Loading
2011年04月18日 00時00分 UPDATE
PR

オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)今こそ考えよう! 企業システムへのオープンソースソフトウェア導入

企業の基幹システムで利用が進むオープンソースソフトウェア。その利用範囲の拡大とともに、自社導入を進める企業が増えている。

[ITmedia]

 企業システムにおけるオープンソースソフトウェア(OSS)の導入は、Webサーバやメールサーバなどのサーバ環境から、Linuxデスクトップやビジネスアプリケーションを含めたデスクトップ環境にまで拡大している。

 調査会社IDC Japanは2010年11月、国内企業4407社を対象にした「国内オープンソフトウェア利用実態調査結果」を発表した。それによると、既にOSSを導入している企業は11.6%、導入検討中の企業は11.4%となり、これらの企業ではOSSの導入メリットとして、導入コストの削減(47.3%)、運用コストの削減(37.8%)などを挙げたという。多くの企業にとって、OSSは導入から運用までのトータルコストを削減できるという認識が広まっている。

 一方、OSSのデメリットとしては、緊急時のサポート対応とOSSの継続性への不安などが挙げられ、その導入促進の懸念材料となっているようだ。OSSに関心はあるが一方で不安もあり、自社導入をためらう企業もいることだろう。そうした不安を解消し、OSS導入を後押しする情報を紹介しよう。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「オープンソースビジネス推進協議会」に収集される
  • 「オープンソースビジネス推進協議会」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「オープンソースビジネス推進協議会」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:オープンソースビジネス推進協議会

提供:オープンソースビジネス推進協議会
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部