」とモハメド氏は語る。データセンターの冷却システムの改善だけで、データセンター全体で掲げていた消費電力の削減目標を実現できたためだ。この結果としてThreeは、消費電力量に関する年間23万3000ポンドの削減を目標に掲げることが可能となった。

 EkkoSenseのCEOデイーン・ボイル氏によると、EkkoSoft Criticalは、データセンターの発熱量や冷却能力について詳細な洞察を提供する。「同サービスを使うことで、Threeは4カ所のデータセンターをきめ細かく管理できるようになる」とボイル氏は説明する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...