2006年05月23日 10時32分 UPDATE
特集/連載

Interview「ワイヤレスセキュリティは悲惨な状態」――ファイアウォールの第一人者に聞く(前編)

「今日のファイアウォールは、文書化されていないうえに日々更新されるプロトコルを相手にしなければならない」――マーカス・J・レイナム氏インタビュー

[TechTarget]
yu_ranum.jpg プロキシファイアウォールの発明者、マーカス・J・レイナム氏

 ファイアウォールや侵入防御システムなどのセキュリティソリューションを利用すれば、危険な行為をしても大丈夫だと考えているユーザーは多いようだ。米テナブルセキュリティのセキュリティ責任者、マーカス・J・レイナム氏は、プロキシファイアウォールの発明者である。同氏によると、危険な行為を慎み、ネットワークを通過することが許されるアプリケーションのデザインを改善することが、基本的なソリューションだという。同氏へのインタビューを2回に分けてお届けする。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...

news047.jpg

Twitter広告におけるオーディエンスプランニングツール、アイレップが提供
アイレップは、Twitter広告のハンドルターゲティングにおける独自のオーディエンスプラン...