Loading
2008年10月08日 00時00分 UPDATE
PR

アクセス管理ソリューション「CA Access Control」導入事例「業務を止めずに特権アクセス制御を」ニチレイ内部統制プロジェクトの挑戦

厳格なIT全般統制の履行を検討していくと必ず問題になる、システムへの特権ユーザーアクセス。ニチレイグループはこれに対し、アクセス管理ソリューション「CA Access Control」を導入して問題解決を図った。

[ITmedia]

 1945年12月の創業以来、食品をできるだけ「とれたて」「作りたて」のおいしさで消費者に届けようと、良質の水産品や畜産品の調達、栄養価や味に優れた加工食品の製造、産地と食卓を結ぶ低温物流ネットワークの構築にまい進してきたニチレイグループ。

 ビジネスへの厳格な姿勢でも知られる同グループでは、さらなるコンプライアンス徹底とコーポレートガバナンス確立を目指して、2007年4月に内部統制強化プロジェクトを発足。その一環として浮上してきた情報システムへのアクセス制御の課題を解決するため、OSレベルで高いセキュリティ水準のアクセス管理が可能な「CA Access Control」を導入した。

 その結果、同グループでは透明性の高いシステム運用プロセスの標準化体制が整いつつある。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「日本CA株式会社」に収集される
  • 「日本CA株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「日本CA株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:日本CA株式会社

提供:日本CA株式会社
企画:アイティメディア営業本部/制作:TechTarget編集部