Loading
2011年06月28日 00時00分 UPDATE
PR

DWHに最適化されたDB「Sybase IQ」&UNIXサーバ「IBM Power Systems」550万円で構築するデータ爆発時代の分析環境基盤

データ爆発時代の分析環境に求められる高速化。大量データをリアルタイムに引き出して分析するためには、高性能なDBを選ぶのはもちろんのこと、ハードウェアの性能と相性も十分考慮すべきだ。

[ITmedia]

 企業内情報システムに蓄積されるデータ量は、急激な勢いで増加している。日々の取引に関するトランザクションデータはもちろんのこと、近年ではWebのログデータをはじめとする顧客行動履歴に関する「ライフログデータ」も大量かつ効率的に取得できる。

 大量かつ多様なデータが蓄積されるにつれて、これらをいかにうまくビジネスに生かしていくかが、企業戦略の重要な鍵を握るようになってきた。ビジネスインテリジェンス(BI)の導入などはその代表的な解決策の1つだが、これも従来のように時間をかけてデータ分析を行い、経営層にリポートを上げて終わってしまうようでは、もはや実効性を持たなくなってきている。ビジネス変化のスピードが年々速くなる中、経営層にも現場にも、より迅速な意思決定が求められているのだ。

 従って、ビジネスを支援するITにも、より大量のデータをよりリアルタイムに近い形で取得し、分析できる性能が求められている。しかし、企業の情報システムは果たしてこの要求に満足に応えられているだろうか? 拡張につぐ拡張、果てしないパフォーマンスチューニングの繰り返しで、人もシステムも疲弊し切っているのが実情ではないだろうか。

 こうした現状を打破するために、本稿では分析システムの要件をあらためて考えてみたい。参照系データのリアルタイム検索に適したデータベースとはどのようなものか、そのパフォーマンスを支えるハードウェアには何が求められるのか。そして、それらをできるだけ低コストで導入するにはどうすればいいか。企業内の分析環境を俯瞰することで、解決策が見えてくる。

提供:サイベース株式会社

提供:サイベース株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部