Loading
2011年03月01日 00時00分 UPDATE
PR

ミニマムスタートが可能なクラウド時代のDWH構築ソリューションDB負荷を最小化しながらリアルタイムBIを実現! サイベースのオールインワンパッケージ

スピード経営が求められる今日、経営の意思決定にBIを導入する企業が増えている。本稿では、業務システムに負荷を掛けずリアルタイムBIを実現する「Sybase Real-Time DWH Suite」の特長に迫る。

[ITmedia]

 業務システムのデータベースに蓄積されたさまざまな情報を分析・加工し、次の経営戦略や意思決定に役立てるビジネスインテリジェンス(BI)を活用する企業が増えている。しかし、BIを実行するには基幹業務システムからデータを抽出・加工する必要があり、リアルタイム性を優先すると運用中の基幹業務システムに負荷を掛けてしまうという課題があった。それを解決する最適なソリューションとして登場したのが「Sybase Real-Time DWH Suite」である。リアルタイムBIを実現するためのデータローディング機能とデータウェアハウス専用に最適化されたデータベースサーバ、さらに効果的なデータベース設計を実現するデザインツールをオールインワンで提供する新しいスイート製品だ。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「SAPジャパン株式会社」に収集される
  • 「SAPジャパン株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「SAPジャパン株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。