2011年04月21日 00時00分 UPDATE
PR

データウェアハウスのボトルネックをどう解消する?DWH導入1年半でどう? “皮膚感覚”の情報活用を可能にする最新技術とその企業事例

情報活用のために企業が活用するデータウェアハウス。しかし技術的なボトルネックがその情報活用を阻む例が多い。障害を排除し、本当の情報活用を実現する最新技術と、その企業事例を紹介する。

[ITmedia]

 企業における情報活用の重要性が叫ばれて久しいが、多くの企業では十分な情報活用ができていないのが実情だ。その原因には、情報活用ツールとして多くの企業に導入されている既存データウェアハウス(以下、DWH)が、ITボトルネックという重大な課題を抱えていることが挙げられる。このため、全社的な情報活用システムとして利用できず、部門・業務ごとの情報活用にとどまっているケースがほとんどである。

 一方で、リーマンショック以降の景気低迷に伴う国際情勢の変化に対応していくために、企業にとって情報活用の重要性はますます高まりつつある。特にこれからの企業経営は、透明性と持続可能性が重要視され、企業ではあらゆる情報を管理し、適切に開示することが要求される。

 こうしたニーズに応え、“皮膚感覚”での情報活用を行うにはどうすればいいのか。実現に向けた先進テクノロジーと活用事例を紹介する。

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部