Loading
2008年05月13日 00時00分 UPDATE
PR

エンドポイントからNACを拡張した「Sophos Endpoint Security and Control 8.0」アクセス制御だけではセキュリティリスクは減らせない

企業ネットワークにセキュリティ脅威を「入らせない」方法としてアクセス制御があるが、それだけでは不十分だ。エンドポイントの状態を把握していないと脆弱性を突かれる恐れがある。

[提供:ソフォス株式会社]

 企業のセキュリティ意識が年々高まる中、ベンダーが提供するセキュリティソリューションの課題が浮上してきている。いまだに防げないウイルス侵入のリスク、最新セキュリティ導入の煩雑さ、不十分なサポート、セキュリティポリシー徹底の困難さ……こうした課題を解決するとともに、セキュリティ脅威を“入らせない”強固なセキュリティソリューションが登場した。それがソフォスの提供する「Sophos Endpoint Security and Control 8.0」だ。

 現状、企業が抱えるセキュリティ問題とは何か。また、同製品はその問題をどのようにして解決するのか。同製品の機能や特徴とともに、以下で詳しく見ていこう。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「ソフォス株式会社」に収集される
  • 「ソフォス株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「ソフォス株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:ソフォス株式会社

提供:ソフォス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部