Loading
2009年08月05日 00時00分 UPDATE
PR

ネットワーク性能監視アプライアンス「System Answer」導入したその日から使える“ITインフラ可視化”

仮想化技術やクラウドコンピューティングの導入によりシステムの集約化が進み、サービスレベルの維持までを含めた運用管理が求められる今、低価格で短期間に運用管理体制を変革できる方法を紹介しよう。

[ITmedia]

 現在のITシステムの主流は、サーバやストレージ、ネットワーク機器や各種アプライアンスの組み合わせで構成されるネットワークシステムだ。構成要素が多く、挙動も複雑なので、何か問題が起こった際に正確な状況をすぐに把握することは難しい。いわばシステム全体が「ブラックボックス化」してしまっている。また、仮想化技術やクラウドコンピューティングの導入などによって、その現象はさらに加速する傾向にある。

 その一方で、ユーザー側の要求はより高度になり、「システムが止まっていないこと」をもって正常とは見なされず、「サービスレベルが維持できているか」というレベルに踏み込んだ運用管理体制が必須となりつつある。

 多くの運用管理担当者は「ネットワークシステムのどこで何が起きているのか」を確実に把握する手段を切望している。そうした要望に対し、独自設計のネットワーク性能管理アプライアンス製品「System Answer」と高度なノウハウに裏打ちされたサービスを提供しているのがアイビーシーだ。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「アイビーシー株式会社」に収集される
  • 「アイビーシー株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイビーシー株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:アイビーシー株式会社

提供:アイビーシー株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部