Loading
2010年02月01日 00時00分 UPDATE
PR

「CAサービスアシュアランスソリューション」企業利益に直結する「ユーザー視点」のサービス品質保証

企業活動のあらゆる場面にITを活用している現在、真にユーザー視点に立った運用管理とはどういうことか。アイティメディアが行った意識調査の結果を交え、現状の運用管理における課題とその解決策を探る。

[ITmedia]

 品質保証、品質管理という概念が国内で最も普及しているのは製造業界だろう。自らが理想とする製品を提供するために、経営層から研究、商品開発、資材調達、製造、営業、保守などあらゆる部門を挙げてこれに取り組むとともに、品質保証部、品質管理部といった専門部門を設けてその実現に努力している。

 では、企業情報システムはどうだろうか。今日、企業情報システムはサービス化の機運が高まっているが、一方でその品質を積極的に保証し管理しようという機運は、十分に高まっているだろうか。ITが企業活動に必須となり、それが企業の収益を左右し得る現在、そのすべての運用について品質保証管理を実行する必要がある。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「日本CA株式会社」に収集される
  • 「日本CA株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「日本CA株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:日本CA株式会社

提供:日本CA株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部