IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

TechTargetジャパンの歩き方

TechTargetジャパンとは

「TechTargetジャパン」は、企業内の情報システムに関与するキーパーソンを対象に、IT製品/サービスの導入・購買を支援する情報を提供する会員制Webメディアです。現在16のテーマごとに専門メディアを設け、最新のソリューションや導入事例を紹介しています。会員登録することで、IT導入や運用管理に関する技術資料(ホワイトペーパー)やレポートが閲覧でき、自分の興味や必要性に合致した情報を、的確かつ迅速に入手できます。

16テーマのIT製品動向が分かる

TechTargetジャパンは、IT製品を掘り下げた解説や米TechTargetの翻訳など毎月100本(2017年3月)以上の記事を6カテゴリー、16テーマの専門メディアで掲載しています。また会員登録により、会員限定のコンテンツを読むことができます。

総合トップページ

総合トップページ

総合トップページでは、全専門メディアの記事に一元的にアクセスできます。また、各専門メディアへのリンクも提供しています。

専門メディアトップページ

専門メディアトップページ

各専門メディアのトップページは、その専門メディアのテーマに合致した記事だけがリストアップされます。共通化された構造になっており、総合トップページと同じように利用することができます。

IT導入や運用管理に関する技術資料をダウンロード

国内IT企業1000社7000コンテンツ(2017年3月現在)の製品情報をカテゴリー別、対象業種別、対象企業規模別に分類して掲載しています。会員登録によりこれらのコンテンツを無償で入手し、現在抱えている業務課題を解決するためのヒントを得ることができます。

ホワイトペーパー ダウンロードページ

ホワイトペーパー ダウンロードページ

サンプルをダウンロード

Webキャストページ

Webキャストページ

サンプルのWebキャストを見る

検索ページ

検索ページ

TechTargetジャパン掲載の最新情報を入手

新着情報メール

新着情報メール

会員登録すると、TechTargetジャパンに掲載された最新の記事やホワイトペーパーを毎日お知らせします。毎朝、IT製品の最新情報をキャッチアップできます。

専門メディアメール

専門メディアメール

TechTargetジャパンの各専門メディアが発行する、テーマ別の情報をお届けします。専門メディア別メールの受信は、Myページで設定することが可能です。

RSS

新着記事や新着ホワイトペーパーの情報をRSSで提供しています。TechTargetジャパン全体および専門メディアごとにRSSを用意しているので、知りたい情報だけを入手することが可能です。

twitter

Twitterで最新の情報をお届けします。

TechTargetジャパンの上手な利用方法

Myページの使い方

Myページの使い方

ホワイトペーパーのクラウド転送サービスについて

ホワイトペーパーダウンロードセンターからダウンロードしたホワイトペーパーなどのコンテンツを3種類のクラウドストレージサービスに転送できます。各サービスはスマートフォンやタブレット端末でも利用できるため、オフィスのPCからダウンロードしたホワイトペーパーをどこでも簡単に閲覧することができます。

対応しているクラウドストレージは、Evernote、Dropbox、OneDriveの3種類になります。

Myページの使い方

使い方

  • ホワイトペーパーのダウンロードが完了すると、「あなたにお薦めのホワイトペーパー 」画面が表示されます。
  • 「ダウンロード」ボタンの下にある「次のサービスへ転送」から、転送したいクラウドストレージのアイコンをクリックします。
  • 転送が完了すると、「コンテンツを転送しました。」画面が表示されます。

転送されたホワイトペーパーには、コンテンツのタイトルがファイル名として付与され、それぞれのクラウドストレージ内で保存、閲覧することができます。

利用可能なクラウドストレージ

  • Evernote
    転送したコンテンツは「ノート」内に添付されます。ダウンロードしたコンテンツの「製品ジャンル」や「対象ジャンル」などのコンテンツ情報は、タグ情報として付与されます。これらのタグを利用して、保存したホワイトペーパーを簡単に検索することができます。
    [Evernoteの使い方] [Evernoteへのログイン]
  • Dropbox
    転送したコンテンツは「Dropbox」-「アプリ」-「TechTargetジャパン」フォルダ内に保存されます。
    [Dropboxの使い方] [Dropboxへのログイン]
  • OneDrive
    転送したコンテンツは「OneDrive」のフォルダ内に保存されます。
    [OneDriveの使い方] [OneDriveへのログイン]

ご注意

  • 転送が利用できるのは、ホワイトペーパーのダウンロード完了後の15分以内になります。
  • 各クラウドストレージサービスをご利用いただくには、各サービスへの会員登録が必要です。
  • 各サービスから提供されるストレージ容量やアップロード可能な容量は、それぞれのサービスによって異なります。
  • Evernoteは、同一コンテンツを何度でも転送できるため、転送の重複による容量の圧迫にご注意ください。
  • OneDriveに転送した場合、Windowsのフォルダ表示では同期に時間がかかり、コンテンツが即座に表示されない場合があります。その場合は、ブラウザ表示で確認すると、転送したコンテンツが確認できます。

アイティメディアID メンバーシップについて