TechTargetジャパン

技術文書
スマートウォッチはスマホを超える!? ウェアラブルデバイス市場“未来予測”
 アップルの「Apple Watch」やAndroid搭載スマートフォンと連携可能な「Android Wear」に代表されるスマートウォッチが、身体に装着するデバイス=ウェアラブルデバイスという存在を身近なものにした。 スマートウォッチを筆頭に、近年、ウェアラブルデバイスはコンシュ...(2016/7/6 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月16日号:フラッシュストレージ セカンドシーズン
 Computer Weekly日本語版 9月16日号は、以下の記事で構成されています。■コード分析で分かった「商用ソフトはOSSよりセキュリティが強固」な理由とは? 5400件以上のOSSプロジェクトを解析してきたCoverityが、オープンソースコードと商用プロジェクトのコードを比較...(2015/9/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月15日:スマートウオッチの業務利用
 Computer Weekly日本語版 4月15日号は、以下の記事で構成されています。■注目の“Apple Watchの業務利用”、スマートウオッチが必要な場面とは? Apple Watchによってスマートウオッチ市場が本格的に始動した。コンシューマライゼーションはこのデバイスでも発生する...(2015/4/15 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月4日号:Windows 10で試されるIT部門
 Computer Weekly日本語版 3月4日号は、以下の記事で構成されています。■脆弱性を17カ月放置した企業を正すには“晒しあげ”しかないのか? GoogleによるWindows 8.1の脆弱性情報公開で注目される、情報公開の是非。だが、脆弱性を17カ月も放置した企業を動かすには...(2015/3/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月15日:スマートウオッチの業務利用(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 4月15日号は、以下の記事で構成されています。■注目の“Apple Watchの業務利用”、スマートウオッチが必要な場面とは?■2014年、攻撃者に最も利用されたセキュリティの脆弱性とは?■今、銀行業界が最も恐れているのはGoogle、Amazon、Apple...(2015/4/15 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月15日:スマートウオッチの業務利用(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 4月15日号は、以下の記事で構成されています。■注目の“Apple Watchの業務利用”、スマートウオッチが必要な場面とは?■2014年、攻撃者に最も利用されたセキュリティの脆弱性とは?■今、銀行業界が最も恐れているのはGoogle、Amazon、Apple...(2015/4/15 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
【製品開発インタビュー】カシオが考えるスマートウオッチ「STB-1000」
 「G-SHOCK(ジーショック)」「PROTREK(プロトレック)」「OCEANUS(オシアナス)」などの腕時計ブランドを有するカシオは、Bluetooth 4.0 で追加された低消費電力通信規格「Bluetooth Low Energy(Bluetooth LE)」に対応する“世界初”の腕時計として、G-SHOCK「GB-6...(2015/7/30 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月16日号:フラッシュストレージ セカンドシーズン(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 9月16日号は、以下の記事で構成されています。■コード分析で分かった「商用ソフトはOSSよりセキュリティが強固」な理由とは?■HDD並の低価格を実現したTLCフラッシュでフラッシュストレージ移行が加速■10機種のスマートウォッチ全てに脆弱...(2015/9/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月16日号:フラッシュストレージ セカンドシーズン(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 9月16日号は、以下の記事で構成されています。■コード分析で分かった「商用ソフトはOSSよりセキュリティが強固」な理由とは?■HDD並の低価格を実現したTLCフラッシュでフラッシュストレージ移行が加速■10機種のスマートウォッチ全てに脆弱...(2015/9/16 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
87%が「普及する」と回答、新たな給電方式として大注目の「USB PD」
 「TechFactory」が実施した「USB PD(USB Power Delivery)に関する調査」(調査期間:2016年6月13〜28日)では、製造業に従事する会員/読者を対象に、最大100Wまでの給電を全てUSBケーブルで行えるUSB PD規格の認知度や想定される利用シーン、メリット/デメリットな...(2016/7/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
2017年に実現!? iPhone/iPadのワイヤレス給電機能
 米Bloombergは、「Appleの『iPhone』と『iPad』は売り上げが低迷している。同社は、モバイル市場でのリードを維持するために、2017年中にこれら2つにワイヤレス給電機能を搭載する計画だ」と報じました。 さらにこの計画に詳しい情報筋の話として、Bloombergは「Apple...(2016/7/12 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年7月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年7月号をご紹介。 特集記事では、「太...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
巧妙化するソーシャルメディア詐欺から身を守る方法
 不特定多数にメッセージを送信し、個人情報や重要情報を盗み出して悪用するオンライン詐欺の報告が増えている。その手口としても、従来のメールを用いたフィッシングに加え、ソーシャルメディアを悪用するものが増えてきた。 特に目立つのはFacebookやTwitterの投稿か...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
いまさら聞けない「サービスロボット」基礎
 これまで、ロボット市場の中心的存在といえば「産業用ロボット」であった。しかし、ソフトバンクロボティクスが手掛ける人型ロボット「Pepper」に代表される「サービスロボット」の登場により、“人間のパートナー”としてのロボットの新たな可能性が示されようとしてい...(2016/6/17 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始 Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

技術文書
カーテレマティクスの先進事例から学ぶ、製造業IoTのヒント
 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の流れは、製造業にも大きな変革をもたらすといわれています。 しかし、その一方で具体的な活用の道筋や効果が見えづらい状態にあり、導入に躊躇(ちゅうちょ)する企業も少なくありません。 本稿では、代表的なIoTの...(2016/5/23 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
注目のOpenStack導入、「間違ったアプローチ」はなぜ危険か
 eBayは、「OpenStack」を利用してプライベートクラウドを自社開発し、コスト削減やセルフサービスの柔軟性など多くのメリットを享受した。ただし、メリットを得るには条件があった――。 本コンテンツでは、注目を集めるOpenStackにフォーカス。eBayをはじめ、6万5000...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
スマートグラスと相性がよいAR技術、産業用途へシフトか?
 AR(Augmented Reality:拡張現実)・VR(Virtual Reality:仮想現実)は、決して目新しい技術ではない。だが、ここ数年でAR・VRへの関心が高まっている。背景にあるのは、スマートグラスの台頭だ。 クアルコムジャパン ビジネスデベロップメント マネジャーのシェン・...(2016/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
限界が見えてきたRAIDによるデータ保護、これに替わる「イレージャーコーディング」のメリットとは?
 企業の保有するデータ量が爆発的に増加していることは、多くのユーザーが承知している事実だろう。データのビジネス活用は、IoT活用の進展をはじめ急速に進んでいる。こうした状況で問題となるのは、大規模に蓄積されたシステム内のデータをいかに保護するかということ...(2015/9/14 提供:スキャリティ・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月4日号:新DDoS攻撃「ローアンドスロー」の脅威
 Computer Weekly日本語版 11月4日号は、以下の記事で構成されています。■iPad Proの真のライバルはSurface Pro 3にあらず 以前からその存在がうわさされ、ようやく発表されたiPad Pro。Surface Pro 3と競合すると目されているが、本当に競合する製品はSurface Pro 3...(2015/11/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
DevOpsのための製品導入戦略ガイド
 アプリケーション開発チームとシステム運用チームを融合させる「DevOps」は、アプリケーション開発と導入に対するニッチなアプローチから、本流へとシフトしつつある。 本PDFは、以下の3つの記事で構成されている。これらの記事を通して、連続的なリリースを必要とする...(2015/10/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月21日号:今、リプレースが必要な理由
 Computer Weekly日本語版 10月21日号は、以下の記事で構成されています。■Internet Explorerのサポート終了でレガシーの呪縛を断ち切れるか? Microsoftは、IE8、IE9、IE10のサポートを終了する。ブラウザベースのアプリケーションを多く抱える企業は、社内アプリケ...(2015/10/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly OpenStack活用事例集
 大規模、ミッションクリティカルな用途への導入が進むOpenStack。具体的にどのような分野で活用されているのか? 何を検討するべきなのか? 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。・「OpenStackはクラウドではない」――OpenStackプライベートクラウドを構築したe...(2015/10/14 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
デジタル時代のプロジェクト管理製品導入戦略ガイド
 プロジェクト管理は常に頭痛の種であり、プロジェクトポートフォリオの可視性を保つことは優秀なCIOにとってもストレスが多い。 かつてほとんどの長期プロジェクトは、プロジェクト管理ソフトウェアがあればそれで十分だった。クリティカルパスの維持、計画の変更の位...(2015/9/30 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月5日号:BoxとDropboxどっちの箱を選ぶ?
 Computer Weekly日本語版 8月5日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 7のサポート終了後に市場を制する「ハイブリッドデバイス」 企業は2020年のWindows 7延長サポート終了の準備を始めなければならない。そのとき、市場ではイブリッドデバイスの重要性が...(2015/8/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月17日号:もうRAIDでは守れない
 Computer Weekly日本語版 6月17日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10導入を阻害するドル高を華麗に回避する方法 米ドルの高騰でPCの価格が上昇し、ハードウェアの更新が停滞している。この状況を解決する方法とは?■競合4社の合計をも上回るAWSの優位...(2015/6/17 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly ウェアラブル端末が開く未来
 2014年に一気に開花したウェアラブル技術。次々に新製品が登場し、われわれの生活を大きく変える可能性が出てきた。ウェアラブル技術はどのような未来をもたらすのだろうか? 一方で、企業はその用途やリスクについて、十分理解しているとは言い難い。そこで、業務への...(2015/1/14 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「状況は100倍悪い」って本当? IoT時代の本当は怖いセキュリティ
 「IoT(モノのインターネット)」はバズワードの域を超え、これからあらゆる産業に影響を与えそうだ。そんな中、インターネットに接続された膨大な数のデバイスが、企業に押し寄せようとしている。ビジネスの拡大など、決して良い面ばかりではない。企業のIT部門は、そ...(2015/7/21 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
Heartbleed脆弱性は発覚から4時間で悪用された?──2015年版最新脅威レポート
 インターネット上の脅威は変化を続けている。2014年は「攻撃が高速化する一方、防御が追い付いていない」傾向が見られた。例えば、Heartbleed脆弱性が明らかになってから、4時間以内に脆弱性を悪用する多数の攻撃が確認されている。また、「攻撃方法が効率化・高度化し...(2015/6/22 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月3日号:Windows XPサポート終了後のPCに市場
 Computer Weekly日本語版 6月3日号は、以下の記事で構成されています。■Windows XPアップグレードブーム収束で始まったPC市場の低迷、いつまで続く? Windows XPのサポート終了に伴い、買い換え特需が発生したPC市場。しかしブームの沈静化で出荷台数にも陰りが見え...(2015/6/3 提供:アイティメディア株式会社)

Loading