Loading
2010年05月31日 00時00分 UPDATE
PR

製品を徹底検証したデルのお墨付き大規模ユーザーでも仮想化が可能なExchange Server 2010

デルは、徹底した製品検証の結果からExchange Server 2010への仮想化適用を強く勧めている。

[ITmedia]

 ハードウェアのデルとソフトウェアのマイクロソフト。両雄の戦略的な協業関係はよく知られるが、最新の統合メッセージング基盤「Exchange Server 2010」の展開でも、その関係は遺憾なく発揮されている。両社で発売前に製品検証を入念に行い、ユーザー環境に合わせて提案可能な導入ソリューションを作り上げている。

 デルは、検証結果およびこれまでのExchange Server導入で培った実績と知識に基づき、「Exchange Server 2010は可能な限り、仮想化環境で運用すべき」と提言する。ハードウェアベンダーであるデルがあえて仮想化環境を勧める。それだけ同製品は仮想化環境でも信頼性が高いのだろう。同時に、デルがいかに顧客に効率的なIT運用を提案しているかがうかがえる。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「デル株式会社」に収集される
  • 「デル株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「デル株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部