2010年10月14日 00時00分 UPDATE
PR

ライブ型ビデオ配信対応で“年頭あいさつ”も安心ビデオ配信の真の最適化はネットワークの「現状分析」から

企業でも活用されるようになったストリーミングビデオの一括配信。ほかの業務アプリも含めてネットワークを快適に利用するのに、やみくもな帯域制御は逆効果。現状を可視化し、最適なWAN環境を作る方法を探る。

[ITmedia]

 最近、動画共有サイトやソーシャルネットワーク系サービスなどが、企業の業務において積極的に活用されるようになってきた。これらのサービスによって、ネットワークアクセスが集中して利用帯域が圧迫されると、知らないうちにほかの重要なアプリケーションやサービスのパフォーマンスに甚大な影響を及ぼすといったことにもなりかねない。

 そこで、まずネットワークを診断してトラフィックの現状を可視化し、その内容を十分に精査することが肝要だ。そして現状の把握ができたら、利用シーンに応じた最適なネットワーク環境を作る手段を探す必要がある。

 ブルーコートシステムズが提供する「ProxySGシリーズ」は、Webセキュリティ機能を提供すると同時に、「帯域管理」「プロトコルの最適化」「キャッシング」「圧縮」といった技術によって必要帯域を劇的に削減し、ネットワークサービスやアプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上させることができる。現状分析から問題解決へ――ここでは、国内シェアNo.1(※)を誇りネットワークの帯域管理で定評のあるProxySGの導入メリットを見ていこう。

※ 出典:富士キメラ総研 2010年8月「2010コミュニケーション関連マーケティング調査総覧(上巻)」。

提供:ブルーコートシステムズ合同会社

提供:ブルーコートシステムズ合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部