Loading
2011年04月21日 00時00分 UPDATE
PR

データウェアハウスのボトルネックをどう解消する?DWH導入1年半でどう? “皮膚感覚”の情報活用を可能にする最新技術とその企業事例

情報活用のために企業が活用するデータウェアハウス。しかし技術的なボトルネックがその情報活用を阻む例が多い。障害を排除し、本当の情報活用を実現する最新技術と、その企業事例を紹介する。

[ITmedia]

 企業における情報活用の重要性が叫ばれて久しいが、多くの企業では十分な情報活用ができていないのが実情だ。その原因には、情報活用ツールとして多くの企業に導入されている既存データウェアハウス(以下、DWH)が、ITボトルネックという重大な課題を抱えていることが挙げられる。このため、全社的な情報活用システムとして利用できず、部門・業務ごとの情報活用にとどまっているケースがほとんどである。

 一方で、リーマンショック以降の景気低迷に伴う国際情勢の変化に対応していくために、企業にとって情報活用の重要性はますます高まりつつある。特にこれからの企業経営は、透明性と持続可能性が重要視され、企業ではあらゆる情報を管理し、適切に開示することが要求される。

 こうしたニーズに応え、“皮膚感覚”での情報活用を行うにはどうすればいいのか。実現に向けた先進テクノロジーと活用事例を紹介する。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

個人情報の利用許諾について

本アンケートは、弊社の新製品/サービス/キャンペーン/イベントの企画・開発の目的に利用させていただきます。また、ご提供いただいた個人情報は、日本オ ラクルならびに米国Oracle Corporation及びその子会社、関連会社がイベント/セミナー・製品/サービスに関するご案内を行うために利用させていただきます。

日本オラクルからの案内を希望される方のみ、アンケート最下部の「同意して閲覧する」ボタンを押して下さい。


日本オラクルから各種のご案内を希望されない方は、当コンテンツを閲覧することができません。

  • 以前より情報をご提供いただいている場合、今回ご提供いただいた情報を最新の情報としてデータを上書きさせていただきます。
  • 「個人情報保護基本方針」及び「『個人情報の保護に関する法律』に関する公表事項」は、下記URLよりご覧いただけます。

日本オラクル株式会社 http://www.oracle.co.jp/privacy.html

Q1. オラクル製品と貴方の関係をお聞かせください。(必須)
Q2. ご担当されている業務に関連して、システム導入/製品選定に対する役割をお聞かせください。(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. 製品選定の決定時期についてお聞かせください。(必須)
Q5. 導入を検討しているシステムの予算についてお聞かせください。(必須)
Q6. 今回ご紹介した弊社製品/ソリューションである「Oracle Exadata」についてご存知でしたか?(必須)
Q7. 閲覧に際し、冒頭の個人情報の利用許諾についてご確認ください。(必須)

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部