2015年04月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

腕にはめたデバイスを使うのが適切な状況?注目の“Apple Watchの業務利用”、スマートウオッチが必要な場面とは?

Apple Watchによってスマートウオッチ市場が本格的に始動した。コンシューマライゼーションはこのデバイスでも発生するのか? 業務利用が必要なシナリオとは?

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 話題のデバイスApple Watchが4月24日に発売されるという発表があった翌日、米Appleのアプリストアには早くもこのデバイス向けのアプリが30以上公開されていた。この新しいウェアラブル端末は、企業でも普及するだろうか。

Computer Weekly日本語版 4月15日号無料ダウンロード

16609.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 4月15日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 今や高級時計の代名詞となったスイスのRolexが設立されてから100年余りで、Appleが時計メーカーの仲間入りをした。また韓国Samsungや米Microsoftなどの他企業も、スマートウオッチやウェアラブル端末の市場への参入を図っている。

 米調査会社Gartnerのアナリストによると、フィットネス用品としてのウェアラブル端末の市場規模は、2014年は7000万ドルだった。この市場は大きく伸びて、2017年には1億7000万ドル規模になると予測されている。しかもコンシューマー向けのフィットネスアプリばかりがビジネスチャンスではなく、ソフトウェア開発者にとっても好機が訪れている。

 「Five urgent truths about the future of wearables」(ウェアラブル端末の将来について差し迫った5つの真実)と題したリポートで、米調査会社Forrester Researchのアナリスト、JP・ガウンダー氏は次のように分析している。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結...

news082.jpg

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に
SATORIはWebプッシュ通知ツール「pushcrew」の国内展開を行うアッションはSATORIとpushcr...

news071.png

「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン...