Loading
2009年02月24日 00時00分 UPDATE
PR

タンバーグビデオ会議システム導入しても使われないビデオ会議システム──その意外な理由とは?

国内・海外拠点間の行き来には、年間で多大なコストが掛かる。それを削減するソリューションが「ビデオ会議システム」だが、実は十分に活用されていないという。そこには、意外な理由が潜んでいた。

[ITmedia]

 ビデオ会議システムは、遠隔拠点間でのコミュニケーション・ツールとしてそれなりに認知された存在だが、実際には活用されていないという。ビデオ会議システムを導入した企業の多くで、導入後あまり利用されず、今ではホコリをかぶっている例も少なからずあるようだ。

 出張に掛かる交通費や移動時間の削減という明確なメリットがありながら、せっかくのシステムが活用されない理由は何なのか。パナソニック電工インフォメーションシステムズはその理由として、これまであまり重要視されていなかった“画質”の問題を指摘する。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社 」に収集される
  • 「パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社 」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社 」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社

提供:パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社
企画:アイティメディア営業本部/制作:TechTarget編集部