Loading
2009年07月31日 00時00分 UPDATE
PR

タイムリーかつきめ細かな対応のために競争に打ち勝つ販促活動を実現するスマートフォン活用法

消費者に自社商品を選んでもらうためには、店舗での適切な販促活動が重要だ。店舗を巡る販売促進営業部隊の業務を助けたのは、スマートフォンだった。

[ITmedia]

 化粧品などの販売市場は、特に競争が激しい市場の1つだ。一般に、ドラッグストアなどで取り扱う商品の数は、1店舗当たり5000〜8000点といわれている。商品数は年々増加しており、商品の入れ替わりも激しい。「数多くの商品の中から自社商品を選んでもらうには、一体どうすればいいのか……」。ある中堅化粧品メーカーで店舗における販売促進部隊を指揮する谷崎氏は悩んでいた。

 そのためには、消費者の嗜好の変化や市場動向を見極め、適切な販促活動を行わなければならない。それができなければ、どれだけ質の高い商品を提供できたとしても、ビジネスチャンスを逃しかねない。この課題を解決するためには、現場となる店舗で活躍できる新たな販促活動のツールが必要だった。

(※)本記事はKDDIのモバイルソリューションの活用例などを参考に作成しました。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「KDDI株式会社」に収集される
  • 「KDDI株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「KDDI株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:KDDI株式会社

提供:KDDI株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部